string(9) "バック" バックのページ






クリーニング、修理解説

バッグにカビみたいな汚れが?・・・実はカビや汚れではありません! 合成皮革の劣化の症状の一つです。バッグを使っても使わなくても劣化はおきますが、今回のケース当店で復元出来ました! 是非、諦めないでお問い合わせください。











クリーニング、修理解説

鞄の色修正の事例です。 汚れていたのをご自分で擦って色が白っちゃけてしまいました。 色修正とダークアップ加工で目立たなくなりました。 このような事例でお困りの際にはご相談ください。











クリーニング、修理解説

カバンの内袋の修理事例です。 縁かがり縫い(ロック)がされていないために、beforeのような状態になってしまいました。 縫い代を十分に取って表から縫いました。 これでまた使用可能となりました。 今あるものを大切に。 お困りの際にはご相談ください。






クリーニング、修理解説

本革の黒のバッグです。 お客様から「スレている部分、黒くならないかしら?」とご依頼いただきました。 お預かりした時より全体的にも黒が濃くなり底部分等スレている部分も黒くなりお客様にも喜んでいただきました。 バッグのダークアップ加工、スレ等もお気軽にご相談ください。 よろしくお願い致します。






クリーニング、修理解説

皮革バッグのメンテナンスですが。 丸洗いしないで主に表面の汚れをキレイにします。 ベージュ等、淡色系は汚れが目立ちやすいです。 それでもキレイになります。 諦めずにご相談くださいませ。






クリーニング、修理解説

仕舞っていたバックを出してみたら、カビだらけ~~なんて事有りますよね。 しかもカチカチに皮革が硬くなってました。 クリーニング&メンテナンスでカビを取りキズを直し皮革も柔らかくなりました。 諦めないでご相談下さい。






クリーニング、修理解説

モノグラムのショルダーバッグ 全体的な汚れとヌメ革の部分の汚れが気になるとのご依頼です ヌメ革は染めてしまうと 経年変化しなり風合も変わります それに偽造品扱いになってしまい 当店ではモノグラム、ヴィトンの ブランドの価値も大切にしています ヌメ革は染めないで クリーニングでできるだけキレイにしました






クリーニング、修理解説

オーストリッチのカバンに入れていた 化粧水が漏れて バッグの中から表面まで貫通したシミに。 中から表面まで貫通したシミがいちばん厄介です クリーニングで化粧水を取り 革が黒く変色してしまっているため 色を混色して部分的に染めて目立たなくしてます






クリーニング、修理解説

シャネルのバッグの内側のカビです カビの影響で少し色もあせてます ブランド品は染めてしまうと偽造品扱いになります カビ取りクリーニング後、 染めないで ダークアップ加工という 特殊な加工で色あせも目立たなくしてます ブランドの価値も大切にクリーニングしてます


























クリーニング、修理解説

エルビシャプリエのバッグの表面に赤い色がついてます なかなか赤い色が取れてくれなく苦戦しましたが染み抜きクリーニングでキレイになりました






クリーニング、修理解説

ヴィトンのバッグの色あせ クリーニング後ダークアップ加工をしたら だいぶ目立たなくなりました ダークアップ加工は 染めるのではなく 特殊な加工をして色を濃くします






クリーニング、修理解説

革のカバンにシミがついてかなり時間が経過してしまい シミは変色して身体のホクロやシミのように 洗っても落ちない状態です クリーニングで表面をキレイにして 染めて目立たなくしました





















クリーニング、修理解説

プラダのレザーバッグ 気になる汚れをゴシゴシしたら 色ハゲになってしまった事例 革はゴシゴシすると脱色しやすいです 気になるシミ汚れはプロにご相談くださいね











クリーニング、修理解説

革のショルダーバッグにシミを発見して シミを取ろうとしてゴシゴシしたら 色が抜けてしまった事例 クリーニングをしてキレイにしてから 色が抜けてる部分を染めて 目立たなくしてます


























クリーニング、修理解説

エルメスのバッグの白カビ 白カビは水拭きすると その場は消えるように見えますが 数日経過すると 水拭きした水分でさらにカビるケースがあります 当店のカビ取りクリーニングは カビ菌をしっかり除去してから クリーニングしてますので あとから、カビは浮き出てきません