新着事例

クリーニングメンテナンス内容解説

何かの拍子で飛び散った「接着剤」が大切なズボンに付いてしまいました。 取ろうとして処置になれない方が市販のしみ抜き剤やシンナーなどの薬品を使うと 却って生地の中に溶け込んでしまったり、 最悪、生地自体が溶けてしまったり、色が変わったり抜けてしまったりする恐れがります。 難しいなと思われたら、 そのまま 早めに、触らずに、ご相談下さいね。 クリーニング師、繊維製品品質管理師の資格を持ち、35年の経験と知識と技術を持った店主が その場でご相談にも乗り、店内で直接処置致します。 お任せ下さればこの様にスッキリ綺麗になりますよ♪

クリーニングメンテナンス内容解説

腰周りを鍵ホックで止めるタイプでしたが、 ボタンホールを作成し、ボタンでとめるタイプに変更しました。 アイデアで、色んな場所にボタンをとめることができますね! ご相談お待ちします。お任せください (^_^)

クリーニングメンテナンス内容解説

ファスナーのスライダーが劣化することにより、引き手を動かしても財布が閉まらなくなってしまったケースです。 財布を解いて、ファスナーを付け替えて、とすると大変高額になってしまいますが、劣化したスライダーの交換だけならお手頃価格で直ります。 引き手を引き継ぐことが可能な場合も多いです! 大切なお財布もあきらめる前にご相談下さい。

クリーニングメンテナンス内容解説

ワンピースの糸引きを直しました。カバンやアクセサリーに引っ掛かりやすい生地の服は、そのまま糸引きが起こることがよくあります。見つけてもハサミで切らないようにおねがいします!ひどくなる可能性が高いです。

クリーニングメンテナンス内容解説

キャップに付いた毛染めの染み抜きです。 毛染めした後は、乾いたようでも汗とか何かの加減で他に付くことが有りますよね。 染めてしばらくは、白っぽいお洋服は注意ですね。 でも付いてしまったときにはジャブジャブにご相談くださいね。

クリーニングメンテナンス内容解説

セーターの色修正事例です。 赤く変色している部分は汚れやシミではなく元々の黒色が部分的に退色して赤くなったものと考えられます。 色が退いた(抜けた)のですから、元に戻すには少しづつ色を足していくという作業(技術)が必要となります。 このようなケースでお困りの際は、ご相談ください。 (注)アフターの写真の方が全体的に黒く見えますが、これは写真の撮り方の問題です。修正したのは赤く退色してしまった部分のみです。

クリーニングメンテナンス内容解説

ダッフルコートのひもが合成皮革で劣化でボロボロになってきてしまいました。切れてしまいました! 本革で作り直してまた愛着できるようになりました。 あきらめないでご相談下さい。

クリーニング ビフォーアフターサイトとは?

洋服、衣類、靴、鞄など汚れてしまった、シミがついてしまった、傷めてしまったなど・・・そんな時あなたはどうしますか。あきらめてしまうのはもったいない!このサイトに同じようなケースがないか探してみて下さい。当サイトでは様々な分野の技術をもったクリーニング屋さんを紹介すると共に各店が得意とする、特殊洗い、シミ抜きや色かけ、修理やリフォームなど様々なクリーニングとメンテナンスの事例をビフォーアフターの写真でご紹介している日本最大級のサイトです。もちろんそのままお問い合わせも可能(電話・メール)でお見積もりは無料です!「ビフォーアフターサイトを見たんですが・・・」とお問い合わせください。クリーニング写真の下にある店舗名をクリックしお店のページから各店舗にお問い合わせができます。あなたのお気に入りのお品物もきっとまたステキによみがえります!あきらめないでこのサイトをご利用ください。

※掲載しています画像に関しまして問題がある場合はお問い合わせよりご連絡ください。