string(6) "取手" 取手のページ
















クリーニング、修理解説

鞄で一番傷みやすいのは取っ手です。 ここだけボロボロになったからと使えないのはもったいない! 革を巻き、縫って、また使えるようになります。あきらめないでご相談下さい。











クリーニング、修理解説

ルイヴィトンのバックのハンドルがカサカサで細かなヒビがたくさん入っています。 良質な油分を入れ、ワックスをかけてよく磨き、かなり復活しました? ぬめ革はとくに正しいメンテナンスが必要です。ひびわれる前に大切な鞄、ぜひおまかせ下さい。






クリーニング、修理解説

鞄の取っ手の修理は大変多いです。 その中でも意外とこのような縁のはがれの修理依頼が多いです。 ウレタン樹脂をあつもりしているだけだからです。 次回はなりにくいように直せます。あきらめないでご相談下さい。






クリーニング、修理解説

鞄は最初に持ち手が傷みます。 使用の度に握るから当然でしましょう。 しかしここが合成皮革だと毎日もったら5年はもたない!本革でも10年はもたないでしょう。でもここだけ丈夫なレザーに替えればまたずっと使えるようになります!この方法はぜひお忘れなく!






クリーニング、修理解説

かばんの取手は傷みやすい、しかも合成皮革だと再起不能!しかし新しく丈夫な布に変えてしまえばまたずっと愛用できます。






クリーニング、修理解説

鞄が最初に傷むところは底と取手ですよね!合成皮革の取手は再生不可能なので丈夫な布地で作り直しました。これでずっとまたご愛用して頂けます。






クリーニング、修理解説

鞄の取手は最も汚れやすいところですよね。そして最もきれいになりにくいところでもあります!しかも今回はその中でも最もきれいになりにくいぬめ革の黒ずみです。なんとか特殊な方法でここまできれいになりました。なにをやってもきれいにならないケースは塗装や革の張り合わせなどの方法もありますからあきらめないでご相談ください。






クリーニング、修理解説

長年の使用で鞄の取手がボロホロになってしまいました。最初は取替をご希望でしたが高額になり、鞄のイメージも下がってしまうと思ったのでこの方法をご提案しました。鞄のイメージも良くなったと思います。これでまだまだずっと使って頂けると思います。














































クリーニング、修理解説

仕事で毎日着ている防寒ジャンバーのスライダーが割れてしまった、ファスナーが閉められなくて困った、というご相談。毎日着る物だけに消耗も激しいですし、なによりファスナーが締まらないことには寒い(笑)ですね。新しいスライダーに交換しました。






クリーニング、修理解説

オーストリッチ(OSTRICH)のバッグ。丁寧に使われているのが伝わります♡取手部分が黒ずんで来ているので、そこを重点的にシミ抜き♡洗い+栄養をたっぷり入れたら革本来のツヤ、匂いが復活です☆☆☆