string(9) "色落ち" 色落ちのページ






クリーニング、修理解説

婦人用のブーツが全体的に色落ちしています。傷もできていますね。まずは専用洗剤と柔軟剤を使ってブーツの外側も靴の中も綺麗に洗いました。そして調色し、補色していきます。仕上がりのツヤ具合も多少調整できますので、ご希望があればおっしゃってください^^ 先ほども書いたように、靴の中まで綺麗に洗いますが、臭いなど気になる場合はオゾンによる抗菌・消臭加工もできますのでご安心ください。写真のように履きなれた靴が綺麗になるとうれしいですね^^♪






クリーニング、修理解説

人の目線は人間の先端に集中するといわれていて、頭の次に足元に目線が集中するそうです。あーそういえばあの靴、色がはげてたっけ…と、今頭に思い浮かんだその靴、当社にお任せください!!こちらのショートブーツは主につま先が傷つき色が落ちています。一度綺麗に丸洗いしてから傷がついていない部分の色をみて同じ色を作り、補色していきます。どうですか?新品に戻ったように見えませんか?^^v丸洗いをしたので臭いも気になりません。おしゃれは足元から!というように一度みなさんの靴を見直してみてはいかがでしょうか^^






クリーニング、修理解説

布素材のカバンに革の取っ手がついています。雨に濡れてしまったのでしょうか、革から色が落ちて布部分に色移りしています。よく見ると底やところどころにシミもできています。こんな場合でも当社にお任せください!!^^革から色が落ちないように作業して洗いますのでご心配なく!仕上がりの写真をご覧ください。さらに革から色が出ることなく、ところどころについていたシミも綺麗に落ちました。 同じように布素材のカバンの中にはタグなど一部だけ革を使用している商品があります。ご家庭で洗うと革から色がでてくる可能性もありますので、洗う前にお気軽にご相談くださいね^^






クリーニング、修理解説

紳士靴のつま先がすり傷により、色が落ちています。 靴磨きコースでも色落ちは隠せますが、色補正コースのほうがより綺麗に仕上がり、長持ちします。 この紳士靴はつま先だけが色落ちしていたのでお客様と相談し、全体ではなくつま先だけ色補正しました。 そして早く仕上げて欲しいとのことでしたので、お預かりした2日後に仕上げました。 このように部分的な色補正も可能ですのでお気軽にご相談ください。金額も全体の色補正より安く済みます。 納期などもお客様のご要望にできる限りお応えします!
















クリーニング、修理解説

お祭りが雨にたたられ全身ずぶぬれ泥だらけ!ももひきもぐちゃぐちゃに濡れていました。藍染めですので濡れた状態が長いとこのように色が流れてしまいます。浴衣なども同じ状態になりますので雨の日は濡れないようにご注意を。泥はねもいっぱい付いていました。泥は落としながら元の色を落とさず、しかも流れた色を取るには高度な技術が必要で家庭ではムリです。






クリーニング、修理解説

。ゴルフなど汗をかきやすい状況で革ベルトからスラックスに色が移ってしまった事例。革の染料は水分で色が移りやすくなります。しみ抜きで落とすと手間が掛かり料金も高額になりますので全体移染除去処理で落としました。この方法ですとリーズナブルな料金で元通りになります。






クリーニング、修理解説

婦人プリントTシャツといっしょに洗ったお手製の綿袋から赤い色が移った事例。袋の内側に赤い綿布が使われていてその色がTシャツに移ってしまったそうです。全体に色が移っていましたので全体処理で落としました。こうすればしみ抜き少しずつしかできないしみ抜きより時間が掛からず落とせますので料金もお安くなります。






クリーニング、修理解説

白のワンピースを家庭で洗ったら胸の革ストリップから色が移ってしまった事例。下に少し移っているのがそのひも。革の染料は水で色移りしやすいので家庭での洗濯はむずかしいのです。取り扱い表示にも水洗い×の表示がありました。プロは特殊な薬剤を使って色移りを防ぎながら洗えます。











クリーニング、修理解説

お子さんのお気に入りのワンピース。家庭で洗ったら袖口の赤いパイピング布から前や後ろの白地や柄部分に色が移ってしまった。子供におこられたのでなんとか取って欲しい!というご相談。白地部分は取りやすいですが柄部分はむずかしい作業になります。柄が落ちてしまわないよう慎重に作業しました。











クリーニング、修理解説

青い皮鞄が日焼けにより退色してしまいました。お肌と同じ革も日に焼けて色が変わってしまします。丸洗い後、濃いめの色にリメイク☆☆☆また違ったカバンの様に生まれ変わりました♡