string(12) "スカート" スカートのページ






クリーニング、修理解説

スカート丈が長くウエストをサイズアップをご希望でした。 こちらのスカートの上部を6cmカットする事によって ウエストを7cmアップする事ができました。 そしてスカート丈は6cm短くなりました。 ファスナーを移動してつけ直し拡げた分のベルトの足りない布はカットした部分からとってはいでつけ直しました。 ウエストサイズアップと丈上げが同時に出来た事例になります。






クリーニング、修理解説

プリーツスカート丈上げです。 こちらは裾で丈上げしました。 裾が切れないデサインの場合はウエストで丈上げする場合もあります。






クリーニング、修理解説

プリーツスカートを5cm短くしたいとのご依頼でした。 通常のスカートの様に裾では丈上げ出来ませんのでウエストの下で5cmカットしてウエスト調整してからベルトを付けて仕上げました。 裾にデザインがあるスカートや、ウエスト周りを大きくしたい時等にはお勧めの直し方になります。






クリーニング、修理解説

お母様の着物を以前リメイクしたそうです。デザインが肩パットが入っていたので今風にパットを外し肩を片側2cm詰めました。胴回りは少しきついそうなので脇の縫い代を少し出しました。 肩幅でかなり印象が変わるので捨てるには忍びないお洋服は甦らせてみては如何でしょうか?(*^^*)






クリーニング、修理解説

頂き物のワンピースを普段気軽にはけるようにと言う事でスカートにしたいとのご依頼でした。 ウエストは太めのゴムベルトにして仕上げました。 かなり昔のワンピースがスカートとして甦りとても喜んで頂きました。(#^.^#)






クリーニング、修理解説

いつの間にか、糸がピコッと飛び出てしまっている時があります、気になるからハサミでチョキっと切るのは× 切ってしまうと生地に穴が開いてしまいます。当店でお直しいたします。
















クリーニング、修理解説

パーカーのファスナーが、閉まらなくなっていましたが、部分的に交換する事で、また閉まるようになり、気持ちよく着ることができるようになりました。 ファスナー部分交換






クリーニング、修理解説

フレアスカートの裾のまつり縫いです。今回のケースでは全体的にほどけていたので、ぐるりと一周縫い直しました。着用や洗濯を繰り返すと元々のまつり縫いが段々とほどけてくるので、ご注意ください。






クリーニング、修理解説

アセテート生地スカートに焼き鳥のシミです。アセテート素材は染み抜剤の種類によっては溶けてしまう性質があり作業には注意が必要です。スッキリ綺麗に落ちました。シミが付いたら慌てずにご相談ください。スッキリ解決します (^_^)






クリーニング、修理解説

ウール 学生スカート前面に大きなシミです。スッキリ綺麗に落ちました。学生服は替えが無いのでお急ぎでもお受けしております。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します (^-^)






クリーニング、修理解説

腰周りを鍵ホックで止めるタイプでしたが、 ボタンホールを作成し、ボタンでとめるタイプに変更しました。 アイデアで、色んな場所にボタンをとめることができますね! ご相談お待ちします。お任せください (^_^)






クリーニング、修理解説

スカート 後ろ裾に付いた染みです。 正面についたシミはついた時点で気がついたりしますが、後ろは何が付着したか分からないことも多く意外な物が付着していたりもします。 諦めずにご相談下さい。解決します (^_^)





















クリーニング、修理解説

スカートのしみ抜きです。しみは、わかりません。が、綺麗になりました。シミでお困りな方、お力になれるかもしれません、ご相談下さい。
















クリーニング、修理解説

白いスカートです。素材はレーヨンとポリエステル。それにポリウレタンが入っています。全体に茶色いポツポツが、カビっぽいです。漂白して、綺麗になりました。











クリーニング、修理解説

ほつれていたスカートのホックを付け直しました。ホックは力がかかりやすいところですので、着ているうちにどうしてもほつれが出てきます。快適にお気に入りの服を着ていただきたいので、簡単な修理もお気軽にどうぞ!






クリーニング、修理解説

スカートについた墨汁のシミを除去しました!墨汁に限らず、シミは洗濯をすると繊維と馴染んで取れにくくなってしまいます。シミがついてしまった場合は、タオルなどで抑えるにとどめ、なるべく触らずにご相談ください。











クリーニング、修理解説

スカートの裾のまつり縫いがほどけて、ペロンと落ちてしまってるのを修理しました。まつり縫いがほどけてしまうと、せっかくのオシャレなスカートやズボンもだらしなく見えてしまい、着ることが出来ないので直してまた永く着てくださいね!
















クリーニング、修理解説

ワンピースの裾が解れてしまいました。少し位のホツレなら簡単に縫えるでしょうが、スカートやワンピースの裾が全体的にホツレてしまうと途方も無く面倒くさいですよね。かといって、そのままではだらしなく見えるし、格好悪いですよね。ホツレ等もお気軽にお持ち下さい。喜んでお直しします(^O^)/