string(6) "焼け" 焼けのページ











クリーニング、修理解説

モカシンのオイルドレザーの紳士靴の事例です。オイルドレザーは、自然な風合いで染色されている革を使用しています。レザーに含まれているタンニン(色素)や脂質が経年劣化して、変色する場合があります。革に浸透してしまった脂質や汚れ、焼けなどは取ることが出来ません。そこで、また使えるように色をリメイクして、新品のように新しい靴になります。染色による自然な風合いは失ってしまいますが、オイルドレザーは塗料もよく浸透するため、リメイクには向いている靴です。革用洗剤を使用した水洗いでしっかりと洗い、似たような色を塗装して、新しく生まれ変わった靴の出来上がりです。SDZ‘sに貢献できる靴のメンテナンスとなります。当店では、、靴の洗い、色掛け、修理を承っております。