string(15) "スラックス" スラックスのページ






クリーニング、修理解説

穴の空いてしまったスラックスの修理です。 同じ生地の共布を利用しました。 修理跡は残りますがしっかり穴をふさぎ、再び着用することができます。 諦める前に一度ご相談ください。


























クリーニング、修理解説

強い力がかかりベルトループが取れてしまいました。生地にもダメージがあったので補強をした上で再度取り付けました。






クリーニング、修理解説

埋め込み式のホックが生地が破れたためグラグラになってしまったの事。ホック以外はどこも傷がないため直して欲しいとのご依頼です。ホックもそのまま再利用してお直し完了♪






クリーニング、修理解説

そでぐりの破れ。この場所しか破れていないので傷を閉じて欲しいとの依頼でした。少々補正の箇所が目立つけどしっかり補強しておきました。
















クリーニング、修理解説

流行りの巾がありますが、巾詰めの直しで細いデザインにも直せたりします。 股もウエストも、つめています。
















クリーニング、修理解説

パーカーのファスナーが、閉まらなくなっていましたが、部分的に交換する事で、また閉まるようになり、気持ちよく着ることができるようになりました。 ファスナー部分交換











クリーニング、修理解説

ズボンのお尻がスレて生地が薄くなっているものを直しました。完全には穴にはなってなかったので裏から補強するための布を接着しました。






クリーニング、修理解説

綿 スラックス もも内側の染み抜きです。 濃いめの生地色なのに更にクッキリはっきりと広くついたシミです。サッパリきれいになりました。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します (^ν^)






クリーニング、修理解説

ウール スラックス ポケット口の破れです。画像では、分かりやすくするために物差しを穴に通しました。修繕後は穴もしっかりと塞がり、安心して気持ちよく着ていただけます。サッパリきれいになりました。スッキリ解決します。おまかせ下さい(*^^*)











クリーニング、修理解説

ウール紳士スラックスの尻部分に酸化したシミです。衣類の背中側に付いたシミは気がつかないでそのままになってしまい時間の経過で酸化してしまうこともあります。また、何がついたか分からないことがほとんどです。サッパリ綺麗になりました。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します (^_^)v
















クリーニング、修理解説

ズボンの穴を修理しました。おそらく虫食い穴だと思われます。修理技術の最高峰、かけつぎ修理と比べたら跡は残ってしまう簡単な修理ですが、その分費用は安く抑えられます。































クリーニング、修理解説

大変よくある後ろポケットのサイドの破れです。大きな穴になっていたら裏から共布をあてミシン修理です。 しかしこのような穴ではなく破れやキズのようなケースは裏から縫い込み強力に接着修理です。 案外、目立たなく丈夫に直ります。 あきらめないでおまかせ下さい。