string(24) "京都市右京区太秦" 京都市右京区太秦のページ






クリーニング、修理解説

定休日前の閉店間近の頃、緊急のご依頼をお受けしました。 「明日の式で着て行こうとして出して来た礼服にカビが生えていた。何とかならなりませんか」 礼服上着の内側の背中にびっしりとカビ!! 通常であれば当店独自の「防カビ防虫剤配合の全体クリーニング」などで以って、時間を頂いてしっかりカビ落し処置をするのですが、 今回は定休日前の閉店間近の御来店、そして着用される必要な時間帯から言ってそれでは間に合いません。 難しい状況でのそういう事も有って、何とかならないかと更に検品しましたところ、カビの発生は上着の裏地に集中していました。 そこでお客様の御同意を受けて閉店時間を過ぎていますが、緊急の応急処置として、この裏地のカビを除去する事をメインに直ぐに作業に取り掛かりました。 防カビ剤配合のクリーニング液で以って丹念に手作業でカビを拭き取ると言う作業で、 この様に綺麗スッキリと「カビ」を除去いたしました。 これを見て、お客様も大変喜んで下さり、こちらのご請求した処置料金よりも多めにお支払いくださいました。 明日以降、お時間を頂いて改めて全体のクリーニングをさせて頂きたい旨をお伝えしてお渡しして無事処置を終えました。 時間的に大変しんどい状況でしたが、ご満足いただける処置が出来て本当に良かったです。 礼服は日ごろ着用する機会が少なく、着用時間も比較的短く、色合いから見ても見た目の汚れが分かり難いです。 その為に「あまり汚れていないから」とお手入れされずにすぐにそのまま仕舞われる事が多いです。 そしてそのまま次に着用する機会まで結構時間が経過し、その間に今回の様な「カビ」の発生など汚れが顕在化、いざ着ようとした時に慌てる! と、言う事がよくあります。 ですので、やはり一度でも着用されましたら「見えない汚れが付いている!」とお考えになって早めに御手入れされる事をお勧めします。






クリーニング、修理解説

あるブランド品のダウンジャケットなんですが、長く着こみ続けていた為に汚れなどで袖などが「テカテカ」になっていました。 これを何とか出来るだけきれいにして欲しいと言うご依頼です。 そこで、当店独自の「ダウン製品」のクリーニングで中の羽毛も含めて汚れをしっかり落とします。 更にスレなどで酷く「テカッテ」いたのをこれも当店独自の「テカリ直し」の処置を施しました。






クリーニング、修理解説

ピンク色の可愛いダウンコート、その左前の裾辺りがストーブに触れてその熱で生地が熔けて穴が開いてしまって何とかならないかと言うお困り事のご依頼です。 穴を塞ぐ方法としては、生地を寄せて縫い込んだり、別の生地を張り付けるなど有りますが、かなり目立ってしまいます。 そこでご依頼のお客様と色々ご相談した結果、 チョット色違いですが、薄いピンク系の色の刺繍柄のアップリケをデザイン的に穴に合わして張り付けてみました。 単に生地を張り付けたり、縫い込むよりは、柄として見た目は良い感じになりお客様もご満足いただけました