string(6) "染み" 染みのページ






クリーニング、修理解説

綿と化繊の混紡です。水色のセーターが胸の部分が焼けて変色しています。全体を漂白してから変色してる部分だけ色を掛け、目立たなくなりました。
















クリーニング、修理解説

無骨なデザインで人気のカナダグースダウン。着用時に生地が擦れるポケット口や袖口、前立てなどがスレで白っぽく(白化)なることがあります。まずは 白化を進行させない専用洗剤を使用しウェットクリーニング。 乾燥後、部分的な色かけ→全体的なツヤ出し加工を行います。






クリーニング、修理解説

シームレスダウンの本家、デサントの水沢ダウンです。ダウンパックの仕切りに糸を使用せず、ウレタン樹脂で圧着させています。保温性に優れるなど高機能な製品ですが、ウレタン樹脂の経年劣化は避けられません。脇の下にある排水用のファスナーを開けることで、洗浄・脱水時の圧がシームレス部分の破損にならないよう軽減する機能となっています。






クリーニング、修理解説

白系のダウンはどうしてもすり汚れが目立ってしまいます。袖口内側は皮脂、外側はホコリや油汚れ。1点1点、専用の洗剤でブラッシングして前処理を行います。白いダウンがまっさらに蘇ります。






クリーニング、修理解説

ぬいぐるみのクリーニング及びしみ抜きの事例です。 まずは、クリーニングで落ちるだけの汚れを落とし、それでも残った汚れ、シミをしみ抜きしてきれいになりました。 正しい順序で、しっかり手間をかければ、このようなケースでもきれいになります。 このようなケースでお困りの際には、ご相談ください。
















クリーニング、修理解説

デュベティカダウンの染み抜きのご依頼です。軽量で着心地の良い反面、表生地が薄くデリケートな為、取り扱いに注意が必要です。部分染み抜き後、必要以上に羽根の油分を落とさないよう専用洗剤でウェットクリーニングを行ないます。仕上げにタンブラー乾燥でボリュームも復活。デュベティカは変色のリスクがあり、カバーを外し風通しの良い状態での保管をオススメします。
















クリーニング、修理解説

キャンパス地に皮のついたバックです。経年劣化でキャンパス地が黄ばんでいます。布の部分だけしみ抜きして黄変除去しました。皮の部分は皮専用のクリームで処理しました。写真だと分かりづらいですが、綺麗になりました。





















クリーニング、修理解説

キャンパス地と皮のバックです。ずっとしまいこんでいて、全体的に黄ばみ、シミが出てきたようです。皮の部分は栄養剤を塗って、キャンパス地の部分だけしみ抜きして、目立たなくなりました。






クリーニング、修理解説

履こうとした覚えのない汚れが、、、 これはカビの一種です もう履けないと諦める前に一度ご相談ください。 カビ除去の後はソールも磨いてキレイサッパリ!











クリーニング、修理解説

白いポリ綿のTシャツに広範囲のカビが出てしまい困ったお客さまがお持ちになりました。 制服だった為何とかして欲しいとの事でした。 原因は洗う前にビニール袋に入れて置いたのが原因とおもわれます。 これからはハンガーに掛けておく様にアドバイスしました。






クリーニング、修理解説

ウール製カーディガンのしみ抜き事例です。 前身頃に点々としみが付いてました。しかも、変色して通常のクリーニングでは落ちません。 地色が抜けないようしみ抜きしてきれいになりました。 ほとんどわからないくらいにはなっていると思います。 このようなケースでお困りの際にはご相談ください。






クリーニング、修理解説

パンプスのシミ。 「なにが付いたか、いつ頃付いたかわからない…」とご依頼。 ご覧のとおり、シミはキレイに除去致しました。 シミは時間が経つと落ちにくくなります。 シミが付いて気になったら早めにご相談くださいませ。






クリーニング、修理解説

ティンバーランド ブーツ丸洗い。 「クラブでドリンクこぼされてシミになりました… これってキレイになりますか?」と東京都のかたからご依頼。 ご覧のようにキレイになり、汗も抜けてサッパリしました。 往復の送料は御負担いただきますが、宅配便にてと送っていただければ喜んでご対応させていただきます! まずは、お問い合わせくださいませ。






クリーニング、修理解説

帽子のしみ抜きの事例です。 つばの裏側が、汗で変色してしまいました。 水洗い後、しみ抜きをしてキレイになりました。 このような事例は多いと思います。 お困りの際にはご相談ください。






クリーニング、修理解説

帽子のしみ抜きの事例です。 つばが黄色く変色してしまいました。 汗をかいたまま洗わないでいると、ビフォーのようになります。 通常の水洗いだけでは落ちなかったので、その後しみ抜きをしました。 キレイになったと思います。 このような事例は多いと思います。お困りの際にはご相談ください。






クリーニング、修理解説

変色シミのしみ抜きの事例です。 油分を多く含んでいるように思えたので、まずはその油分を分解する処理をしてから本格的なしみ抜き作業に移りました。 しみ抜き作業というのは、1ヶ所1ヶ所の作業になるので、これだけ多いと時間も料金もかかりますが、ちゃんと丁寧に正しい順序でしみ抜きすればキレイになります。 こちらのケースを参考にして、まずは変色する前に早めのクリーニングをお願いいたします。 そして、変色してしまってお困りの際にはご相談ください。






クリーニング、修理解説

自宅で洗ってしまって色が出てしまったブラウスです。 赤色が全体に染まってしまいました。 どんな染み抜きもお任せください。






クリーニング、修理解説

鞄のしみ抜き事例です。白い部分に変色シミが無数にありました。黒い部分の色が抜けないようにしみ抜きをし、その後丸洗いをしてキレイになりました。 このような事例でお困りの際にはご相談ください。






クリーニング、修理解説

変色シミの事例です。 クリーニングだけでは落ちないので、シミ抜きをしてキレイになりました。 このような事例でお困りの際にはご相談ください。