事例解説

ジャンバーが焦げてしまいました。上から似たような布を縫い付けました。

この写真の所属カテゴリー
コゲ | ジャンバー | 敗れ | 浜松市.磐田市.袋井市.レッツリフォーム.洋服直しセンター.テキスタイルケア | 破れ | 静岡 |
X

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)(必須)

題名

メッセージ本文

参考画像がありましたらお送りください



※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。

お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。


クリーニング、修理解説

合成皮革は3年から5年で劣化が始まりますが最初に劣化するところはやはり襟です。他はなんともなくまだ着たいとのこと。襟に本革を上からの縫い付け、違和感なくまた着られるようになりました。

クリーニング、修理解説

ジャンバーの裏地が縫い目から裂けてしまいました。特殊な細い糸でまつってキレイにお直し出来ました!まだまだ長く着れますよ^ ^

クリーニング、修理解説

ジャンバーを引っ掛けてしまって小さな穴が開いてしまった。小さいとはいえ、放っておけば、どんどん穴は大きくなり、後戻り出来ない状態になります。。。。 お任せ下さい☆☆☆同じ生地で穴を塞ぐので、目立ちません♡♡♡

お気軽にお問い合わせください!,036,ファスナー,修理,ノーブランド,綿,ジャンバー,男性,紳士,浜松,レッツリフォーム

綿 ジャンバー ファスナー 修理

お店の詳細を見る

クリーニング、修理解説

「お店の詳細を見る」から
お気軽にお問い合わせ下さい*^o^*