string(12) "louisvuitton" louisvuittonのページ






クリーニング、修理解説

ルイヴィトンのバックはぬめ革を使われているものが多いですね。 ぬめ革の丸洗いは大変危険です。固くなったり艶がなくなったり、最悪なケースはひび割れを起こします。 でも汚れたり、シミになったら色をかけて隠蔽するなんてことは致しません。 ルイヴィトン様に怒られます(笑) ブランド価値がなくなるからです。 できる限り、クリーニングそしてメンテナンスで素材やデザイン性を損なわないできれいにします。シミはとりきれないケースもありますがかなりきれいになると思います。 家庭で何とかしようと思ってもぬめ革は不可能です。ダメにしないようプロにおまかせ下さい。






クリーニング、修理解説

ルイヴィトンのモノグラムバッグです。ほぼ新品の状態でしたが、コーヒーがこぼされ、すぐにお持ちいただいただきました。早急に特殊シミ抜き後、丸洗いクレンジングを。乾燥後はルイヴィトンの真骨頂でもあるヌメ革のパイピング、アメ色が綺麗に変化していくようしっかりと高品質のクリームで栄養を与えました。











クリーニング、修理解説

ルイヴィトン(LOUISVUITTON)のブーツ。せっかくのブーツも破けてしまって履いていなかった。もったいないです!!!! 綺麗に洗って直してあげれば、またお気に入りに復活です