string(6) "埼玉" 埼玉のページ






クリーニング、修理解説

白いポリ綿のTシャツに広範囲のカビが出てしまい困ったお客さまがお持ちになりました。 制服だった為何とかして欲しいとの事でした。 原因は洗う前にビニール袋に入れて置いたのが原因とおもわれます。 これからはハンガーに掛けておく様にアドバイスしました。






クリーニング、修理解説

ジーンズ破れ修理 ダメージ感を残しつつミシンで細かくたたきました 裾については仕上げのチェーンステッチも可能です エイジングを楽しむジーンズにはミシン修理を加えいつまでも長く楽しみましょう!






クリーニング、修理解説

格闘技で使用するミットの持ち手破損の修理です。全て取り外し、新たに持ち手を作り直しました。取り付けも太めの糸を使用し頑丈にしました。 修理後は皮革合皮メンテナンスを行い除菌、消臭も致しました。






クリーニング、修理解説

ベースのシャツに別シャツのプリントを切り取り移植しました。好みのデザインをつけることでオリジナルの一着に生まれ変わります。
















クリーニング、修理解説

糸切れにより生地とファスナーがホツレてしまった事例です。 糸目が見えないようにするとかなり大ががりな修理になってしまうためなるべく目立たないように手掛けました。 お困り品は一度当店にご相談ください。






クリーニング、修理解説

ぬいぐるみの首もとのホツレの修理です。ほうっておくとドンドン広がってしまいます。気付いたらすぐにお直しをオススメします。
















クリーニング、修理解説

穴の空いてしまったスラックスの修理です。 同じ生地の共布を利用しました。 修理跡は残りますがしっかり穴をふさぎ、再び着用することができます。 諦める前に一度ご相談ください。






クリーニング、修理解説

着衣の擦れにより出来た毛玉をキレイにしました。 毛玉があるとないとでは洋服の印象も大きく変わっていきます。 是非、お試しください。











クリーニング、修理解説

アクアガードタイプのダブルファスナーの修理です。 劣化によるスライダーの破損でした。 通常のものですと交換が難しいため、特殊なものに交換しました。






クリーニング、修理解説

大切にされている革の手袋の経年による色落ちです。補色に加えて革への栄養も補給しました。色、ツヤともにしっかり上がりました。











クリーニング、修理解説

強い力がかかりベルトループが取れてしまいました。生地にもダメージがあったので補強をした上で再度取り付けました。











クリーニング、修理解説

スラックスの非常に大きな股破れです。 丁寧に一度バラしたあと補強布を充てて専用ミシンによる修理です。 修理跡は多少残りますが問題なく着られるようになりました。






クリーニング、修理解説

スキーパンツのポケット周りの生地の剥がれです。ボンディング加工の経年劣化によるものです。当店で新しく加工を加え、さらに強度を上げるためミシンステッチも加えました。






クリーニング、修理解説

ペンキが付いたズボンのしみ抜きの事例です。 このような状態でもしっかりしみ抜きすれば、きれいになります。 お困りの際は、諦めずにご相談ください。






クリーニング、修理解説

靴の内側部分の色ハゲ直しの事例です。 同じ色を作り出し、色修正しました。 色ハゲしたからといって諦める必要はありません。 お気軽にお問い合わせ下さい。






クリーニング、修理解説

つま先部分の色ハゲ直しの事例です。 同等の色を作り、色掛けして直していきます。最後にトップコートしていきますので、家庭でできる靴墨よりは断然長持ちします。 このようなケースでお困りの方はお気軽にご相談ください。






クリーニング、修理解説

ぬいぐるみクリーニングの事例です。 全体的に汚れていましたが、クリーニングしたことによりキレイになりました。 触り心地も良くなっております。 このような事例でお困りの場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。











クリーニング、修理解説

ファスナーの修理の事例です。 スライダーの劣化により閉めてもまた開いてきてしまうというケースです。このようなケースはスライダーを交換するだけで直ります。






クリーニング、修理解説

靴の丸洗いクリーニングの事例です。全体的に汚れていましたが、洗うことでキレイになり、さらに少し褪せていた色も復活しました。 また写真にはあまり写っていませんが、かかとの踏み曲がりも元に戻っています。 クリーニングでは、キレイにするだけでなく、形も整える工程もあります。型崩れした靴などにはオススメの方法です。






クリーニング、修理解説

セーターに大きく開いた穴を縫い込みという方法で直しました。 一本線が入りましたが、ほとんど目立たなくなりました。 強さもバッチリです。