事例解説

ブーツの内側の合成皮革が劣化していました。合成皮革は生地に合成樹脂を塗って加工してあり3〜5年ぐらいで劣化します。劣化の症状がひどくなければ、まずは抑える事が可能です。今回のケースは下地が崩れていなかったので、合成樹脂を塗り復元しました。同時に磨き(メンテナンス)コースで汚れを落とし、プロの磨き仕上げで革本来の艶も蘇りました!

この写真の所属カテゴリー
お手入れ | お直し | くつ | れっか | クツ | テキスタイルケア | ニューサン | ニューサンクリーニング | ブーツ | メンテナンス | リフォーム | リペア | 人工皮革 | 修復 | 修理 | 修繕 | 再生 | 劣化 | 合成 | 合成樹脂 | 合成皮革 | 合成皮革復元 | 合皮 | 変色 | 変色修正 | 変色補正 | 多良見 | 多良見町 | 女 | 女性 | 女性用 | 婦人 | 岡郷 | 復元 | 手入れ | 時津 | 時津町 | 消耗 | 直し | 磨き | 色修正 | 色補正 | 補修 | 補正 | 西彼杵郡 | 西彼杵郡時津町 | 西彼杵郡長与町 | 諫早 | 諫早市 | 諫早市多良見町 | 長与 | 長与町 | 長与町岡郷 | 長崎 | 長崎市 | 長崎県 | 長崎県西彼杵郡 | 長崎県長崎市 |
X

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)(必須)

題名

メッセージ本文

参考画像がありましたらお送りください



※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。

お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。


クリーニング、修理解説

ブーツの内側の合成皮革が劣化していました。合成皮革は生地に合成樹脂を塗って加工してあり3〜5年ぐらいで劣化します。劣化の症状がひどくなければ、まずは抑える事が可能です。今回のケースは下地が崩れていなかったので、合成樹脂を塗り復元しました。同時に磨き(メンテナンス)コースで汚れを落とし、プロの磨き仕上げで革本来の艶も蘇りました!