事例解説

デニムシャツの衿を綿から合成皮革にしてみました。 衿を取り替えるのではなく、綿を合成皮革にする特殊技術です。 部分的なら可能です。 全体的には不可能です。 こんな技術も開発されていることをお伝えします。 楽しいリメイクができると思います。あなたのアイデアお聞かせ下さい。

この写真の所属カテゴリー
シャツのリメイク | デザイン替え | デニムシャツ | メンテナンス | リフォーム | リペア | レッツリフォーム | 中区 | 洋服靴鞄リフォームセンター | 浜北 | 浜北区 | 浜松 | 浜松市 | 磐田 | 磐田市 | 袋井 | 袋井市 | 襟のリフォーム | 襟のリメイク | 襟直し | 静岡県 | 高柳 |
X

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メールアドレス (確認用)(必須)

    題名

    メッセージ本文

    参考画像がありましたらお送りください

    ※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。


    お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
    メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。

    クリーニング、修理解説

    PAUL SMITH シャツ エリの反転修理です。 シャツはエリや袖口など摩擦の多い部分がどうしても傷んでしまいがちです。 スレて薄くなったり破れた場合は、エリを一旦外して補強して裏返しで付け直すと「気分一新」着用していただけます。 もちろんシャツ全体の寿命も延びます。 エリによっては、出来ないものもありますがお気に入りのシャツがまだまだ着ていただけます。 サッパリきれいになりました。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します。おまかせください (*^o^*)

    クリーニング、修理解説

    シャツの生地のよれ。このままでは着れないので直して欲しいとのご要望がありました。これでまた着用ができるようになりました。

    クリーニング、修理解説

    綿 Tシャツの染み抜きです。赤い可愛いバスの鼻先に黄色いシミ❗️正面の目立つところです。サッパリきれいになりました。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します。お任せください (๑・̑◡・̑๑)

    クリーニング、修理解説

    綿 ポロシャツ 家庭洗濯で一緒に洗った衣類から色が出て移染してしまった。全体的にグレーになってしまい、濃い黒いシミがある状態です。最後は漂白をして真っ白に!サッパリ綺麗になりました。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します (o^^o)

    クリーニング、修理解説

    綿Tシャツに血液が付いて何度も家庭洗濯されたシミです。本来の血液の色では無く、褐色になっています。サッパリ綺麗になりました。古いシミも諦めずにご相談ください。サッパリ解決します (^^)/

    クリーニング、修理解説

    綿ワイシャツに油性マジックのシミです。 かなりシッカリと書かれていて、 後半インクの色素が残りましたが、最終的には全て落とすことができました。 お子様が落書きしてしまうこともあります。 そんな時も叱らずにお気軽にご相談下さい (^^)

    クリーニング、修理解説

    お気に入りの衣類。 着用回数が増えるとどうしても色が褪せて気になります。 「ダークアップ加工」という技術でリーズナブルに濃い色に蘇らせることが出来ます。 画像は、店頭サンプル用に右半分だけ施工してみました。 靴やカバンもお任せください。 色が完全に失われている物には対応できません。 その際は色掛け(カラーリング)技術も可能です。ご相談ください。

    クリーニング、修理解説

    ワイシャツのポケット上についたボールペンのシミを落としました!胸ポケットにボールペンを入れる時に、ペン先が出たままでウッカリついてしまうやつですね…私もよくやります。汗 早めにお持ち込みいただけたので、跡形もなく除去できました!

    クリーニング、修理解説

    Tシャツの襟のニットはヨレヨレになってきませんか?取替は不可能ですが唯一、修理する方法があります。 ニット部分を内側に折って伸縮対応のニット専用ミシンで縫います。 デザインは変わり、襟周りはその分、広くなりますがしっかりした襟周りになります。 また愛着して頂けると思います。 ヨレヨレの襟のシャツ、あきらめないでご相談ください。

    クリーニング、修理解説

    プロポリスの原液が付着し、ご家庭で中性洗剤でこすられたそうです。それで取れればラッキーなのですが、取れなければシミが繊維に染みこみ、色素が定着して取れなくなるので、できるだけ触らずにご相談いただくのがオススメです。今回のシミ抜きは簡単に取れました!

    クリーニング、修理解説

    シャツにこぼれたコーヒーのシミを除去しました。しみ抜き+洗いで完全に取れました。一口にコーヒーといっても、ブラックか、砂糖が入ってるか、ミルクが入ってるかによってNGな処理があるので注意が必要です。シミが付いたらなるべく触らずにお早めにご相談ください。

    クリーニング、修理解説

    チェックのシャツが色あせてしまいました。色上げ加工(ダークアップ加工)でチェックの色がハッキリしてきれいになりました。 チェック柄でも色上げ加工はできます。色がさめてしまったシャツもあきらめないでご相談ください。

    クリーニング、修理解説

    有るラーメン店の方が持ち込まれたもので、 お客様のTシャツにかなり多量の「ラー油」が掛かってしまった。 何とか綺麗にして欲しいと言うご依頼でした。 持ち込まれた時点ではかなり多量の「ラー油」が掛かっていて 臭いも結構する状態でした。 通常油汚れには「ドライクリーニング」が最適なんですが、 このTシャツには顔料系のプリントがされており、ドライクリーニングするとプリントが剥がれてしまう恐れが有ります。 また通常の水の洗濯ではこれだけの油汚れは落としきれませんし、強い機械力をかけるとやはりプリントに影響が出る恐れが有ります。 こうしたかなり厳しい条件でしたが、 時間をかけ粘り強く丁寧にクリーニング作業を行い、その結果 プリントに全く影響を与える事無く、ラー油の強いにおいも消してきれいにしました。 これでそのラーメン店さんはお客様に無事お返しで来たようで良かったです。 忙しい時期のまっただ中での大変な作業だったのですが、無事ご期待に添えてうれしかったです.

    クリーニング、修理解説

    デニムシャツの衿を綿から合成皮革にしてみました。 衿を取り替えるのではなく、綿を合成皮革にする特殊技術です。 部分的なら可能です。 全体的には不可能です。 こんな技術も開発されていることをお伝えします。 楽しいリメイクができると思います。あなたのアイデアお聞かせ下さい。

    クリーニング、修理解説

    シャツのファスナー部分の修理を行いました!全取替なら修理費用は高くなってしまいますが、こうして簡単にお安く直るケースも少なくありません。シャツだけでなく、ブルゾン、ズボン、鞄にお財布などのファスナーもご相談くださいませ。

    クリーニング、修理解説

    ワイシャツについた原因不明のシミを除去しました!シミはいつの間にかついていることが多く、何がついたかわからないことも少なくありません。適切な処理をしなければ取れなくなってしまうこともあるので、慎重に処理します。シミ抜き処理中に薬剤の反応から推測できるのですが、今回のシミは鉄サビのシミのようでした。…いつどのようについたのでしょうね?

    クリーニング、修理解説

    ウールのシャツに出来た虫食い穴を2箇所、修理、補強しました!穴は放置して着用するとどんどん大きくなってしまうので早めの処置がオススメです。

    クリーニング、修理解説

    シャツに付着した古い血液のシミです。着いてすぐの血液なら簡単に落とせるのですが、時間が経つと固まったり繊維と結合したりで難しくなります。今回の血液のシミは時間が経ってたので酵素で少しずつ分解して除去しました。シミ全般に言えることですが、シミを見つけたらお早めにご相談いただくことがオススメです!