事例解説

コートが激しく破れてしまいました。裏から縫い込み補強して、縫い目は入りましたがきれいに直りました!

この写真の所属カテゴリー
お手入れ | お直し | コート | メンテナンス | リフォーム | リペア | レッツリフォーム | 修復 | 修理 | 手入れ | 洋服直しセンター | 浜北 | 浜北区 | 浜北市 | 浜松 | 浜松市 | 直し | 破れ | 磐田 | 磐田市 | 縫い込み | 袋井 | 袋井市 | 静岡 | 静岡県 |
X

お名前 (必須)

このフィールドは空のままにしてください。

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)(必須)

題名

メッセージ本文

参考画像がありましたらお送りください



※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。

お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。


クリーニング、修理解説

今回は逆開( 上下開き ) ファスナーの蝶棒が壊れてしまいました((((;゚Д゚)))))))こんな小さいパーツが駄目になると部品交換が出来ないので、ファスナー交換になります。ダウンのファスナー交換はリフォーム店でもお断りのアイテムです(^_^;) ましてモンクレールの様な高級ダウンは中々やれるお店は無いと思います。そんな時はファスナーを知り尽くしたファスナーマイスターにお任せ下さいね( ´ ▽ ` )ノ #re704.com

クリーニング、修理解説

カシミヤのコートが大きく破れてしまいました。カケハギだと高額になってしまいます。低料金を御希望だったのでキズアナマジックというオリジナルの特殊なリペア方法で修理しました。低料金で目立たなく修理できました。

クリーニング、修理解説

ダッフルコートのボタンのところは合成皮革が多いです。劣化でボロボロになってしまってしまいました。同じように今度は本革で作り直しました。またずっと愛着して頂けると思います。

クリーニング、修理解説

カシミヤのコートが破れてしまいました。カケハギだと高額になってしまいます。低料金を御希望だったので特殊な方法で修理しました。低料金で目立たなく修理できました。

クリーニング、修理解説

高級素材のカシミヤコート柔らかい毛足があり穴が空いたり表面の毛を食べられて毛足がなくなったり非常に目立ちます。かけつぎもありますが大変高額で目立ちます。低料金でなるだけ目立たなく出来ます

クリーニング、修理解説

ダウンコートを洗ったら衿が破れて衿のダウンがなくなってしまいました。縫い代が少なくロックもかかってなかったのではじけてしまったようです。ダウンをなんとか入れ直し元通りに直しました。

クリーニング、修理解説

お出かけ先で、どこかに引っ掛けてしまったのでしょうか?ポケットにポッカリと穴が開いてしまいました(*_*)幸い、破けた生地が辛うじて繋がっておりましたので、それを丁寧に繕って穴を塞ぐことが出来ました〜(o^^o)

クリーニング、修理解説

ダウンコートのファスナートラブルです。スライダー取手部分が無くなっていました。このままでは使いにくいですね!当店にお任せください‼︎スライダーのみの交換でお安く直ります。

クリーニング、修理解説

コートの袖丈が少々短いとのご依頼です。コートの色合いに合った布地を探して、ご希望の袖10センチの丈でリメイクしました。お客様も大変喜んで頂きました‼︎

クリーニング、修理解説

コートに虫食いで穴があいてしまいました。カケハギではない特殊な修理方法で低料金で目立たなく直りました。

クリーニング、修理解説

少々時間が経っているシミと汚れが目立っているダウンコートのご依頼です。古いシミと頑固な汚れは、通常洗いでは落ちません!当店はシミと汚れにあった処理方法で復元しました。

クリーニング、修理解説

ハーフコートの破れです。かぎ裂きに破れているので、ポケットより共布を取り、貼りつけてステッチを掛けました。

クリーニング、修理解説

コートの襟が汗で変色してしまいました。汚れを落としてから、色補正で綺麗に修正をいたします。濃い色は特に目立つので、お気に入りは色かけがおすすめです。

クリーニング、修理解説

ダウンコートの裾の内側が焦げてしまっていました。当店では焦げているところに、ダウンの素材と同じポリエステルをあてミシンで修理しました。ダウンの生地ポリエステル・ナイロンは焦げや破れやすい素材ですが、当店では修理して以前ように着用出来ます。

クリーニング、修理解説

コートを着たままハンバーグを食べたら鉄板の油がはねてしまった事例。ぽつぽつとたくさんついています。まだ付いてから時間が経っていませんでしたが、いったん熱せられた油のためドライ溶剤でしみ抜きテストしても落ちません。つまりドライで洗ってもそのままでは落ちません。前処理をすることでドライクリーニングで落とすことが出来ました。