黄ばみの検索結果 129 件


クリーニング、修理解説

ある道の駅の宣伝用衣装です。下は全身タイツ状なので顔周りが汚れていました。白鳥の顔部分に接着剤が使われている恐れがあるのでウェットクリーニングしました。水洗いなら顔の部品が取れないように洗えます。白鳥はやっぱり白くないとね!

クリーニング、修理解説

スニーカーの底は経年劣化で黄ばんできてしまいます。これでせっかくのホワイトスニーカーががっかりになることも多いでしょう。しかしご予算に応じて様々なホワイト加工の方法があります。あきらめないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

白いスニーカーが汚れるとがっかりなので、家庭で洗う!しかしなぜか黄ばみができてしまったり、またなかなかきれいにならない。 白いスニーカーこそきれいにするのは至難の業です! プロにおまかせ下さい。黄ばみも汚れもきれいになります。 やはり白いスニーカーはオシャレの定番ですね!

クリーニング、修理解説

表から見えなくても裏を見るとこのようにおしっこのシミが・・・。素材がウールなので縮みや色泣きが出ないよう、シミが落ちるよう特殊な水洗いの漂白ウェットクリーニングで洗いました。「復元加工」と言われている洗いです。殺菌もされますので清潔ですね。

クリーニング、修理解説

白いブルゾンが、全体的に黄ばんでいました。通常のクリーニングでは全く落ちませんので、まず、ドライクリーニングで油汚れを落として→漂白を使って復元加工を行ないキレイに仕上がりました。

クリーニング、修理解説

グッチの財布布の部分が手あかなどで汚れて黒ずんでしまいました。 これはまともに水洗いすると中の紙が縮んだり、変形してしまいます。 特殊な洗浄方法と高度な技術でかなりきれいになりました。 お財布も汚れたらあきらめないで当店におまかせ下さい。

クリーニング、修理解説

染み抜きの定番かもしれないですが、ワイシャツの襟汚れ。熱をかけ漂白をしました。真っ白のワイシャツは気持ちいいですね。

クリーニング、修理解説

スニーカーの黄ばみや黒ずみはなかなかとれないですね。しかも傷んでいるスニーカーは洗うのにもリスクがいろいろあります。 ご家庭で洗うのも大変だと思います。 ぜひプロにおまかせ下さい。 かなりきれいになりますよ。 (新品レベルにはなりません) しかし8割の汚れ、黄ばみ、黒ずみは落とせます。 あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

フルガリの財布の汚れと黄ばみです。 家庭で、がんばってきれいにしようとするとこの財布は水で縮み、変形してしまいます。またきれいにはなりません! プロは限界まできれいにします。 あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

人気のスタンスミス、今回はできるだけきれいにしてほしいとのご要望で 丸洗い、シミ抜き、カラーリング、暗色黄変(ホワイトカラーリング方法)で行いました。ソールの黄ばみ(暗色黄変)は2パターンの方法で行っております。 お客様のご要望にあわせてハイレベルな技術を御用意しておりますので、あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

綿素材のジャケットは汗を吸いやすく着用につれ生地がなじんで着やすくなります。しかしそのぶん汚れやすい素材です。このような素材で作られたジャケットはドライのみの洗いではあとからこのように汚れや黄ばみが出てきやすいのです。ウェット処理して全体の汗抜き・汚れ落としをしました。

クリーニング、修理解説

綿ズボンの黄変色の染み抜き事例です。 酸化して黄変色したシミが無数にありました。 染み抜き順序に気をつけて、酵素処理、漂白処理をしてキレイになりました。 このような事例でもキレイになります。

クリーニング、修理解説

ウェディングドレスのクリーニングご相談ください!汗ジミで黄ばみのひどかったドレスをしみ抜きし、クリーニングしました。

クリーニング、修理解説

カバンを作る際に使われた接着剤が内側から染み出てきてシミになっています。 製品の年月が経過すると、こういった症状が出てくる場合があります。 こちらのカバンはところどころに革がついていましたが、革からの色落ちもなく、生地の色落ちもせずにシミだけ綺麗に落ちました。丸洗いしたので、写真では少し分かりにくいですが、カバンの外側も全体的にすっきりしました。 最初は綺麗だったのに!(>_<)まだ使えるのに汚れが気になる!(>_<)そんなカバン、お客様の家に眠っていませんか? クレンジングコースで綺麗になりますよ^^綺麗にしてまた使いましょう^^♪

クリーニング、修理解説

スニーカーの布の黄ばみは除去できます。しかしソールの黄ばみは!? じつは三種類あります。 汚れは簡単にとれます。表面のみの黄変はなんとかとれます。 しかしソール自体の黄変は中まで黄変していて、専門用語では暗色黄変といって絶対に除去しきれません。 ですが特殊な方法で真っ白にします! やり方はご想像におまかせします(笑)

