キズ穴修理の検索結果 284 件


クリーニング、修理解説

ウールセーターネック(丸首)あたりに虫食い穴がありました。諦めないでください!当店で、お安く穴かがり修理で直りました。ちなみに虫食いの原因は、セーターに付着していた汚れ・シミと湿度です。今回もまず、クリーニングして修理しました!

クリーニング、修理解説

スニーカーのカカトが減ってしまいました。減ってしまった分だけ補填して元通りの高さにして直しました。 スニーカーのカカトが減ってもあきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

鞄の底の破れ直しはよくある依頼です。裏からなんとか縫い込み破れは修理できます。あきらめないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

上着のポケットが引っ張られ大きく破れてしまいました。裏からギリギリで縫い込み地直しして強力接着で固定しています。線が入った仕上がりになりますが意外と目立たないで直りました。

クリーニング、修理解説

カシミヤセーターに、穴があいていました。大小の穴が少々ありましたが、穴かがりで補修しました。来年も愛着のセーターとして、着て頂ければ幸いです。

クリーニング、修理解説

タバコの火をダウンジャケットに落としてしまい穴が開いてしまいました。穴があるので洗えませんと他所のクリーニング店に断られてしまったそうです。当店でしたら修理で穴を塞いでこれからも着られるようにメンテナンス出来ます。

クリーニング、修理解説

車のベンチカバーの破れです。 専門に依頼するとかなり高額になってしまうとのこと。 取り外しが困難で、お預かりはできないため予約制です。 全くもとどおりにはなりませんがキズや穴をふさぐ事ができます。 イージーリペアでお安く直せますから お問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください!,羊毛 セーター 穴修理

羊毛 セーター 穴修理

お店の詳細を見る

クリーニング、修理解説

「クリーニング店の詳細を見る」から
お気軽にお問い合わせ下さい*^o^*

クリーニング、修理解説

ぽっかり穴があいてしまったジーンズ、ダメージジーンズの象徴の白い横糸もなくなっています。これではオシャレ感もないですね!今回のケースはダメージを復元させミシン修理で丈夫に仕上げるという「ダメージリメイク」というメニューです。詳しいやり方は企業秘密です(笑)オシャレな感じでジーンズリペアできました。

クリーニング、修理解説

広がり過ぎて大きくなってしまったダメージジーンズの穴をふさいでミシンで上から押さえて補強しました。お好みのワッペンを付ける事もできます。ワッペンはアイロンで張り付け取れないように手縫いで周りを縫い付けてあります。

クリーニング、修理解説

ニットの破れは生地を編み直して直すカケハギが一般的ですがとても高価です。当店では簡単低料金リペアサービスですので買うより安くお直しできます(^-^)v

クリーニング、修理解説

ユニクロのダウンジャケットが破れてしまいました。 かなり大きな破れだったので上から共布を強力に接着しました。 もちろんクリーニングに出してもとれません。これでまた愛着して頂けると思います。

クリーニング、修理解説

縫い合わせて穴を閉じ、裏から布を貼って補強します。これははあまり目立たない直し方ですが他にもいろいろな直し方がありますよ\(^o^)/ぜひ過去の記事もご覧下さい(^^)

クリーニング、修理解説

スラックスの股が擦り切れていました。片方は既に破れて、もう片方も薄くなっていました。今回裏から柔らかい布をあてミシン修理で仕上げました。あきらめる前に、当店にお任せください!

クリーニング、修理解説

エナメルのバックが汚れて、さらにエナメルのツヤが曇ってしまいましたが これはクリーニングだけでは戻りません。 特殊な加工をしてツヤまで復元しました。エナメルバックのツヤ出し、クリーニングもおまかせ下さい。

クリーニング、修理解説

ジーンズの修理はダメージを残して行う「ノーマル」が多いです。しかしできるだけ目立たなくと御希望サれる場合、このような特殊なリペア方法もあります。「カケツギ」はジーンズにはできませんがカケツギレベルにきれいに直す事もできます。(布がなくなった大きな穴は不可能です) 御希望の方はお問い合わせ下さい!

クリーニング、修理解説

カシミヤのコートが破れてしまいました。カケハギだと高額になってしまいます。低料金を御希望だったので特殊な方法で修理しました。低料金で目立たなく修理できました。

クリーニング、修理解説

リボン糸で編まれたサマーカーディガン。右肩うしろに穴が開いていました。バッグの金具がひっかかったのでしょうか。リボン糸で編まれたものはそのさらさらした素材感を大事にするため、編みもゆるく糸自体もあまりじょうぶではありません。ひっかけにはご注意を!当店の修理でここまで直ります。

クリーニング、修理解説

スーツで最も力がかかり破れやすいのはズボンの股です。 しかし見えないところだから裏から布をあて丈夫にミシン修理すれば大丈夫です! またスーツで着られます。

クリーニング、修理解説

ダウンコートの裾の内側が焦げてしまっていました。当店では焦げているところに、ダウンの素材と同じポリエステルをあてミシンで修理しました。ダウンの生地ポリエステル・ナイロンは焦げや破れやすい素材ですが、当店では修理して以前ように着用出来ます。

クリーニング、修理解説

サラリーマンの戦闘服ワイシャツ、しかし頻繁に着用するものだからやはり傷む!少しの破れなら低料金のリペアサービスで補強してまた着用して頂きたいと思います。

クリーニング、修理解説

patagonia(パタゴニア)のダウンジャケットの穴修理と洗いのご依頼です。 穴が開いていてはダウンが出てしまい洗えません。穴を修理してから温水で洗濯をします。 最近のダウンジャケットは、ダウンパックが生地の内側に入っていて、多少穴が開いても2重構造のためダウンが出てきませんが、10年以上前の商品にはダウンパックが無いため、小さな穴でもダウンが飛び出して来てしまいます。 ダウンを適量足して、穴という穴を全て塞いでいます。袖、前縦、裾全てにある小さな穴を同じ生地で一つ一つ修復します。 洗いにも耐えられる修理のため、古い汚れも綺麗にするためにしっかりと温水で洗い、全体の汚れや皮脂汚れなども綺麗に取り除きました。当時物の高価で大切なダウンウエアの修理をご紹介いたしました。

