string(15) "ジャンバー" ジャンバーのページ






クリーニング、修理解説

ジャンパーファスナー修理承ります。 ファスナーが壊れて諦めていませんか? ファスナー修理、交換、また着れるようになります。 エレメント(レール)が破損していなければ、 全部交換しなくても安価で直るケースが多々あります。まずはご相談下さいね。
















クリーニング、修理解説

ダウンジャンバーの破れ修理です。 裏側だったので少々目立っても良いと言うことで、接着修理しました。 修理の方法も色々有ります。 ダウンの穴あき直ります。 ご相談ください。





















クリーニング、修理解説

ニットジャンパーのファスナーのスライダー取り替えです。 大切にされていたジャンパーだったので、諦めていたファスナーが直ってお客様は大変喜ばれました。






クリーニング、修理解説

作業ジャンバーの袖がほつれ、中綿が飛び出てていたので修理しました。ちょっとしたほつれでも段々と広がってきます!ほつれや破れを見つけた時はお早めにご相談くださいね!






クリーニング、修理解説

クリーニングとリペアのお店 ニューサンクリーニングです。 コートの裏地の擦り切れのご依頼です。 丈夫な別布を上から縫い付けリペアしました。 お気に入りの衣類ほど擦り切れ、キズ、ありますよね。 諦めずにニューサンクリーニングにご相談ください。






クリーニング、修理解説

衣類の消耗によって縫い目も弱りほつれてしまいます。そんなほつれをそのままにしておくとドンドン広がってしまいますよ。そんな時、当店のほつれ修理にお任せください!今回、革ブルゾンの腕部分のほつれ修理でご依頼頂きました。まず、裏地を解いてミシンで丁寧に縫い直し致しました‼︎お気軽にお問い合わせください‼︎






クリーニング、修理解説

止水タイプのファスナーが閉まらなくなってしまいました。特殊なスライダーですが取り寄せなんとかお安く直せました。。特殊なファスナーもあきらめないでご相談ください!











クリーニング、修理解説

合成皮革は3年から5年で劣化が始まりますが最初に劣化するところはやはり襟です。他はなんともなくまだ着たいとのこと。襟に本革を上からの縫い付け、違和感なくまた着られるようになりました。


































































クリーニング、修理解説

白いブルゾンが、全体的に黄ばんでいました。通常のクリーニングでは全く落ちませんので、まず、ドライクリーニングで油汚れを落として→漂白を使って復元加工を行ないキレイに仕上がりました。