string(9) "レザー" レザーのページ






クリーニング、修理解説

革ツナギのファスナー修理でのご依頼です。ファスナーを開け閉めしてもちゃんと閉まらないとのことでした。 本来このケースだと、ほどいて革専用のミシンで縫い付けてと、大変高額になります。 しかし、今回はエレメント(ファスナーの歯の部分)は無事で、傷んだスライダーのみの交換で済みましたので非常にリーズナブルな修理となりました! お手頃価格で直せるかもしれませんので、あきらめる前に一度ご相談下さい。






クリーニング、修理解説

バッグ色あせていませんか?「お気に入りだから捨てたくない」「高かったからもったいない」「色をはっきり、濃くしたい」「風合いをよくしたい」その悩み、ダークアップ加工で解決致します!ダークアップ加工とは、今回、婦人バッグをクリーニングと一緒にダークアップ加工で鮮やかに復活しました!布地から革製品まで対応しております 是非、一度お試しください。






クリーニング、修理解説

カビが生えてしまった紳士スエード革靴です。今回の事例は「隠れカビ」、カビ菌が根付いてしまったケースで適切な革靴クリーニング(丸洗い)だけでは残りますが、仕上げにもう一手間かけて落としました!カビが生えてしまっても諦めないでください!






クリーニング、修理解説

長財布の汚れをクリーニングしました。財布の表側は手垢、内側は小銭やお札やカード等で汚れています。一点ずつ丁寧ににクリーニングしております。お気軽にご依頼ください!






クリーニング、修理解説

お気に入り商品を使えば使うほど次第に消耗します。「ほつれ」もその一つです。ほつれをそのままにしておくとドンドン広がってしまうのをご存知ですか?ほつれが原因で使えない?なんて「もったいない!」そうなる前に当店の「低料金リペアサービス」をご利用ください!今回、婦人バッグの取手のほつれ修理でご依頼頂きました!熟練した職人が、丁寧にミシンで縫い直しました!






クリーニング、修理解説

レザージャケットの裏地が破れてきてしまいました。解いて作り直すと高額にならますから、お安くできる方法は裏地を上から縫い付けるという方法です。 表はなんともなくても裏地が裂けたり、破けてきたりします。 しかし、このような方法もありますからあきらめないでご相談下さい。











クリーニング、修理解説

ルイヴィトンのバックのハンドルがカサカサで細かなヒビがたくさん入っています。 良質な油分を入れ、ワックスをかけてよく磨き、かなり復活しました? ぬめ革はとくに正しいメンテナンスが必要です。ひびわれる前に大切な鞄、ぜひおまかせ下さい。





















クリーニング、修理解説

ムートンブーツが破れてしまいました。特殊な丈夫な細い糸で細かく縫います。ほとんど目立たなく直りました。あきらめないでお問い合わせください。











クリーニング、修理解説

靴ははいているうちに擦れたり傷んだり、色あせたりしてきますよね!当店のメンテナンスは発泡洗浄して汚れをおとし、カラークリームで栄養と色を補給し最後にトップコートして革の保護と艶の調整をします!だからきれいになるのです。











クリーニング、修理解説

紳士の靴にカビがはえてしまいました。丸洗い、クリーニングしてもカビのあとは薄くなりましたが消えません。リメイクコースで色をかけて目立たなくしました!






クリーニング、修理解説

レザージャケットが破れてしまいました。特殊な細い糸で特殊な縫い方で縫い、目立たなくなるように補色しました。着ていたらわからないレベルに直りました。
















クリーニング、修理解説

数十年は経っているアンティーククロコダイルハンドバッグ。持ち手の革が割れています。もうすぐで切れる、という状態でした。現在、クロコダイルの革は希少でたいへん高額です。同じような革をさがすのはたいへんです。お安くというご希望もありクロコダイル調の革で裏から補強し縫い直しました。