事例解説

従来不可能とされてきた合成皮革復元!かなりできるようになったきました。※ソールの加水分解は不可能、全てができるこたはありません。 今回のスニーカーもしっかり復元できました。 合成皮革の劣化あきらめないでご相談下さい。

この写真の所属カテゴリー
クリーニング | スニーカー | メンテナンス、 | リフォーム | リペア | レッツリフォーム | 中区 | 加水分解 | 合成皮革 | 合成皮革復元 | 洋服靴鞄リフォームセンター | 浜北 | 浜北区 | 浜松 | 浜松市 | 磐田 | 磐田市 | 袋井 | 袋井市 | 静岡県 | 高柳 | 高柳光生 |
X

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メールアドレス (確認用)(必須)

    題名

    メッセージ本文

    参考画像がありましたらお送りください

    ※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。


    お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
    メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。

    クリーニング、修理解説

    合成皮革の劣化で艶がなくなり、ヒビ割れまでできているスニーカー、通常は寿命ですが特殊な新技術でキレイに復活できました。 もちろん底の加水分解や他にもできないケースはありますが、いろいろできるようになってきています。 あきらめないでご相談下さい。

    クリーニング、修理解説

    従来不可能とされてきた合成皮革復元!かなりできるようになったきました。※ソールの加水分解は不可能、全てができるこたはありません。 今回のスニーカーもしっかり復元できました。 合成皮革の劣化あきらめないでご相談下さい。

    クリーニング、修理解説

    バーバリーブルーレーベルのダウンコートの肩の合皮が剥がれてしまいました。 劣化した合皮を剥がし、ラム革を肩とポケットに縫い付けました。 金額は合皮を剥がしたり革の縫いつけ修理となり、手間がかかるために高額になります。 お品物の値打ちと比較して、似合う金額の品物の修理ならば修理も良いと考えます。 肩の部分とポケットの部分的な合皮を革へ交換という修理範囲が比較的狭い事例のため、修理をさせていただきました。 衣類全体の合皮の劣化や、これ以上範囲の広い革への交換は出来かねます。 合皮の修理は、悩んでいる方が多いのですが、問い合わせをいただいてもお断りすることがほとんどです。 事例に近い部分的な修理のみが対象で、修理金額は高額になることをご理解いただき、ご相談くださいませ。 金額はこちらのサイトでは公平性がなくなるため書けませんので、当店のホームページの交換事例をご覧くださいませ。

    クリーニング、修理解説

    袖口のベルトに合成皮革が付いていましたが、経年劣化で剥がれています。直して目立たなくなりました。

    クリーニング、修理解説

    ご覧のように、劣化、破損してしまった合成皮革も、再生できるよになりました。大切なお召し物、また復活させませんか?(^^)

    クリーニング、修理解説

    デニムシャツの衿を綿から合成皮革にしてみました。 衿を取り替えるのではなく、綿を合成皮革にする特殊技術です。 部分的なら可能です。 全体的には不可能です。 こんな技術も開発されていることをお伝えします。 楽しいリメイクができると思います。あなたのアイデアお聞かせ下さい。

    クリーニング、修理解説

    通常は不可能ですが 合成皮革を復元できる技術ができました!【区分けされた部分なら!】 これが条件です。 全体的な劣化は不可能です。 しかし、下地が崩れてきていない初期なら復元できます。 あきらめないでご相談下さい。

    クリーニング、修理解説

    高級バックにも使われている塩ビレザーは丈夫ですね!しかし擦れて、色はげだけでなく、破れてしまいました! しかし、合成皮革修理もできます。 もちろん色かけして、意外と目立たなく直ります。 塩ビレザーのバックもあきらめないでご相談下さい。

    クリーニング、修理解説

    合成皮革の劣化の復元は一般的にはできません。しかし、いくつかの特殊な技術と方法があります。服、全体的な劣化なら不可能ですが部分ならなんとか復元できる事もあります。成功確率は60%位です。 あきらめないでご相談ください。

    クリーニング、修理解説

    バッグの内側に使用されていた合成皮革が経年劣化によりハガレ・ベトつきをおこしていました。クリーニングで除去し、ベトつきもほとんど残らず落とすことができました。基布がしっかりしていたので、このまま永く使えそうです(^。^)

    クリーニング、修理解説

    合成皮革の製品の寿命は3年から5年といわれています。しかし部分だけなら合成皮革復元技術があります。元通りとはいきませんが復元できます。全体的なら不可能です。またキレイに、違和感なく、元通りとのご希望には対応できません。それでもよいのでなんとかならないですか?と、いう方にはお受けしている裏メニューです。あきらめるまえにご相談ください。

    クリーニング、修理解説

    鞄の中にカビがはえてしまいました!いえ、これは合成皮革の劣化による白化現象です!下地が崩れているケースは復元困難ですがなんとか合成皮革復元技術で直るケースもあります!手遅れなケースも多々あります、しかし張替というコースもありますからあきらめないでご相談ください!

    クリーニング、修理解説

    合成皮革は3年から5年で劣化が始まりますが最初に劣化するところはやはり襟です。他はなんともなくまだ着たいとのこと。襟に本革を上からの縫い付け、違和感なくまた着られるようになりました。

    クリーニング、修理解説

    合成皮革の婦人靴のお手入れでお預かりしました。合成皮革は3年ぐらいで劣化が始まる素材ですが、メンテナンスで復元することによって劣化を遅らせることができます。今回、中敷交換も行ないました。

    クリーニング、修理解説

    鞄の裏にかびがふいた!クリーニングできますか?とのお問い合わせですが、これは合成皮革の劣化による白化現象です。合成皮革復元技術でなんとかもとに戻りました。(手遅れのケースは張り替えになります。)

    クリーニング、修理解説

    ブーツの内側の合成皮革が劣化していました。合成皮革は生地に合成樹脂を塗って加工してあり3〜5年ぐらいで劣化します。劣化の症状がひどくなければ、まずは抑える事が可能です。今回のケースは下地が崩れていなかったので、合成樹脂を塗り復元しました。同時に磨き(メンテナンス)コースで汚れを落とし、プロの磨き仕上げで革本来の艶も蘇りました!

    クリーニング、修理解説

    合成皮革のカバンが劣化でカビが生えてしまったようになりました。(カビではなく剥離現象です)合成皮革復元ノウハウできれいに直りました。

    クリーニング、修理解説

    バックの取手に使われている合成皮革の劣化より触っただけで全体的にベタつき、爪でボロボロ取れてしまいます。合成皮革は、3~5年ほどで劣化し始めます。通常は症状的にお断りコースですが、また使える様になりますか?と言うご依頼ですので、当店からの提案で劣化してるところに本革巻きました。

    クリーニング、修理解説

    合成皮革のサンダルのかかと部分が剥がれていました。同じ合成皮革の色を作り復元しました。合成皮革は3~5年経つと劣化しますが、当店では復元が可能です。