string(12) "セーター" セーターのページ






クリーニング、修理解説

セーター 袖 脱毛の修理です。 擦れてしまったのか?虫食いなのか?起毛部分が欠落した状態です。数箇所ありました。植毛技術で分からなくなりました。ストレス無く着用していただけると思います。サッパリきれいになりました。あきらめずにご相談ください。スッキリ解決します (o^^o)






クリーニング、修理解説

油性ペンキを少しずつ溶かしながら除去しました。 今回は無事キレイに出来ましたが、生地によってはペンキを溶かすシミ抜き剤が繊維を痛めたり、繊維まで溶かして穴をあけてしまうため、不可能なこともあります。 ペンキの種類や繊維など確認しますので、一度ご相談下さいませ。






クリーニング、修理解説

ウール セーター バック色移りの染み抜きです。革製バックと服が擦れて染料が生地に付いてしまうケースはよくあります。今回は腰のリブ部分を中心に袖にも付着したいました。サッパリきれいになりました。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します。お任せください ( ^ω^ )






クリーニング、修理解説

ウールセーターに虫食い?と思われる穴です。(画像は袖の中に白紙を入れて穴を分かりやすくしてあります)業務用の細い糸でかがって補修します。完成後はどこを修理したかわからないほどです。かけはぎのような修理方法に比べて格安料金でできます。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します(^ ^)






クリーニング、修理解説

まだまだ、着れるのに色あせてしまったセーターなどありませんか?もう諦める必要はありません 色あせ加工(ダークアップ加工)で再び色鮮やかに復元出来ます。この加工は、同様に風合いや質感も向上する(しっとり、サラッとした感じ)リンス効果も持続します!まずは、お気軽にお問い合わせください!











クリーニング、修理解説

セーターに空いた穴の修理をしました。そのまま置いておくと大きくなることがあるので、お早めにご相談くださいませ。





















クリーニング、修理解説

ニットの穴あき修理です。 ニットの穴が大きくならないうちに、早目のお直しをお勧めします。 目をしっかりと拾っていますので、解れてくることはありません。














































クリーニング、修理解説

セーターの穴を修理しました。編み直しほどキレイではありませんが、お手軽にお安く穴を塞ぐことができます。穴はじわじわと大きくなるのでお早めにご相談くださいませ。