string(6) "カビ" カビのページ






クリーニング、修理解説

白いスカートです。素材はレーヨンとポリエステル。それにポリウレタンが入っています。全体に茶色いポツポツが、カビっぽいです。漂白して、綺麗になりました。











クリーニング、修理解説

シャネルのバッグの取手根元から帯状に広がるシミや黄変。実はこのシミの出ている裏側には形崩れ防止のための型紙が入っていました。薄いコルク板の様な、硬い段ボールのような… これが湿気を含んで色が滲んだり、カビを発生させたりしていたようです。そして長期保管中にそれがシミになったと思われます。 水に漬けると裏から色が出そうだったので、表面から部分的なシミ抜き&漂白を少しずつ行いました。何度も作業を繰り返し全体的にキレイになったと思います。また使えるレベルにまでいったのではないでしょうか。作業にあたってはいろいろなリスクがありましたので、お客様に了承いただいての作業でした。おかげさまで何とかやり切ることができました。











クリーニング、修理解説

シルクのブラウスの保管中に発生したシミを除去しました。おそらくカビが生えたあと黄色く変色したもので、写真ではリボンの部分ですが実際には全体的にシミが発生しておりました。非常にデリケートなシルクなので慎重に作業し、なんとかしみ抜き完了です。






クリーニング、修理解説

ビジネスバックのクリーニングをしました。このバックの持ち主のお客様は、みかんをサイドポケットに入れたまま忘れてしまったようで、つぶれてカビが生えていたのでそちらもキレイにしました!ビジネスバックはお仕事でハードに使われがちなので、たまにはメンテナンスも兼ねてクリーニングがオススメです。しかし、洗うことを想定されずに作られたバックも少なくなく、そういった商品の芯地には厚紙が使われているのがほとんどで、洗うと大きく型崩れしたり波打ちが発生することがあるので要注意です。、ケースバイケースで対応させていただくので、ご相談くださいませ。






クリーニング、修理解説

カビてしまった礼服の処理を行いました 着ようと思ったらカビていて困った経験のあるお客様も多いかと思います そんな時は一度当店にご相談ください






クリーニング、修理解説

大量のカビが生えてしまったスーツを処理しました。ずいぶん前の飲み会の後に、クリーニングせずそのままクローゼットにしまい込んでしまっていたようです。最近ではカビや虫食いのご相談が多いです。これはコロナ禍で外出着の出番が減ってしまい、クローゼットなどにしまいこんだままになっていることが原因かと思われます。ですので、定期的に点検と風通し、着た後に次に着る機会が先になりそうならクリーニングしてから収納されることをオススメいたします。











クリーニング、修理解説

帽子にカビが生えてたのをカビ取りしました。帽子は汗や皮脂の汚れ、排気ガスや飲食店などの油を含んだチリなど多くの汚れにさらされています。汚れが付いたまま置いておくとカビが生えたり、変色したり、汚れやにおいが取れにくくなってしまうのでご注意下さい。











クリーニング、修理解説

しばらく使わずに仕舞っておいた革の鞄にカビが生えちゃったとお持ちになりました。 革の靴や鞄は湿気でカビが生えやすい小物です。 鞄が洗える?!と知ってもらうことで 捨てる前にクリーニング&メンテナンスで蘇ります(≧∀≦) お手入れしだいで長く愛用いただけます。






クリーニング、修理解説

ブーツに白カビが全体に生えてしまい落として欲しいと持ち込まれました。 Beforeの写真を撮る前に作業をしてしまい、カビがほとんど見えませんが 、綺麗になったブーツを見て「新品みたい!!!☆彡」と喜んでいただきました(≧∀≦) 湿気によるカビは革が大好きです (゜o゜; 靴箱を開けてビックリ(>_<)して捨ててしまう前にご相談ください(^^)v









































クリーニング、修理解説

スエードの革靴のカビ! 丸洗いしてもとれなかった! 丸洗いしてとれるのは表面上のカビのみです。中に根っこを生やしています。 これを取り除くことは不可能です。 しかし目立たなくし、もうカビが生えてこないようにメンテナンスすることは可能です。(どおしてもカビの跡が消えないものもあります) あきらめないでご相談下さい。






クリーニング、修理解説

カビにやられてしまったブーツ、 丸洗い&メンテナンス&抗菌、消臭加工できれいに復活しました! カビにやられてしまってもあきらめないでご相談下さい。











クリーニング、修理解説

お客様はカビが生えてしまった! とのこと。 しかしこれは裏地の合成皮革の劣化による白く粉がふいたようになる現象です。これは塩化ビニールのケースです。 ベトベトになるポリウレタンのケースは復元できず張り替えになる事が多いですが、このようなカビが生えたような白くなっている塩化ビニール製の裏地の場合は合成皮革復元加工で直るケースが多いです。合成皮革の寿命は短い(3年から10年位)といわれていますが再生できる事も多々あります。 あきらめないでご相談下さい。





















クリーニング、修理解説

久しぶりにお気に入りの靴を履いて行こう♪と思って靴を出したらカビが生えていた!(>_<)なんてことありませんか?当社では、お急ぎの場合もできる限りお客様のご要望にお応えします!!写真の革とスエード素材のパンプスも全体にカビが生えていました。専用洗剤と柔軟剤を使って優しく丁寧に手洗いし、最後はオゾンによる抗菌・消臭作業を行い仕上げました。見た目も臭いもすっきりさせてまた気持ちよく履きましょう♪♪♪