string(6) "黄変" 黄変のページ






クリーニング、修理解説

シャネルのバッグの取手根元から帯状に広がるシミや黄変。実はこのシミの出ている裏側には形崩れ防止のための型紙が入っていました。薄いコルク板の様な、硬い段ボールのような… これが湿気を含んで色が滲んだり、カビを発生させたりしていたようです。そして長期保管中にそれがシミになったと思われます。 水に漬けると裏から色が出そうだったので、表面から部分的なシミ抜き&漂白を少しずつ行いました。何度も作業を繰り返し全体的にキレイになったと思います。また使えるレベルにまでいったのではないでしょうか。作業にあたってはいろいろなリスクがありましたので、お客様に了承いただいての作業でした。おかげさまで何とかやり切ることができました。











クリーニング、修理解説

クリーニング後にトレンチコートをしまっていたら、黄色いシミが出ていたとのことです。 これはカビが生えた後に発色したケースですので、生地の色は守りつつ全体のカビを漂白しました。 クリーニング後でも、湿気がこもるところや、ビニール袋をかけたまま保管するとこのようになってしまうのでお気を付けください。






クリーニング、修理解説

ご家庭で洗ったら黄ばみがまだらにでてきて大変なことになってしまったとのこと。これはアルカリ残留、乾燥の毛細管現象によるものです。 これはご家庭では直せない! プロにおまかせください。 ほとんどのケースはきれいに戻せますからあきらめないでご相談ください。











クリーニング、修理解説

コンバースの白いスニーカーが黄ばみから蘇りました‼︎ スニーカークリーニングコースには、★しっかり洗いコースと★レザー本格コースと 今回の★ロイヤル復元コースでソール暗色黄変除去まで行なっております‼︎ クリーニング屋さんでスニーカーがここまで綺麗になります‼︎











クリーニング、修理解説

最強の黄ばみ!暗色黄変は実は主にプラスチック製品に起こります。 化学的説明はさておき(^^;) これも除去できる技術が確立されています。スニーカーのソールだけでなくプラスチック製品、化学繊維の黄ばみもあきらめないでご相談下さい。






クリーニング、修理解説

暗色黄変(最強の黄ばみ)は石鹸でゴシゴシ洗っても、漂白剤につけてもビクともしません。特徴な技術があるのです! 今回のケース、(暗色黄変ナチュラルホワイトコース)※ホワイトカラーリングコースもあります! あきらめないでご相談下さい。






クリーニング、修理解説

人気のコンバースのスニーカー、汚れや黄ばみです。 丸洗い、黄変除去限界までするコースでここまできれいになりました。 黄ばみ、汚れもあきらめないでおまかせ下さい。






クリーニング、修理解説

スニーカーの布の黄ばみは除去できます。しかしソールの黄ばみは!? じつは三種類あります。 汚れは簡単にとれます。表面のみの黄変はなんとかとれます。 しかしソール自体の黄変は中まで黄変していて、専門用語では暗色黄変といって絶対に除去しきれません。 ですが特殊な方法で真っ白にします! やり方はご想像におまかせします(笑)






クリーニング、修理解説

ソファの後ろからシャツが出てきて、あまりの汚れ具合にびっくり!キレイになれば着たいので…とご依頼頂きました。時間が経って汚れが酸化してしまい手こずりましたが、染み抜きでキレイになりました♪











クリーニング、修理解説

少々時間が経っているシミと汚れが目立っているダウンコートのご依頼です。古いシミと頑固な汚れは、通常洗いでは落ちません!当店はシミと汚れにあった処理方法で復元しました。





















クリーニング、修理解説

綿ブラウスの脇が汗により黄ばんでいました。当店は特殊しみぬきで復元しました。汗染みは酸化してしまうと、通常の洗いだけでは落ちません。お気軽に当店にご相談ください!






クリーニング、修理解説

綿のバックに古いしみが付いていました。部分的に漂白処理して全体的に丸洗いを行ないキレイに復元出来ました。しみや汚れが付いているバック・財布など眠ていませんか?ご相談ください!






クリーニング、修理解説

麻のジャケットが黄ばみでいました。通常の洗いで落ちきれない汚れが、残っていると酸化して黄ばんでしまいます。当店は、まずはドライクリーニングで油性の汚れ取り除いて、その後漂白を利用して部分シミ抜き及び全体漂白で復元加工しました。































クリーニング、修理解説

白いブルゾンが、全体的に黄ばんでいました。通常のクリーニングでは全く落ちませんので、まず、ドライクリーニングで油汚れを落として→漂白を使って復元加工を行ないキレイに仕上がりました。











クリーニング、修理解説

子供の黒いジャケットといっしょに出していただいたトレーナー。食べこぼしでしょうか、茶色いシミが点々とついていました。家庭でいくら洗っても取れなかったそうで。。。「安かったんだけど子供がお気に入りなの。取れるかしら?」なんでもそれで当店に来る前に娘さんに泣きつかれたそうです。お母さんもここまでするからには、自身もよほどお気に入りなのでしょうね。同じ物を買った方がいい?今は商品サイクルが早いのでもうすでに売っていないことが多いんです!






クリーニング、修理解説

FABRICE(ファブリス)はアメリカの百貨店バーニーズN.Y.での取扱いで有名です。コットンのプリント柄ですが品が良く上質な素材を使っています。このようなコットン製のアウターは着用によるえり、袖口の汚れがかならずあります。時間が経つとドライでは取り切れないことも多いのです。