クリーニング、修理解説

ジャンバーを引っ掛けてしまって小さな穴が開いてしまった。小さいとはいえ、放っておけば、どんどん穴は大きくなり、後戻り出来ない状態になります。。。。 お任せ下さい☆☆☆同じ生地で穴を塞ぐので、目立ちません♡♡♡

クリーニング、修理解説

ムートンや革の思わぬ破れお直し承っております! ムートンや革は丈夫そうで結構デリケートです。 今回、長崎市内よりアグ(UGG)ムートンブーツの破れお直しでお預かりしました。 当店にお任せ下さい! 独自のお直し技術での特殊な細い糸で縫い込み無事直りました‼︎

クリーニング、修理解説

セーターの肘にできた小さな穴なら穴かがりで直します。しかし全体的に薄くなってきていたらこのレザーの肘当てをお勧めします。色は黒か茶色、定番の大きさで取付します。 お気に入りのセーターはこれでずっと長持ちします。しかもとってもオシャレに愛着できると思います。 肘が薄くなってきてもあきらめないでこの方法を思い出して下さい。

クリーニング、修理解説

ダウンコートを洗ったら衿が破れて衿のダウンがなくなってしまいました。縫い代が少なくロックもかかってなかったのではじけてしまったようです。ダウンをなんとか入れ直し元通りに直しました。

クリーニング、修理解説

スーツのジャケットに穴があいてしまいました。一本一本織り直す「カケハギ」ではなく裏から共布を強力に接着する「特殊強力接着」という方法で直しました。

クリーニング、修理解説

スーツの背中に穴が空いてしまいました。大変目立つところなので繊維から織り直す最も高度な特殊な修理方法、カケツギ(かけはぎ)できれいに直りました。もちろん高額になりました。

クリーニング、修理解説

ズボンのポケットに穴があいてしまいました。ポケットに小銭を入れる方はよくあるケースですよね。丈夫な布を強力に接着し穴をふさぎました。これでまたお金を落とさないで使えますよね。

クリーニング、修理解説

ズボンの内側ポケットが破れても諦めないでください!!ミシンで縫うだけで治ります!!少し布が弱くなっていたので縫い代を補強しました。

クリーニング、修理解説

実は繊維から織り直すカケツギではありません。 特殊なキズ穴マジックという方法です。マジックだからやり方はもちろん公開できません(笑) キズ穴修理、実はカケツギでなくても、布地によりけりですが目立たなく方法もあります。お安く直せます。あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

ダウン製品だけでなくジャケット、コートの裏地がさせてくることありますよね! これは中の縫製不良によるものです。 しかしもちろん直りますからあきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

ベルスタッフの衿がベタベタになってしまいました。素材の寿命で、どこも対応して頂けないとのこと。 当方の合成皮革復元ノウハウでこのように直りました。 風合いは多少変わりますがきれいに復元できました。 また愛着して頂けると思います。

クリーニング、修理解説

鞄の合成皮革の裏地が劣化でベタベタになってしまいました。 丈夫な布に張り替えしました。 これでもう安心して中にものを入れられます。合成皮革は5年以内にまた劣化しますが丈夫な布は10年以上は大丈夫です。 鞄の裏地が劣化してきてもあきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

スラックスのお尻あたりが、裂けていました。裏から生地をあてミシン修理で補強しました。お客様から、またまだ、はけると喜んで頂きました。

クリーニング、修理解説

ダウンブルゾンの破れ修理です。お直しの方法は状態よってご提案しています。今回のケース、とも布を上から超強力接着で直しました。ダウン製品の破れも諦める前に当店にお任せください!

クリーニング、修理解説

バーバーリーのセーターは薄くても暖かい!しかし薄さゆえ、よく糸引きが生じます。また破れも多いです。虫食いも起こりやすい。しかし直ります。 多少あとは残りますがまた愛着して頂けると思います。

クリーニング、修理解説

セーターの袖のほつれを直しました。編み直しをすると修理代金が高くなりますが針と普通の細い縫い糸でほつれた所をふさぐようにして縫います。かんたん低料金リペアですがこれ以上ほつれるのを予防できますし、見た目も問題ありません(^o^)

クリーニング、修理解説

革靴は正しいメンテナンスを最低でも半年に一度はやった方がよいです。 ひび割れてしまったら直りません お早めのメンテナンスをお勧め致します。

クリーニング、修理解説

クリーニング店でミシンを導入しておりますので、ジーンズリペアも行なっております。今回、ダメージジーンズのリペアでお預かりしました。裏から丈夫な布地で補強し、ミシンでキレイに縫いおさえるノーマル仕上げを行ないました!

クリーニング、修理解説

ズボンの裾が靴との摩擦で擦り切れてしまいました。なるべく安く綺麗に直します。今回のケースは、共布をミシンで縫いこむ「切り継ぎ」です。接着修理も同様に綺麗な仕上がりです。

クリーニング、修理解説

上衣の穴修理です。お客様がご自分で修理してありましたが大変目立ちます。今回は接着修理ではなく、繊維からおりなおすカケハギ(関東)、かけつぎ(関西)できれいに直したいとのこと。高額になりますが最もきれいに直したい方はこの方法しかありません。ほとんどわからなく直りました。