string(18) "カーディガン" カーディガンのページ






クリーニング、修理解説

セーター、カーディガンが最も傷むところは脇です。毎日擦れているから当然でしょう。 しかしこのような穴があいてしまっても低料金直りますからあきらめないでご相談下さい。











クリーニング、修理解説

セーターの虫喰い穴をお客様ご自身で直してみたけれど目立つので何とかして欲しい、とご依頼頂きました。イージーリペアですのでリーズナブル!しかもこのクオリティ!「衣類の困った」が有りましたらお気軽にご相談下さい。






クリーニング、修理解説

セーターに、毛玉が沢山出来てしまい手に負えないのでキレイにして欲しいとご依頼頂きました。毛玉は汚れと違い生地の毛足に繊維やホコリ等が絡み付いている為に洗っただけでは除去できません。毛玉が出来ないようにお召しいただくのが一番ですが、出来てしまった時はガムテープなどで引っ張って取る様な事は禁物です。どうぞお任せ下さい。






クリーニング、修理解説

綿とレーヨン混紡のとても薄く柔らかいデリケートなカーディガンにヘアカラーを付けてしまったので助けて欲しい。とご依頼をいただきました。デリケートな生地なので気が拔けませんでしたが、無事除去出来ました。ヘアカラーはご家庭でのシミ抜きが困難です。何とかしようと洗ったり、こすったりしますと取れ辛くなりますのでなるべく早くプロにお任せ下さい。






クリーニング、修理解説

婦人ウールジャケットの襟に虫食い穴が数ヶ所ありました。襟などがどうして虫食いに⁉︎原因は皮脂・汗などが付着したまま収納すると虫食いの被害にあう可能性が高まります。その為にも早めに適切なクリーニングをしましょう!虫食いも諦めないでください!特殊な細い糸での穴かがり修理で目立たなく直りました‼︎






クリーニング、修理解説

ウールのセーターをご自宅で洗ったら縮んでしまったそうです。特に着丈が詰まってしまったとの事ですが元の長さがわからないので15センチ程アイロンワークで修正しました。ウール製品をご家庭でお手入れされる際は注意書きや洗濯絵表示を参考にするか迷ったり分からない事がございましたらご相談下さい。











クリーニング、修理解説

カーディガンの縫い目が開いてしまい穴が開いたようになってしまったのを修理しました。当店のイージーリペアは編み直しではありませんが、リーズナブルでキレイにお直し出来ます。






クリーニング、修理解説

セーターに虫食い穴⁉︎ がっくりしますね。でも、捨ててしまうのはもったいない‼︎低料金で修理できる方法をご提案致します。今回は、穴かがり修理で直りました!






クリーニング、修理解説

ウールセーターネック(丸首)あたりに虫食い穴がありました。諦めないでください!当店で、お安く穴かがり修理で直りました。ちなみに虫食いの原因は、セーターに付着していた汚れ・シミと湿度です。今回もまず、クリーニングして修理しました!











クリーニング、修理解説

ニットの破れは生地を編み直して直すカケハギが一般的ですがとても高価です。当店では簡単低料金リペアサービスですので買うより安くお直しできます(^-^)v






クリーニング、修理解説

セーターの袖のほつれを直しました。編み直しをすると修理代金が高くなりますが針と普通の細い縫い糸でほつれた所をふさぐようにして縫います。かんたん低料金リペアですがこれ以上ほつれるのを予防できますし、見た目も問題ありません(^o^)





















クリーニング、修理解説

カシミヤ100%のカーディガンにペンキが付いてます。ペンキは時間をかけたら取れますが素材にもよります。風合いを損ねないように処理しました。




































クリーニング、修理解説

茶色と紺色の地色に赤いバラ柄のセーター。はなびらのキワに虫食いが3カ所ありました。この穴は大きさが1.5センチあります。この穴の大きさで柄の部分のお直しは場所によっては柄がくずれてしまい目立つこともありますが、今回はぎりぎり柄のキワの部分でした。






クリーニング、修理解説

リボン糸で編まれたサマーカーディガン。右肩うしろに穴が開いていました。バッグの金具がひっかかったのでしょうか。リボン糸で編まれたものはそのさらさらした素材感を大事にするため、編みもゆるく糸自体もあまりじょうぶではありません。ひっかけにはご注意を!当店の修理でここまで直ります。






クリーニング、修理解説

「ビキ(BIKI)」です。「ビギ(BIGI)」ではありません。イタリアのブランドで日本のライセンスブランドとしてもっとも古い歴史があります。このニットもいいカシミヤを使っていますね。これだけキレイなヴィヴィッドイエローを出すとはさすが!です。











クリーニング、修理解説

太畝のニットはかなりきれいに直ります。胸前の中央というひじょうに目立つところにあった虫食いですが、お客様も「どこだったかわからない!」と喜んでいただきました。当店の極細糸による糸かがり修理は編み直しよりリーズナブルな料金で直ります。