東京の検索結果 68 件


クリーニング、修理解説

ソファーのマット部分から羽毛が出てきている箇所が何ヵ所もありました。 内袋が中で破けてしまっている様でファスナーを開けることが出来ませんでした。 カバーの上からカバーを更に作るご依頼でした。 羽毛がこれで全て隠れたので又心地よく座って頂けると思います。

クリーニング、修理解説

ズボンの股下が76cmとだいぶ長めで なかなかこの長さで履ける方は少ないのではないかと思います。 小柄なお客様でこの度は12cmカットしました。

クリーニング、修理解説

バックのファスナー引き手が取れてしまったそうです。 ファスナーのエレメントは壊れてないのでスライダーの交換で直りました。 スライダーの交換なら低料金で直ります。諦めずにご相談ください。(*^^*)

クリーニング、修理解説

スカート丈が長くウエストをサイズアップをご希望でした。 こちらのスカートの上部を6cmカットする事によって ウエストを7cmアップする事ができました。 そしてスカート丈は6cm短くなりました。 ファスナーを移動してつけ直し拡げた分のベルトの足りない布はカットした部分からとってはいでつけ直しました。 ウエストサイズアップと丈上げが同時に出来た事例になります。

クリーニング、修理解説

プリーツスカート丈上げです。 こちらは裾で丈上げしました。 裾が切れないデサインの場合はウエストで丈上げする場合もあります。

クリーニング、修理解説

カットソーはカバーステッチミシンというミシンで丈上げしています。 布地が伸びるニット系の布地は通常の直線ミシンだと綺麗に縫うことは難しいです。 ユニホームやジャージのズボン等このカバーステッチミシンで縫製されている物が沢山ありますので丈上げのご依頼等お待ちしております。

クリーニング、修理解説

ダウンコートの上下開きのファスナーの持ち手が取れてしまっていました。 エレメント部分は壊れていないのでスライダーを上下新しい物に取り替えれば大丈夫なのでお安く直す事が出来ました。 ファスナーの修理で対応出来ない場合はファスナーを全取り替えも致します。

クリーニング、修理解説

サイズが合わないのを承知でオークションで購入したそうです。 通常デニム類はウエストは出せませんがウエスト下にマチを入れてサイズアップしました。 これでウエストが10cm拡がりました。

クリーニング、修理解説

プリーツスカートを5cm短くしたいとのご依頼でした。 通常のスカートの様に裾では丈上げ出来ませんのでウエストの下で5cmカットしてウエスト調整してからベルトを付けて仕上げました。 裾にデザインがあるスカートや、ウエスト周りを大きくしたい時等にはお勧めの直し方になります。

クリーニング、修理解説

お母様の着物を以前リメイクしたそうです。デザインが肩パットが入っていたので今風にパットを外し肩を片側2cm詰めました。胴回りは少しきついそうなので脇の縫い代を少し出しました。 肩幅でかなり印象が変わるので捨てるには忍びないお洋服は甦らせてみては如何でしょうか?(*^^*)

クリーニング、修理解説

かなり昔の礼服ワンピースだそうですがあまり着ていなかったとのことですが袖裏地のオーガンジーがビリビリになってしまったそうです。 生地が汗等で弱っていたのかもしれません。 今回は丈夫なポリエステルのオーガンジーを購入してレースの表地に裏打ちして仕上げました。

クリーニング、修理解説

ジャージのズボンに前あきが無いので前あきを作って欲しいとのご依頼でした。 ユニバーサルデザインとしても良いかと思います。 ご不便を感じたら是非ご相談くださいませ。色々なご提案をさせて頂きます。

クリーニング、修理解説

ネットで購入し、サイズが合わないもののとても気に入ってしまったそうです。 何とかサイズを大きくして欲しいとのご依頼でした。 後ろをU事型に開いてバイアステープでくるみゴムを付けました。 大変喜んでいただけました。 アジャスターを付ける事も可能です。 サイズアウトでも諦めずにご相談くださいませ。(^_^)

クリーニング、修理解説

頂き物のワンピースを普段気軽にはけるようにと言う事でスカートにしたいとのご依頼でした。 ウエストは太めのゴムベルトにして仕上げました。 かなり昔のワンピースがスカートとして甦りとても喜んで頂きました。(#^.^#)

クリーニング、修理解説

ジーンズのリペアです。 お客様がダメージを残して修理ご希望でした。 裏に布で補強はしていますがダメージ部分の上にはミシンをかけていません。 ご希望のリペア方法に沿って修理又はリメイクさせて頂きます。

クリーニング、修理解説

モノグラムのショルダーバッグ 全体的な汚れとヌメ革の部分の汚れが気になるとのご依頼です ヌメ革は染めてしまうと 経年変化しなり風合も変わります それに偽造品扱いになってしまい 当店ではモノグラム、ヴィトンの ブランドの価値も大切にしています ヌメ革は染めないで クリーニングでできるだけキレイにしました

クリーニング、修理解説

オーストリッチのカバンに入れていた 化粧水が漏れて バッグの中から表面まで貫通したシミに。 中から表面まで貫通したシミがいちばん厄介です クリーニングで化粧水を取り 革が黒く変色してしまっているため 色を混色して部分的に染めて目立たなくしてます

クリーニング、修理解説

スパンコールがついたワンピース 両脇黄ばんでいます 脇の汗シミは女性に多いシミです シミ抜きで黄ばみを取り プロの特殊ウエットクリーニングで スッキリ仕上げしました

クリーニング、修理解説

レザーブルゾンにお酒がかかってしまった事例 革の色が出ないように色止めして プロの特殊ウエットクリーニングできれいにしました

クリーニング、修理解説

シャネルのバッグの内側のカビです カビの影響で少し色もあせてます ブランド品は染めてしまうと偽造品扱いになります カビ取りクリーニング後、 染めないで ダークアップ加工という 特殊な加工で色あせも目立たなくしてます ブランドの価値も大切にクリーニングしてます