川口市の検索結果 85 件


クリーニング、修理解説

靴底のハガレ直しの事例です。 靴底がパックリ剥がれてしまいました。 新たに強力に接着し直しました。 このような事例は、多いと思います。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

セーターの破れ修理の事例です。 かなり大きく破れていました。多少目立っても良いということで、ご依頼を受けました。 なんとかアフター写の状態まで直すことができました。 セーターの破れや穴修理は大変多い事例です。 多少目立っても安価で直してほしいという場合には、ご相談ください。

クリーニング、修理解説

お財布のファスナー修理の事例です。 ファスナーを閉めても開いてきてしまうというケースです。 スライダーを取り替えて直りました。 このような事例は大変多いと思います。 お困りの際には、諦めずご相談ください。

クリーニング、修理解説

ポロシャツの襟の色修正の事例です。 襟が退色してしまいました。 色修正をして復元できました。 このような事例は多いと思います。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

帽子のしみ抜きの事例です。 つばの裏側が、汗で変色してしまいました。 水洗い後、しみ抜きをしてキレイになりました。 このような事例は多いと思います。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

帽子のしみ抜きの事例です。 つばが黄色く変色してしまいました。 汗をかいたまま洗わないでいると、ビフォーのようになります。 通常の水洗いだけでは落ちなかったので、その後しみ抜きをしました。 キレイになったと思います。 このような事例は多いと思います。お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

変色シミのしみ抜きの事例です。 油分を多く含んでいるように思えたので、まずはその油分を分解する処理をしてから本格的なしみ抜き作業に移りました。 しみ抜き作業というのは、1ヶ所1ヶ所の作業になるので、これだけ多いと時間も料金もかかりますが、ちゃんと丁寧に正しい順序でしみ抜きすればキレイになります。 こちらのケースを参考にして、まずは変色する前に早めのクリーニングをお願いいたします。 そして、変色してしまってお困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

襟から肩、背中にまで広範囲に退色してしまいました。おそらく日光が原因だと思われます。 クリーニング後、色修正して直りました。 このような事例は多々あると思います。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

色修正の事例です。 肩の部分が退色して赤くなってしまいました。 色修正して直りました。 このような事例は結構多いです。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

退色してしまった襟と袖を色修正で直した事例です。 このように退色してしまったら、クリーニングでもダークアップ加工でも直りません。 色修正でしか直りません。 染色補正とも言いますが、文字通り染料を補って直していきます。 このような事例は多くあると思います。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

鞄のしみ抜き事例です。白い部分に変色シミが無数にありました。黒い部分の色が抜けないようにしみ抜きをし、その後丸洗いをしてキレイになりました。 このような事例でお困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

変色シミの事例です。 クリーニングだけでは落ちないので、シミ抜きをしてキレイになりました。 このような事例でお困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

おそらくたばこによるこげ穴の事例です。 穴修理には、接着修理やかけはぎ修理など低料金から高料金まで修理方法がございますが、今回はそのいずれもできない素材です。人工皮革という素材です。  では、修理不可能かというとそうではありません。 頭を凝らしてアイデアを絞り出し、別の方法で直しました。

クリーニング、修理解説

ニットの色修正の事例です。 日焼け、もしくは酸化窒素ガスにより帯状に退色してしまいました。 抜けた色を足していく修正をして目立たなくなりました。 染まりにくい繊維でしたが、何とかなりました。 このような事例でお困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

ファスナー全取替の事例です。 赤マルの部分が外れてしまいました。 この部分が外れたり、壊れてしまうとファスナーを全部取り替えなくてはなりません。 ファスナーを解き、新しいファスナーを同じ長さに調節して、ずれないように縫い付けました。 ファスナートラブルは、安く直るケース、全取替のケースがありますので、お困りの際には当店までご相談ください。

クリーニング、修理解説

汗などにより染料が分解され退色してしまうことがあります。 退色してしまったらクリーニングだけでは元にもどりません。 色修正が必要となります。 今回もその事例です。 色修正することにより赤味が消えて元通りに近づけました。 今回のケースを参考にして、なるべく早いクリーニングを。そして退色してしまったら色修正をご検討ください。

クリーニング、修理解説

鞄の色修正の事例です。 汚れていたのをご自分で擦って色が白っちゃけてしまいました。 色修正とダークアップ加工で目立たなくなりました。 このような事例でお困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

