事例解説

「お店の詳細を見る」から
お気軽にお問い合わせ下さい*^o^*

この写真の所属カテゴリー
お直し | クリーニング | コート | 修理 | 愛媛県 | 松山市 | 砥部市 | 穴あき | 穴修理 | 虫舐め |
X

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メールアドレス (確認用)(必須)

    題名

    メッセージ本文

    参考画像がありましたらお送りください

    ※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。


    お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
    メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。

    クリーニング、修理解説

    ダウンコートの上下開きのファスナーの持ち手が取れてしまっていました。 エレメント部分は壊れていないのでスライダーを上下新しい物に取り替えれば大丈夫なのでお安く直す事が出来ました。 ファスナーの修理で対応出来ない場合はファスナーを全取り替えも致します。

    クリーニング、修理解説

    ペンキの乾いてないところにすがってしまったようでベットリと広範囲に着いてしまっています。範囲が広く大変でしたが、何とかすべて除去できました!

    クリーニング、修理解説

    ポリエステル製コートの破れ直しの事例です。 裏から共布を特殊接着フィルムで接着し直しました。 ポリエステル製はかけはぎ修理はできません、ミシン修理では目立ち過ぎます。 以上のことから、この接着修理の方法しかないでしょう。 当店では、このようなイージーリペアをご提供しております。 お困りの際はご相談ください。

    クリーニング、修理解説

    色が濃いものは着用していると 少しずつ色褪せが目立ってきますね 従来は染めるしかなかったのですが 特殊加工、ダークアップ加工で良くなります

    クリーニング、修理解説

    ダッフルコートの紐が外れてしまったという事例です。今回のケースは、縫い糸がほつれて外れてしまったので、再度縫い直すことで直りました。 ダッフルコートの紐が切れてしまったり、合成皮革でボロボロになってしまっても、再度、布や本革で作り直すこともできるので、あきらめずご相談ください。

    クリーニング、修理解説

    ダッフルコートの紐を取替えしました。 紐が合成皮革の場合には、どうしても劣化してしまいます。画像のように切れてしまったりします。 皮革の紐を付け替える事で劣化の心配がなく、長く愛着して頂けます。

    クリーニング、修理解説

    カシミヤコートの虫食いのお直しです。 殆どわからないくらいにお直し完了です。 穴が開いてしまっても大丈夫。 衣類の事はお任せ下さい。

    クリーニング、修理解説

    綿 DISELのコート 放置していたそうで、全体にカビの状態です。サッパリ綺麗に落ちました。お気に入りのお洋服あきらめずにご相談ください。スッキリ解決します(^_^)

    クリーニング、修理解説

    コート全体的に着込んだ感じで、襟元、袖口の汚れが目立ちました。全体スッキリ綺麗に落ちました。お気軽にご相談ください。スッキリ解決します ٩(^‿^)۶

    クリーニング、修理解説

    ナイロン ダウンコート全体によく着込んだ感じのお品物でした。特に袖口や襟元が目立って汚れていました。スッキリ全体的に綺麗になりました。諦めずにご相談ください。スッキリ解決します (^-^)

    クリーニング、修理解説

    綿コートの袖に古いシミです。酸化が進んでくすんだ黄色になっていましたが、スッキリ綺麗になりました。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します (^-^)

    クリーニング、修理解説

    撥水加工を施しておけば、水分や汚れから 大切なお洋服や靴等を守ることができます。 雨の日の不快感やうっかり食べこぼしなど ガードします。 アウトドア、スキー&スノボードウェアや用品にも最適です。 お気軽にご相談下さい。解決します (^_^)

    クリーニング、修理解説

    紺コートの所々に白く色が抜けた部分が見られます。原因はカビか何かだと思います。洗ってから色を掛け、目立たなくなりました。

    クリーニング、修理解説

    モンクレールのダウンコートなんですが襟周りがファンデーションで汚れていました。 このまま収納してしまっては汚れが落ち難くなるだけでなく、生地の変色など、来シーズン気持ち良く着ることが出来なくなります。 防虫・防カビ・抗菌剤配合の特殊洗剤を用いる当店独自の「仕舞洗い」で汚れ落とし襟だけでなく中の羽毛も含めて衛生的にスッキリキレイにふっくらと! これで収納、来シーズンも気持ち良く着て頂けますね!

    クリーニング、修理解説

    あるブランド品のダウンジャケットなんですが、長く着こみ続けていた為に汚れなどで袖などが「テカテカ」になっていました。 これを何とか出来るだけきれいにして欲しいと言うご依頼です。 そこで、当店独自の「ダウン製品」のクリーニングで中の羽毛も含めて汚れをしっかり落とします。 更にスレなどで酷く「テカッテ」いたのをこれも当店独自の「テカリ直し」の処置を施しました。

    クリーニング、修理解説

    ピンク色の可愛いダウンコート、その左前の裾辺りがストーブに触れてその熱で生地が熔けて穴が開いてしまって何とかならないかと言うお困り事のご依頼です。 穴を塞ぐ方法としては、生地を寄せて縫い込んだり、別の生地を張り付けるなど有りますが、かなり目立ってしまいます。 そこでご依頼のお客様と色々ご相談した結果、 チョット色違いですが、薄いピンク系の色の刺繍柄のアップリケをデザイン的に穴に合わして張り付けてみました。 単に生地を張り付けたり、縫い込むよりは、柄として見た目は良い感じになりお客様もご満足いただけました