洋服直しのコツ|クリーニングリフォームの事例写真一覧

洋服直しのコツ

千鳥まつり|洋服修理のコツ

洋服修理のコツをご紹介していきます。今回は千鳥まつりです。ロックがされていない流しまつりができない場所には千鳥まつりを使います。ロックと縁かがりを同時にする縫い方です。まず縫い方の方向ですが前に進まず、後ろに下がるやり方になります。表の生地と裏の生地を交互にすこしずつ救いながらバックしていきます。するとクロスするような形で縫い目が出てきます。これは縁がぼろぼろしないようにする縁かがりの役割も同時に果たしています。

流しまつり|洋服修理のコツ

スラックスの裾ほつれ修理などにプロが使う縫い方になります。ほつれている少し手前から縫い始めます。感覚は特に決まりはありませんが5mmくらいが多いでしょう。糸は100番という太さがお勧めです。(動画ではわかりやすく白を使っています)。目立たなくするコツは表の生地をほんの少しだけすくうこと。動画でも生地の繊維数本をすくって縫っているのが見えると思います。最後はたまこぶを中に入れて完成です。

糸引き直し(補修針編)

ほつれ補修針というよいものがあります。針の反対側ががやすり状になっていてそこに出た糸や繊維が絡んで中に入れるという仕組みです。太い方が目の粗い編み物用、細い方が目の細かいニット、または織物用です。
糸の根元に針を刺し、くるくる回しながら裏に通すだけ。一度で入らなければもう一度とやります。糸が裏に入って完成です。

ボタンつけ

ボタンをつけます。縫いはじめは表からですも玉こぶはボタンの下になり見えなくなります。ボタンの糸はもちろん他とあわせますがクロスでも平行でもよいです。「糸足ってご存じですか?」この幅は衣類の重なりがあるところにはこの布の厚みがこの糸足の長さとなります。とはいえ正確に測定するなんてできない、不可能でしょう。だから縫い付けるとき親指を隙間にはさみながら縫います。すると遊び(ゆるみ)ができます。この抜き差しを4回行い、糸をこの糸足にグルグル巻いていきます。ここはゆるみがでないようにしっかり絞ります。巻くのは5回から10回!糸は布の厚みだからちょうどよい巾になったら巻くのは終わりにしましょう。次に糸で輪を作り縛ります。これを二回やります。それから裏で玉こぶを作りこの玉こぶはまた中に引っ張って布の間に入れてしまいます。そこでカットして出来上がりです。まっすぐに立ったぶれないボタンつけができました!ちなみにシャツはこの糸足は作りません。(布の厚みが少ないからです)裁縫セットをバックに入れておけばもういつボタンがとれても安心ですね!ボタンつけがきれいにはさりげなくできる女子はもてますよ!(°▽°)男子もきっともてますよ(^-^;

糸の止め方(玉こぶ)

玉こぶを作ります、この玉こぶの作り方のコツを動画でよくご覧下さい!いきなり完璧にはしにきれいに玉こぶを作る秘密の方法を公開してしまいます(笑)通常は玉こぶを作ったあとに後ろのでた糸をカットして縫い始める。しかしこのように最初の巻きはじめのところをクロスさせるのではなくTの字にして巻きはじめ、親指と人先指でギューっとはしまで引っ張ってくると先端にきれいな玉こぶができます。これを「完璧玉こぶ」とよんでいます。

糸通しのコツ

ボタンがとれたらいきなり衣類は着られない!そんなとき自分でささっとボタンつけができたらとってもうれしいですね。この度はボタンつけのうんちくとそのプロの技術を御指南致します。先ずは糸、糸通しから解説してみます。ボタンつけ糸という専用の糸がありますが別にその糸でなければいけないということはありません。(笑)上衣は太めの糸、シャツは普通の糸で同系色の色の糸でよいでしょう。これで針に糸が通りました。