「合成皮革」の検索結果 64 件
内容解説

合成皮革の劣化で艶がなくなり、ヒビ割れまでできているスニーカー、通常は寿命ですが特殊な新技術でキレイに復活できました。 もちろん底の加水分解や他にもできないケースはありますが、いろいろできるようになってきています。 あきらめないでご相談下さい。

内容解説

従来不可能とされてきた合成皮革復元!かなりできるようになったきました。※ソールの加水分解は不可能、全てができるこたはありません。 今回のスニーカーもしっかり復元できました。 合成皮革の劣化あきらめないでご相談下さい。

内容解説

ウール セーター バック色移りの染み抜きです。革製バックと服が擦れて染料が生地に付いてしまうケースはよくあります。今回は腰のリブ部分を中心に袖にも付着したいました。サッパリきれいになりました。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します。お任せください ( ^ω^ )

内容解説

バック 内側 ベトつきの修理です。外側の皮革はきれいな状態なのに内側がベタベタになって使えなくなったり、捨ててしまった経験のある方は多いかと思います。修理の方法は①もう一度ウレタンコーティングを施す②布張りに変えてしまう等が有ります。今回はサイドポケット内も含めて布張りにしました。サッパリきれいになりました。あきらめずにご相談下さい。スッキリ解決します。お任せください (^_−)−☆

内容解説

ボンディング加工が施されている商品は、表面がハリがあってクールでカッコ良いです。 布と布とを接着剤で張り付けているため経年劣化で剥がれてしまい気泡のようにブクブクになってしまうことがあります。 ピシッと直してみました。 お困りごとご相談下さい。解決します (^_^)

内容解説

バックの裏地交換です。表は皮なんですが、裏地が合成皮革を使用しています。経年劣化で裏地がボロボロなので交換して欲しいとの依頼です。綺麗になりました。

内容解説

バーバリーブルーレーベルのダウンコートの肩の合皮が剥がれてしまいました。 劣化した合皮を剥がし、ラム革を肩とポケットに縫い付けました。 金額は合皮を剥がしたり革の縫いつけ修理となり、手間がかかるために高額になります。 お品物の値打ちと比較して、似合う金額の品物の修理ならば修理も良いと考えます。 肩の部分とポケットの部分的な合皮を革へ交換という修理範囲が比較的狭い事例のため、修理をさせていただきました。 衣類全体の合皮の劣化や、これ以上範囲の広い革への交換は出来かねます。 合皮の修理は、悩んでいる方が多いのですが、問い合わせをいただいてもお断りすることがほとんどです。 事例に近い部分的な修理のみが対象で、修理金額は高額になることをご理解いただき、ご相談くださいませ。 金額はこちらのサイトでは公平性がなくなるため書けませんので、当店のホームページの交換事例をご覧くださいませ。

内容解説

ご覧のように、劣化、破損してしまった合成皮革も、再生できるよになりました。大切なお召し物、また復活させませんか?(^^)

内容解説

スニーカー クリーニング お仕事で活躍しているスニーカー  カラーリング液のシミが付いてしまいましたが 丸洗いでここまで落とすことができました! プラスにメンテナンスすることで長~く愛用することも可能です。 ひび割れが起こってしまうと修復ができません(>_<) そうなる前にクリーニング&メンテナンス(≧∀≦)

内容解説

通常は不可能ですが 合成皮革を復元できる技術ができました!【区分けされた部分なら!】 これが条件です。 全体的な劣化は不可能です。 しかし、下地が崩れてきていない初期なら復元できます。 あきらめないでご相談下さい。

内容解説

高級バックにも使われている塩ビレザーは丈夫ですね!しかし擦れて、色はげだけでなく、破れてしまいました! しかし、合成皮革修理もできます。 もちろん色かけして、意外と目立たなく直ります。 塩ビレザーのバックもあきらめないでご相談下さい。

内容解説

合成皮革の劣化の復元は一般的にはできません。しかし、いくつかの特殊な技術と方法があります。服、全体的な劣化なら不可能ですが部分ならなんとか復元できる事もあります。成功確率は60%位です。 あきらめないでご相談ください。

内容解説

お客様はカビが生えてしまった! とのこと。 しかしこれは裏地の合成皮革の劣化による白く粉がふいたようになる現象です。これは塩化ビニールのケースです。 ベトベトになるポリウレタンのケースは復元できず張り替えになる事が多いですが、このようなカビが生えたような白くなっている塩化ビニール製の裏地の場合は合成皮革復元加工で直るケースが多いです。合成皮革の寿命は短い(3年から10年位)といわれていますが再生できる事も多々あります。 あきらめないでご相談下さい。

内容解説

ベルスタッフの衿がベタベタになってしまいました。素材の寿命で、どこも対応して頂けないとのこと。 当方の合成皮革復元ノウハウでこのように直りました。 風合いは多少変わりますがきれいに復元できました。 また愛着して頂けると思います。

内容解説

鞄の合成皮革の裏地が劣化でベタベタになってしまいました。 丈夫な布に張り替えしました。 これでもう安心して中にものを入れられます。合成皮革は5年以内にまた劣化しますが丈夫な布は10年以上は大丈夫です。 鞄の裏地が劣化してきてもあきらめないでご相談下さい。

内容解説

かばんの取手は傷みやすい、しかも合成皮革だと再起不能!しかし新しく丈夫な布に変えてしまえばまたずっと愛用できます。

内容解説

鞄が最初に傷むところは底と取手ですよね!合成皮革の取手は再生不可能なので丈夫な布地で作り直しました。これでずっとまたご愛用して頂けます。

内容解説

バッグの内側に使用されていた合成皮革が経年劣化によりハガレ・ベトつきをおこしていました。クリーニングで除去し、ベトつきもほとんど残らず落とすことができました。基布がしっかりしていたので、このまま永く使えそうです(^。^)

内容解説

ダッフルコートのボタンのところは合成皮革が多いです。劣化でボロボロになってしまってしまいました。同じように今度は本革で作り直しました。またずっと愛着して頂けると思います。

内容解説

合成皮革の製品の寿命は3年から5年といわれています。しかし部分だけなら合成皮革復元技術があります。元通りとはいきませんが復元できます。全体的なら不可能です。またキレイに、違和感なく、元通りとのご希望には対応できません。それでもよいのでなんとかならないですか?と、いう方にはお受けしている裏メニューです。あきらめるまえにご相談ください。

内容解説

年期の入ったレザージャケットはよいエイジングです。しかし色ハゲがひどくムラやシミが目立つためなんとかしてほしいとのこと。エイジングはなるべく消さず薄い補色の色かけでよい感じにメンテナンスできました。