クリーニング、修理解説

スニーカーが黄ばんでしまったとのこと。クリーニングと黄ばみ除去を行いなんとかここまで白くなりました。もともとこのくらいの色だったとのことでした。

クリーニング、修理解説

人気のコンバースのスニーカー、汚れや黄ばみです。 丸洗い、黄変除去限界までするコースでここまできれいになりました。 黄ばみ、汚れもあきらめないでおまかせ下さい。

クリーニング、修理解説

白いスニーカーを自宅で洗ったら黄ばんだようなシミができてしまったとのこと。中から浸み出している接着剤が原因のようです。丸洗いとしみ抜きでキレイになりました。

クリーニング、修理解説

FABRICE(ファブリス)はアメリカの百貨店バーニーズN.Y.での取扱いで有名です。コットンのプリント柄ですが品が良く上質な素材を使っています。このようなコットン製のアウターは着用によるえり、袖口の汚れがかならずあります。時間が経つとドライでは取り切れないことも多いのです。

クリーニング、修理解説

少々時間が経っているシミと汚れが目立っているダウンコートのご依頼です。古いシミと頑固な汚れは、通常洗いでは落ちません!当店はシミと汚れにあった処理方法で復元しました。

クリーニング、修理解説

ベトナムのチープなプラバック、合皮の持ち手が劣化した為、革の持ち手に交換したら、お洒落な感じになりました(*^^*)

クリーニング、修理解説

スニーカーの黄ばみはクリーニングやしみぬきでとれる場合もあります。しかし全くびくともしない黄ばみもあります。その時はリメイク、色かけできれいに塗装できます。

クリーニング、修理解説

ベットパットのしみ抜きの事例です。 クリーニングだけでは落ち切らず、漬け込み漂白処理でキレイになりました。 手間を加えれば、キレイになるものも多数あります。

クリーニング、修理解説

最強の黄ばみ!暗色黄変は実は主にプラスチック製品に起こります。 化学的説明はさておき(^^;) これも除去できる技術が確立されています。スニーカーのソールだけでなくプラスチック製品、化学繊維の黄ばみもあきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

他店で綿のノースリーブワンピースを汗抜きクリーニングで頼んだが保管後出してみたら脇や胸前に汗染みが出ていた事例。汗が落ちていなかった、ということですね。おそらくドライクリーニングの前に汗抜き処理剤をスプレーしただけでしょう。汗はウェットクリーニングという特殊な水洗いでなければすっきりとは落ちません。汗が黄ばみになっていましたので漂白も合わせて行いきれいに取れました。

クリーニング、修理解説

年期の入ったレザージャケットはよいエイジングです。しかし色ハゲがひどくムラやシミが目立つためなんとかしてほしいとのこと。エイジングはなるべく消さず薄い補色の色かけでよい感じにメンテナンスできました。

クリーニング、修理解説

ルイヴィトンのバック30年物とは! また珍しいデザイン、タイプ、本当に貴重品ですね。かなり汚れ、キバミがひどくなってきてしまいましたが 特殊クリーニングでここまできれいになりました。また御愛用頂けると思います。

クリーニング、修理解説

暗色黄変(最強の黄ばみ)は石鹸でゴシゴシ洗っても、漂白剤につけてもビクともしません。特徴な技術があるのです! 今回のケース、(暗色黄変ナチュラルホワイトコース)※ホワイトカラーリングコースもあります! あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

他店にクリーニングに出したがエリの黄ばみが取れてこなかったので再洗いしてもらったけど、そんなに変わらなかった。。。というご相談。チェック柄で時間も経っていることからむずかしい事例ですがなんとかここまで落とせました。エリのスタイルもべったりとつぶれていましたので手仕上げで立体的に仕上げました。

クリーニング、修理解説

スニーカーのソールの汚れはとれますが黄ばみはなかなかとれません。 素材自体の変色なら除去することは不可能です。だからこのケースは塗装となります。スニーカーの汚れや黄ばみもきれいになります。あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

子供の黒いジャケットといっしょに出していただいたトレーナー。食べこぼしでしょうか、茶色いシミが点々とついていました。家庭でいくら洗っても取れなかったそうで。。。「安かったんだけど子供がお気に入りなの。取れるかしら?」なんでもそれで当店に来る前に娘さんに泣きつかれたそうです。お母さんもここまでするからには、自身もよほどお気に入りなのでしょうね。同じ物を買った方がいい?今は商品サイクルが早いのでもうすでに売っていないことが多いんです!

クリーニング、修理解説

麻のジャケットが黄ばみでいました。通常の洗いで落ちきれない汚れが、残っていると酸化して黄ばんでしまいます。当店は、まずはドライクリーニングで油性の汚れ取り除いて、その後漂白を利用して部分シミ抜き及び全体漂白で復元加工しました。