カバンの内袋の修理事例です。 縁かがり縫い(ロック)がされていないために、beforeのような状態になってしまいました。 縫い代を十分に取って表から縫いました。 これでまた使用可能となりました。 今あるものを大切に。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

インクのしみ抜きの事例です。 他店に出したけど落ちなかったということで、ご依頼を受けました。赤マル部分は2箇所ですが、その他計10箇所以上ありました。 1箇所1箇所ずつしみ抜きをしていきました。 全部落ちました。 このような事例でお困りの際は、ご相談ください。

クリーニング、修理解説

ボタンが取れてしまい、その上本体の生地まで破れてしまったという事例です。 まず、破れた本体の生地を表から縫い込んで補強し、その後ボタンを付けました。 ボタンが引っ掛かり生地まで破れてしまうことはよくある事例です。 こちらを参考にして、お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

セーターの穴修理の事例です。 細い糸で穴をかがっていき穴を塞ぎました。 この位の大きさの編み目であれば、目立たなくなると思います。 ニット製品の穴修理は大変多い事例です。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

ジャケットんお肘の部分が破れてしまっている事例です。 新しく本革のひじ当てをつけることで破れ部分を隠し、新たなデザインとなりまた着られるようになりました。 このようなことも承っておりますので、お困りの際には、ご相談ください。

クリーニング、修理解説

ひじ当て近くに穴が開いてしまった事例です。 穴自体を修理するのではなく、一回り大きい新しいひじ当てをつけることで穴を隠しました。 このような応用的な修理も承っております。 何かお困りのことがありましたらご相談ください。

クリーニング、修理解説

合成皮革のひじ当てが経年劣化によりボロボロになってしまいました。 これじゃちょっとなぁ〜…と困惑されてたので、 本革に取り替えることができますよとアドバイスしたところ、ご依頼を受けました。 合成皮革は必ず劣化しますが、本革は劣化しません。 これで、捨てずにまた長く着用できますね。これぞサスティナブルファッションだと思います。 このような事例でお困りの際はご相談ください。

クリーニング、修理解説

ダウンジャケットのファスナー修理の事例です。 ファスナーの引き手がなくなってしまったとのことでした。修理代が高くなるようだったら捨てるとのことでしたが、今回のケースは、引き手だけ新たに入れ替えれば直るケースだったので、修理代はそんなに高くなりませんとお伝えしたところ、依頼されました。 引き手(スライダーと言います)を新たに入れ直りました。 全部取替になると高額になりますが、このようにお安く仕上がるケースがほとんどなので、 お困りの際はご相談ください。

クリーニング、修理解説

ニットのほつれ直しの事例です。 エリの部分のほつれでした。 手縫いで丁寧に縫い、直りました。 このようなケースでお困りの際はご相談ください。

クリーニング、修理解説

セーターの脇のところのほつれ直しの事例です。力が掛かるところなのでほつれやすいですね。 裏から縫い込んで直しました。 このようなケースは多いと思いますので、お困りの際はご相談ください。

クリーニング、修理解説

靴メンテナンスの事例です。色ハゲが気になるとのことだったので、一部色修正もしました。 メンテナンスで全体的にキレイになり、一部色修正で色ハゲも直りました。 これでまたキレイな状態で履いていただけると思います。 このような事例でお困りの際はご相談ください。

クリーニング、修理解説

できる限りお安くというご要望だったので、靴メンテナンスをおすすめしました。メンテナンスだけでも十分キレイになりました。 また、つま先の剥がれも気になるとのことだったので、修理もいたしました。 これでまたキレイに履いていただけると思います。汚れたらまたメンテナンス→キレイになる→汚れたらまたメンテナンス→キレイになる まさに持続可能ですね。 このような事例でお困りの際はご相談くださいね。

クリーニング、修理解説

手編みニットのしみ抜きの事例です。 赤マルの部分が変色してました。 ウール地だったので、気をつけてしみ抜きし、キレイになりました。 こちらのニットは、約30年前に生まれた赤ちゃんにために編まれたもののようで、その赤ちゃんがママさんになって、ご自分の赤ちゃんに着せたいとのことでご依頼を受けました。 しみ抜きしてキレイにすればこのように受け継いでいけますね。