string(21) "合成皮革の劣化" 合成皮革の劣化のページ






クリーニング、修理解説

合成皮革の劣化の復元は一般的にはできません。しかし、いくつかの特殊な技術と方法があります。服、全体的な劣化なら不可能ですが部分ならなんとか復元できる事もあります。成功確率は60%位です。 あきらめないでご相談ください。






クリーニング、修理解説

ダッフルコートのボタンのところは合成皮革が多いです。劣化でボロボロになってしまってしまいました。同じように今度は本革で作り直しました。またずっと愛着して頂けると思います。






クリーニング、修理解説

鞄の裏にかびがふいた!クリーニングできますか?とのお問い合わせですが、これは合成皮革の劣化による白化現象です。合成皮革復元技術でなんとかもとに戻りました。(手遅れのケースは張り替えになります。)











クリーニング、修理解説

ダッフルコートの紐は、合皮が多く、劣化すると気になりますね。 古い合皮を剥がして合皮に似た塗料を塗るだけで綺麗になるので、また使えますね。 革紐への交換も承ります。 1対あたり、〇〇〇円~で承っております。 金額につきましては、当店のホームページのブログにてご確認をお願いいたします。 塗装と革交換のどちらの修理が多いかというと、革への交換の方が多いです。やはり、革は高級感があり綺麗に直りますし、長持ちします。 今回は、「ちょっと目立たなくなればいいので、色塗りだけで良い。」という事例での修理のご案内です。 部分的に少しだけ使用されている合皮でしたら、色塗りで目立たなくなりますが、衣類全体の合皮の劣化は修復出来かねます。