string(15) "ミシン修理" ミシン修理のページ






クリーニング、修理解説

ジーンズポケットの破れたところをミシン修理しました。 ポケット口は物を入れると引っ張られ弱ります。 特殊な糸を使って目立たなく丈夫に修理することができます(≧∀≦)






クリーニング、修理解説

大変よくある後ろポケットのサイドの破れです。大きな穴になっていたら裏から共布をあてミシン修理です。 しかしこのような穴ではなく破れやキズのようなケースは裏から縫い込み強力に接着修理です。 案外、目立たなく丈夫に直ります。 あきらめないでおまかせ下さい。






クリーニング、修理解説

スーツで最も力がかかり破れやすいのはズボンの股です。 しかし見えないところだから裏から布をあて丈夫にミシン修理すれば大丈夫です! またスーツで着られます。






クリーニング、修理解説

ジーンズの膝の破れてしまいました。 お尻や膝は力がかかるのでどおしても先に傷んでしまいます。ジーンズはエイジングにより魅力がましますよね! そんな最中、このような破れであきらめないで下さい。ジーンズリペアでまたはけるようになります!











クリーニング、修理解説

ズボンの股のところが破れてしまいました!裏から薄い綿の布をあて、細かくミシンで縫っていきます。意外と目立たなくもちろん丈夫に直りました。






クリーニング、修理解説

お気に入りのジーンズが破れてしまいました。裏から薄い綿の布をあて、同系色の糸で細かくミシンで縫っていきます。ダメージ感を活かした『ノーマル』ま、いうメニューで行いました。目立たなくもちろん破れはふさがり丈夫になり、また愛着できるようになりました。






クリーニング、修理解説

クラッシュデニムとして販売されているダメージジーンズは、少し生地が弱いこともあり、どんどん擦れたりして穴が広がってしまいます。お尻のダイアナ(大穴)は特に気になってしまいますね。綺麗にジーンズリペアしましょう。











クリーニング、修理解説

ジーンズの膝にある大きな穴です。ダメージジーンズはお洒落なアイテムですが、破れやすいですね。ミシン修理で穴を塞ぎます。(定番の方法によるものです)






クリーニング、修理解説

ころんでスラックスの膝が破れてしまいました。カケハギだと高額になりなるためミシン修理で行いました。できるだけきれいにとのご希望で、がんばりました!これならまたはいて頂けると思います。






クリーニング、修理解説

ズボンの膝の破れ修理です。カケツギではなくてミシン修理でお安く直しました。ミシン修理は基本的に目立ちますが今回はカケツギと大差ないくらいに修理できました。











クリーニング、修理解説

ジーンズの破れ修理のご依頼です。ジーンズは穴が空いているのも一つのファッションとして好まれていますが、空きすぎたら履けないケースもあります。そこで、修理(リペア)が必要になります。今回のケース、裏から布地をあて、ダメージを残しながらもミシンで縫いこんで仕上げました。











クリーニング、修理解説

上衣の衿が擦りきれて破れてしまいました。裏から布を入れ細かくミシン修理して丈夫に直しました。