キズ穴修理の検索結果 298 件


クリーニング、修理解説

タバコの穴の修理です。 裏ボアで厚みのある生地のズボンでしたので、上からチェックの柄を合わせて接着修理しました。ほとんどわからなくなります。

クリーニング、修理解説

見た目分かりにくいですが、成長して袖丈を長くしたいときに再直ししなくても、糸をほどくとそでが長くなる直しです。

クリーニング、修理解説

いつの間にか穴が‼️そういうことありませんか? 編み直しではなく、 目立たなくする修理になります。

クリーニング、修理解説

ジーンズの股はどうしても力や摩擦のかかる部分ですので、永く愛用すると破れることがあります。 裏から補強の布を当てて丈夫に縫い込みました!

クリーニング、修理解説

ジャケットの腕部分の虫食い穴を修理しました。修理前は穴が開いて白い裏地が見えてしまっていましたが、裏地をほどき、共布を裏から接着することである程度は目立たなくできました。接着修理は、カケツギほどキレイには直りませんがお手頃価格で直すことができます。

クリーニング、修理解説

ズボンのお尻がスレて生地が薄くなっているものを直しました。完全には穴にはなってなかったので裏から補強するための布を接着しました。

クリーニング、修理解説

ジーンズはスレや破れをファッションとして楽しんで大切に履き続けていきますが、破れ過ぎは補修の必要が出てきます、お客様のご要望にできるだけ沿った方法で修理いたします。画像は「ダメージを残して」の依頼の修理です。サッパリきれいになりました。お気軽にご相談ください。スッキリ解決します (o^^o)

クリーニング、修理解説

ウールセーターに虫食い?と思われる穴です。(画像は袖の中に白紙を入れて穴を分かりやすくしてあります)業務用の細い糸でかがって補修します。完成後はどこを修理したかわからないほどです。かけはぎのような修理方法に比べて格安料金でできます。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します(^ ^)

クリーニング、修理解説

ズボンのポケットに開いた穴を修理しました。鍵や小銭など硬いものをポケットに入れ続けると、ポケットが擦り切れてしまって最終的に穴が開いてしまいます。本来ならポケットを新たに作って取り付け、といった修理になりますが、この写真のような接着修理ならお手頃な料金で出来ます!

クリーニング、修理解説

ジーンズの大きく開いた破れを修理しました。股部分は着用すると隠れて見えなくなるので、裏から布を当てて、ミシンを刺してしっかり直します。

クリーニング、修理解説

ジーンズの股の破れを2箇所修理しました。履いているとどうしても摩擦が発生する箇所なので、穴あきが非常に多い箇所です。裏から補強布を当てて同色の後でミシンで縫い付けました!これでまたお気に入りのジーンズをご愛用ください!

クリーニング、修理解説

布団の穴修理をしました。布団の穴は大きくなりやすく、擦れて穴周辺の生地も薄くなっているので、大きめに接着修理しました。手縫いもできますが、今回はお客様のご希望によりお手頃な接着修理で対応しました。

クリーニング、修理解説

バーバリーブルーレーベルのダウンコートの肩の合皮が剥がれてしまいました。 劣化した合皮を剥がし、ラム革を肩とポケットに縫い付けました。 金額は合皮を剥がしたり革の縫いつけ修理となり、手間がかかるために高額になります。 お品物の値打ちと比較して、似合う金額の品物の修理ならば修理も良いと考えます。 肩の部分とポケットの部分的な合皮を革へ交換という修理範囲が比較的狭い事例のため、修理をさせていただきました。 衣類全体の合皮の劣化や、これ以上範囲の広い革への交換は出来かねます。 合皮の修理は、悩んでいる方が多いのですが、問い合わせをいただいてもお断りすることがほとんどです。 事例に近い部分的な修理のみが対象で、修理金額は高額になることをご理解いただき、ご相談くださいませ。 金額はこちらのサイトでは公平性がなくなるため書けませんので、当店のホームページの交換事例をご覧くださいませ。

クリーニング、修理解説

ズボンのポケット周辺のほつれを直しました。ポケットは、物を出し入れするのでほつれが発生しやすい箇所です。ちょっとした修理もクリーニングついでにご相談ください。

クリーニング、修理解説

ジャケットの虫食い穴を修理しました。素材、柄、穴の大きさから、縫い込み修理が最良だと考え、ほとんど目立たなくできました。

クリーニング、修理解説

ニットのベストのほつれを修理しました!画像は裾部分ですが、脇部分などその他もスレによってほつれていましたので同様に修理しました。

クリーニング、修理解説

セーターに空いた穴の修理をしました。そのまま置いておくと大きくなることがあるので、お早めにご相談くださいませ。

クリーニング、修理解説

ニットの穴あき修理です。 ニットの穴が大きくならないうちに、早目のお直しをお勧めします。 目をしっかりと拾っていますので、解れてくることはありません。

クリーニング、修理解説

ダウンジャンバー 引っ掛けて穴があき、中から羽毛が出てきてしまう現象です。 中から見えないように接着しました。傷跡は残りますが、もう羽毛が出る心配はなくなりましたよ。

クリーニング、修理解説

セーターの穴修理です。ニットは編み直しの選択もありますが高額になってしまいます。極細糸で穴をかがっていく方法なら安価で穴がわかりづらくなります。

クリーニング、修理解説

セーターの虫食い穴かがりをしました♪ 大切なセーターを食べちゃう虫さん嫌ですね〜 せっかくのお気に入りも台無しです(-.-;)y-~~~ でも、特殊な糸で目立たなくお直しできます〜

クリーニング、修理解説

カーディガンの脇の穴あきを修理しました!カーディガンの脇は力が加わるので穴が開きやすい箇所でもあります。毎日着ずに、一日着たらブラッシングして休ませましょう!もし穴が開いたら、広がらないようにお早めにご相談ください。

クリーニング、修理解説

アンゴラのコートの虫食いを目立たなくしました!セーターとかなら虫が食って穴を開けてしまうことが多いですが、コートなどはこうやって食い進んでしまうのが多いように思います。また、アンゴラやカシミヤやシルク、ウールでも番手の高い上質な品物ほど被害に遭うことが多いですね…。この事例のように目立たなくすることはできますが、跡は残ります。一番の対策は予防することで、クリーニングと保管場所に気をつけることが大切です!