八王子市の検索結果 74 件


クリーニング、修理解説

専用の洗剤を使用して丁寧に手洗いをして汚れを落としサッパリさせました。 キズを穴埋めして、色ハゲもカラークリームを使い復元させました。 最後にレザーローションで、潤いと艶を与えます。

クリーニング、修理解説

ファスナーの取っ手が取れてしまったお財布。 エレメントは全く異常がなかったので、スライダーの交換をしました。 ファスナー全取替えより安価でお直し出来ます。

クリーニング、修理解説

下駄箱の奥に仕舞いっぱなしで、形の崩れてしまっている状態でした。 専用の洗浄液で、外側の汚れを落とします。 中側のホコリや汚れは洗浄液を塗布したブラシで、汚れをかき出します。 最後にレザーローションで、艶と潤いを与えたあとに、整形を行い形も元に戻しました。 下駄箱の奥に仕舞いっぱなしで、形の崩れた靴やカビの生えた靴も対応いたします。

クリーニング、修理解説

専用の洗剤を使用して丁寧に手洗いを行います。 しみ込んでしまっている汚れは、汚れ落とし剤と専用石鹸で、コスリ洗いをします。 白いスニーカーの汚れも手洗いでしたら、白さも輝きも蘇ります。

クリーニング、修理解説

取手が取れてしまったファスナー。 スライダーのみを交換します。 写真のとおり、根本に切れ込みを入れ新しいスライダーと取り替えます。 根本の切れ込みは、止め金を使い固定します。 簡単な修理ですので、お値段もリーズナブルです。

クリーニング、修理解説

革靴のキズを顔料を混ぜたパテで埋めて、その後ヤスリがけを行い凹凸を消し、再度顔料塗装を施しました。

クリーニング、修理解説

油分が抜けて、色ハゲも、している革製カバンです。 専用の洗浄液で、外側と中側の汚れを落とします。 レザーローションで、油分を足して潤いを与え艶も蘇らせます。 ※メンテナンス料金とは、別途頂き色補正を施工しております。

クリーニング、修理解説

汗がシミ出てきてしまっている革靴。 手洗いによる丸洗いで、サッパリさせました。 汗や皮脂汚れは、カビの原因になります。 丸洗いが、オススメです!

クリーニング、修理解説

全体に油分が抜け、パリパリの状態の革靴。 専用の洗剤を使用して丁寧に手洗いをして、汚れを落とします。 全体に顔料塗装を施して色を復元しました。 レザーローションで、潤いと艶を与えます。

クリーニング、修理解説

全体を専用の洗浄液で、汚れを落とします。 中側のホコリや汚れは洗浄液を塗布したブラシで、かき出します。 少しくらいの傷は、穴埋めをいたします。 カラークリームとレザーローションで、油分を足して艶と潤いを与えます。 汚れや臭いもとれてサッパリさせます。

クリーニング、修理解説

ダウンジャンパーの袖を引っ掛けてしまい、大きく破れていました。 細い糸で、丁寧に縫い合わせ、目立たなくすることが出来ました。クリーニングにも耐えられました。 これで、また長く着ていただけると思います。

クリーニング、修理解説

バーバリーブルーレーベルのダウンコートの肩の合皮が剥がれてしまいました。 劣化した合皮を剥がし、ラム革を肩とポケットに縫い付けました。 金額は合皮を剥がしたり革の縫いつけ修理となり、手間がかかるために高額になります。 お品物の値打ちと比較して、似合う金額の品物の修理ならば修理も良いと考えます。 肩の部分とポケットの部分的な合皮を革へ交換という修理範囲が比較的狭い事例のため、修理をさせていただきました。 衣類全体の合皮の劣化や、これ以上範囲の広い革への交換は出来かねます。 合皮の修理は、悩んでいる方が多いのですが、問い合わせをいただいてもお断りすることがほとんどです。 事例に近い部分的な修理のみが対象で、修理金額は高額になることをご理解いただき、ご相談くださいませ。 金額はこちらのサイトでは公平性がなくなるため書けませんので、当店のホームページの交換事例をご覧くださいませ。

クリーニング、修理解説

財布のラウンドファスナーのスライダー交換修理です。持ち手が取れてしまったり、閉まらなかったりする原因としてスライダーの摩耗や開きが考えられます。ファスナー修理でお安く直るかもしれません。ぜひご相談くださいませ。

クリーニング、修理解説

コートの襟が汗で変色してしまいました。汚れを落としてから、色補正で綺麗に修正をいたします。濃い色は特に目立つので、お気に入りは色かけがおすすめです。

クリーニング、修理解説

PRADAのトートバックを丸洗いしました。 汚れによってですが、丸洗いのみで綺麗になる場合もあります。 革から色が出る場合は、革を取り外して洗うか、しみ抜きで汚れを取ります。 今回は白地で時間をかけることで完全に接着剤が取れましたが、通常は生地に染み込んだポリウレタン系接着剤が劣化した黄ばみですので、繊維に入り込んでいて完全に取り除くことは難しいです。 バックを分解して縫い直しする場合は時間がかかり、しみ抜き作業も難易度によっては高額になってしまったり、生地が変色していたりと、完全には取り切れない場合が多いです。 リスクをご理解の上、ご依頼いただけると幸いです。 使えるようにしたいという気持ちで作業をしますが、色が出る鞄などは、手をつけることもしみ抜きすることも出来ないことがあり、お断りする場合も多いですので、ご理解のほどお願いいたします。

クリーニング、修理解説

ふとんも毛布もプロの洗いをしませんか?害虫の多く発生する夏の時期がおすすめです。今のうちに綺麗にして暖かい秋冬を迎えましょう。天然石鹸で洗うので、お子様にも安心です。

クリーニング、修理解説

ダッフルコートの紐は、合皮が多く、劣化すると気になりますね。 古い合皮を剥がして合皮に似た塗料を塗るだけで綺麗になるので、また使えますね。 革紐への交換も承ります。 1対あたり、〇〇〇円~で承っております。 金額につきましては、当店のホームページのブログにてご確認をお願いいたします。 塗装と革交換のどちらの修理が多いかというと、革への交換の方が多いです。やはり、革は高級感があり綺麗に直りますし、長持ちします。 今回は、「ちょっと目立たなくなればいいので、色塗りだけで良い。」という事例での修理のご案内です。 部分的に少しだけ使用されている合皮でしたら、色塗りで目立たなくなりますが、衣類全体の合皮の劣化は修復出来かねます。