革の検索結果 442 件


クリーニング、修理解説

GUCCIの蛇革の長財布です。 表面と中は磨き洗いと油分補給、ファスナー部分は超音波で汚れを除去し、とても綺麗になりました。

クリーニング、修理解説

赤い革のバッグにカビが生えてしまいました。丸洗いし、底の四隅の色ハゲ補修と、革が硬くなってしまっていたのでたっぷり油分補給で、柔らかい革になりました。

クリーニング、修理解説

何かわからないけど、白い物がついているということでご来店くださりました。 よく見てみると、白い物が染み込んでいるというより張りついているという感じでした。 油性のしみ抜き剤を少しづつ付けて剥がしていき、色が薄くなったところを色修正して復元しました。

クリーニング、修理解説

ウール セーター バック色移りの染み抜きです。革製バックと服が擦れて染料が生地に付いてしまうケースはよくあります。今回は腰のリブ部分を中心に袖にも付着したいました。サッパリきれいになりました。お困りごとご相談ください。スッキリ解決します。お任せください ( ^ω^ )

クリーニング、修理解説

バック 内側 ベトつきの修理です。外側の皮革はきれいな状態なのに内側がベタベタになって使えなくなったり、捨ててしまった経験のある方は多いかと思います。修理の方法は①もう一度ウレタンコーティングを施す②布張りに変えてしまう等が有ります。今回はサイドポケット内も含めて布張りにしました。サッパリきれいになりました。あきらめずにご相談下さい。スッキリ解決します。お任せください (^_−)−☆

クリーニング、修理解説

全体的に劣化が見られる革靴です。 劣化が進んでいるので丸洗いはNG。 ソール部分の汚れを落とし(黄ばみ落としは別料金になります。)革にはレザーローションを馴染ませ栄養補給しました。 長年の使用、保管で劣化や色褪せが進んでいましたが、茶色が蘇ってきました。 ソール部分の黄ばみも石田クリーニングで白くできます。 気になった方は是非お問い合わせくださいませ。

クリーニング、修理解説

ヌメ革のパンプス色褪せ有り。 全体の汚れを軽く落としてから、レザーローションを擦り込むことで革本来の色味が戻ってきました。 硬くなった革も柔らかさが出て肌触りも滑らかになります。

クリーニング、修理解説

数年使用で、色褪せやシミが目立っていました。 丸洗いしシミや汚れを落とし、乾燥させた後ダークアップ加工を施しております。 ダークアップ加工でティンバーランド【革靴】の彩りが戻ってきました。

クリーニング、修理解説

バッグ色あせていませんか?「お気に入りだから捨てたくない」「高かったからもったいない」「色をはっきり、濃くしたい」「風合いをよくしたい」その悩み、ダークアップ加工で解決致します!ダークアップ加工とは、今回、婦人バッグをクリーニングと一緒にダークアップ加工で鮮やかに復活しました!布地から革製品まで対応しております 是非、一度お試しください。

クリーニング、修理解説

バーバリーブルーレーベルのダウンコートの肩の合皮が剥がれてしまいました。 劣化した合皮を剥がし、ラム革を肩とポケットに縫い付けました。 金額は合皮を剥がしたり革の縫いつけ修理となり、手間がかかるために高額になります。 お品物の値打ちと比較して、似合う金額の品物の修理ならば修理も良いと考えます。 肩の部分とポケットの部分的な合皮を革へ交換という修理範囲が比較的狭い事例のため、修理をさせていただきました。 衣類全体の合皮の劣化や、これ以上範囲の広い革への交換は出来かねます。 合皮の修理は、悩んでいる方が多いのですが、問い合わせをいただいてもお断りすることがほとんどです。 事例に近い部分的な修理のみが対象で、修理金額は高額になることをご理解いただき、ご相談くださいませ。 金額はこちらのサイトでは公平性がなくなるため書けませんので、当店のホームページの交換事例をご覧くださいませ。

クリーニング、修理解説

少し時間が経ってしまったシミがある、レザーウォレットです。 洗ってもシミが取りきれなかったので、カラーリングでシミを目立たなくしておきました。 どんなシミでも諦めないでご相談くださいね。

クリーニング、修理解説

ファスナーの取っ手が取れてしまい、不便な思いをしていたお客様。スライダー交換のイージーリペアで喜んでもらえました。 革製のお財布でしたので、表面と中を発泡洗浄で綺麗にして油分補給をして磨いて、新品のようなお財布になりました♪