string(12) "セーター" セーターのページ































クリーニング、修理解説

セーターの穴を修理しました。編み直しほどキレイではありませんが、お手軽にお安く穴を塞ぐことができます。穴はじわじわと大きくなるのでお早めにご相談くださいませ。


































































クリーニング、修理解説

セーターの脇に空いてしまった穴を修理しました。脇は、汗をかきやすいところなので湿度が極端に高くなり、加えて常に擦れたり力がかかったりすることで大変傷みやすい部分です。一日着たら休ませたりと配慮が必要ですが、それでも生地が薄くなったり穴が空いたりしてしまいます。そのような箇所を見つけたら、お早めにご相談くださいね。





















クリーニング、修理解説

綿のセーターを長期間放置していたら、全体が変色してしまった。 なんとか取って欲しいとのお客様からのご依頼を受け、処理したところ、こんなにキレイになりました。






クリーニング、修理解説

セーター、カーディガンが最も傷むところは脇です。毎日擦れているから当然でしょう。 しかしこのような穴があいてしまっても低料金直りますからあきらめないでご相談下さい。






クリーニング、修理解説

セーターのリブ編みのところに大きな穴が数カ所できてしまいました。 特殊な細い糸で編むようにかがる技術でほとんどわからなく直りました。 どんな大きな穴や破れの修理もあきらめないでおまかせ下さい。 品物により目立つものもありますが穴は必ずふさがります。






クリーニング、修理解説

バーバーリーのセーターは薄くても暖かい!しかし薄さゆえ、よく糸引きが生じます。また破れも多いです。虫食いも起こりやすい。しかし直ります。 多少あとは残りますがまた愛着して頂けると思います。