山梨の検索結果 121 件


クリーニング、修理解説

なかなかのヘビーなシミ抜きのひとつ、瞬間接着剤の除去事例です。専用の薬剤を使い熱を加えながら、 デリケートな布地の場合は指先の温度だけで、無理な力を加えると接着剤ごと折れて布地を痛めてしまいます。細心の注意をしながら除去を施します。

クリーニング、修理解説

ぬいぐるみをクリーニングしました。シミ、黄ばみ、黒ずみの部分は必要に応じてしみ抜き処理をしつつ、オーガニック洗剤で肌に優しく仕上げています。肌荒れやアレルギーのある方もお気軽にご相談ください。

クリーニング、修理解説

革バッグ全体にカビが生えた品物のカビ取りクリーニング事例です。カビ除去剤を使いカビを除去、革の状態を復元させる専用ソープ、脂分を補給すること専用ローションで整えます。 見事にきれいに仕上がりました。

クリーニング、修理解説

バッグクリーニング事例です。 油分がなくなったバッグも専用レザーソープでの真心手洗いと、専用ローションで革に油分を与えしっとりしなやかに復活しました。

クリーニング、修理解説

ファスナー修理事例です。バッグのファスナー、エレメント(レールの事)のツメが脱落し、スライダーが外れてしまっています。本来ならファスナーの全取り替えのケースですが、高額になるため特殊技術によりツメを移植する事が出来て安価に修理完了しました。

クリーニング、修理解説

ジャケットの裏地の破れ修理依頼です。  裏地の総取り替えをご提案しましたが、なるべく安価でのご要望でしたので、部分的に裏地を交換させて頂きました。お客様に満足して頂ける仕上がりになりました。

クリーニング、修理解説

濃紺ワンピースのダークアップ加工事例です。 色あせが気になり着るのをためらっていた。とのお客様から相談でしたが、ダークアップ加工または、 色補正のご提案をさせて頂きました。 今回はリーズナブル料金で復元出来るダークアップ加工を試されました。ずいぶん色上げした、また着られると喜んで頂けました。

クリーニング、修理解説

ダークアップ加工(色上げ加工)の事例です。 色あせした衣類や革製品、靴、バッグなどに加工が出来ます。色あせしている事で着るのをやめたり、色あせしている事で使うのを諦めていたアイテムを復元します。色かけ、色補正の特殊技術での復元方法もありますが高額になります。ダークアップ加工は料金もリーズナブルです。まずはご相談ください。

クリーニング、修理解説

袖裏地の部分交換依頼です。 出来るだけ安価で、裏地の色は黒でとの事です。 このような修理もお客様のご要望をお聞きし、 出来るだけ希望に沿った修理をご提案させて頂きます。

クリーニング、修理解説

チャイルドシートクリーニング承ります。   当店のチャイルドシートクリーニングは、 お子様に優しいオーガニック洗剤を使用します。 シート表面の汚れはもちろん、シートのパーツを取り外し、奥にかくれている物までしっかりと綺麗に洗います。

クリーニング、修理解説

スエードバッグのクリーニング依頼です。 色もだいぶ褪せているので色上げご希望です。 スエード専用レザーソープで[真心手洗い]後 ダークアップ加工を施しました。色も鮮やかに復元し、手触りもソフトに綺麗に仕上がりました。

クリーニング、修理解説

暖かくて履き心地最高のムートンブーツ。これからの季節のアイテムですね。そんなムートンブーツは、 雨や雪などで濡れるとシミになり易いです。 画像のシミも専用ソープで綺麗に洗いコンディショナーで皮に栄養を与えます。仕上げに色上げのダークアップ加工を施しました。シミも取れキレイに仕上がりましたね!

クリーニング、修理解説

カビが生えたハーフブーツを丸洗いしました。 カビ取り洗いをしたあと、専用コンディショナーで革に栄養を与え、艶出し剤を塗布しました。

クリーニング、修理解説

ブーツにカビ‼️今年の夏は長雨の影響で高温多湿の環境でした。その為、衣類や靴カバンにカビが生えたというケースが多発しています。このような時も当店にご相談下さいね。

クリーニング、修理解説

長襦袢エリの黄変除去依頼です。 お召しになった後、ついついそのままにしてしまうと、汗や皮脂が酸化し黄色く変色してしまいます。 当店の特殊シミ抜き復元加工できれいに元通りになります。

クリーニング、修理解説

UGGスリッポンの丸洗い事例です。 UGG専用のクリーニング専用キッドを使い、丁寧に 真心手洗いをします。洗いと同じにムートンに栄養を与え本来の風合いを復活させます。

クリーニング、修理解説

ショートブーツの丸洗いを専用のレザーソープを使い 真心手洗いしました。当店の革靴、スニーカー丸洗いは全て手洗いにて行います。靴の各部ごと、生地に応じて数種類のブラシ類を使い丁寧に洗っています。 今回は仕上げ後、補色を行いました。

クリーニング、修理解説

今年の夏は、長雨の影響で高温多湿の環境が続きましたね。そんな時心配されるのがカビの発生です。 カビが生えた革靴のクリーニングご依頼です。 靴箱は天気の良い日に全開にして風通しをしたり、 湿気取りを置くのもいいですよ。 カビ取りをした後、真心手洗いできれいに仕上がりました。