袋井市の検索結果 420 件


クリーニング、修理解説

ヌメ革のとてもユニークなデザインの鞄、丸い飾りが経年で変形してしまいました。また、革も油分が抜けてカサカサになってしまいました。 特殊なレザーソープと仕上げ技術でもとのようなデザインに復元できたと思います。革自体も生き返りました。

クリーニング、修理解説

上着のポケットが引っ張られ大きく破れてしまいました。裏からギリギリで縫い込み地直しして強力接着で固定しています。線が入った仕上がりになりますが意外と目立たないで直りました。

クリーニング、修理解説

ズボンのファスナーの頭(スライダー)が固まって動かなくなってしまいました。この部品を探し、交換して直りました。今回のケースは全取り替えでなく修理で直りました。

クリーニング、修理解説

ダウンジャケットをクリーニングに出したら裾がはぜてダウンが出てしまいペチャンコ、ボロボロになってしまいました。縫い代がほとんどない、なかにロック(縁かがり)もされてない!これは縫製上の問題です。またダウンを入れ直し、細かく細い特殊な糸で縫製して直しました。ダウン製品が破れてもあきらめないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

お気に入りのジーンズが破れてしまいました。裏から薄い綿の布をあて、同系色の糸で細かくミシンで縫っていきます。ダメージ感を活かした『ノーマル』ま、いうメニューで行いました。目立たなくもちろん破れはふさがり丈夫になり、また愛着できるようになりました。

クリーニング、修理解説

レッドウィングのブーツが色はげ、シミ、汚れてしまいました。丸洗いでしっかり汚れを落としてカラーリングだけでなく復元加工までしています。革の素地まで復元する加工です。きれいに復元しました!

クリーニング、修理解説

靴が色あせてしまいました。カラーワックスを入れて磨き、先は特殊なエナメル加工をしました。先の汚れのガードもできてお勧めです!

クリーニング、修理解説

スニーカーが黄ばんでしまったとのこと。クリーニングと黄ばみ除去を行いなんとかここまで白くなりました。もともとこのくらいの色だったとのことでした。

クリーニング、修理解説

財布のファスナーが壊れてしまいました。閉めても開いてきてしまいます。全取り替えしないでスライダー(頭)の交換で直りました。

クリーニング、修理解説

スーツで最も力がかかり破れやすいのはズボンの股です。 しかし見えないところだから裏から布をあて丈夫にミシン修理すれば大丈夫です! またスーツで着られます。

クリーニング、修理解説

ジーンズの股がやぶれてしまいました!ダメージジーンズもさすがにここは(≧▽≦)裏から違和感のでない薄い綿の布をはり、ミシン修理しました。目立たなく丈夫に直りました!

クリーニング、修理解説

靴、スニーカーのかかとの裏の破れはなかなか直せるところは少ないと思います。いろいろな修理方法があります。お客様と相談して最適な方法を決めます。あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

ダッフルコートのボタンのところは合成皮革が多いです。劣化でボロボロになってしまってしまいました。同じように今度は本革で作り直しました。またずっと愛着して頂けると思います。

クリーニング、修理解説

鞄の取手は最も汚れやすいところですよね。そして最もきれいになりにくいところでもあります!しかも今回はその中でも最もきれいになりにくいぬめ革の黒ずみです。なんとか特殊な方法でここまできれいになりました。なにをやってもきれいにならないケースは塗装や革の張り合わせなどの方法もありますからあきらめないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

ズボンの股が破れてしまいました。裏から布をあて細かくミシン修理です。股は最も傷むところですが見えないところでもあります。あきらめないでスーツなら、スーツでなくても修理してまた着ていただきたいと思います。

クリーニング、修理解説

ジーンズの修理はダメージを残して行う「ノーマル」が多いです。しかしできるだけ目立たなくと御希望サれる場合、このような特殊なリペア方法もあります。「カケツギ」はジーンズにはできませんがカケツギレベルにきれいに直す事もできます。(布がなくなった大きな穴は不可能です) 御希望の方はお問い合わせ下さい!

クリーニング、修理解説

防水スプレーをしたらなぜか白くなってしまったとのこと。 湿気の多い日にスプレーをすると空気中の湿気を抱き込んで対象物に定着させるためこのように白くなってしまうことがあります。 特殊な資材と技術でいかなるケースも直ります。 このように白くなってしまったらご相談下さい。

クリーニング、修理解説

上衣の穴修理です。お客様がご自分で修理してありましたが大変目立ちます。今回は接着修理ではなく、繊維からおりなおすカケハギ(関東)、かけつぎ(関西)できれいに直したいとのこと。高額になりますが最もきれいに直したい方はこの方法しかありません。ほとんどわからなく直りました。

クリーニング、修理解説

レザーのバックにシミができてしまいました。丸洗いしてしみぬきしてきれいになりました。どおしてもシミが動かない、とれないケースもありますがあきらめないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

スーツの背中に穴が空いてしまいました。大変目立つところなので繊維から織り直す最も高度な特殊な修理方法、カケツギ(かけはぎ)できれいに直りました。もちろん高額になりました。

クリーニング、修理解説

ダウンジャケットが破れて、クリーニングもできない、着ることもできないとのこと。 裏から同じ布をあて(企業秘密) キズをふさいで直しました。 どうやって裏から貼ったのですか? と、聞かれましたがトップシークレットです!と、お答えしました。 ダウン製品の修理もあきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

コートがシワシワになりアイロンをかけても直りません。特殊な樹脂をかけてプレスをし直して直りました。できないケースもありますがきれいに直るケースも多々あります。あきらめないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

羽毛布団が破れてしまいました。布を縫いつけても丸洗いしたら羽毛は出てきてしまいます。上から強力に布を接着しました。これで丸洗いできます!また使用できるようになります!

クリーニング、修理解説

毛皮のマフラーですがシルバーフォックスの頭と足をとってほしいとのご依頼です。なんだかかわいそうな気もしましたが捨てられてしまわないようにリフォームしてまた使って頂きたいとこのように直しました。これでまたずっと捨てられないで使用して下さると思います。

クリーニング、修理解説

止水タイプのファスナーが閉まらなくなってしまいました。特殊なスライダーですが取り寄せなんとかお安く直せました。。特殊なファスナーもあきらめないでご相談ください!

クリーニング、修理解説

レザージャケットが破れてしまいました。特殊な細い糸で特殊な縫い方で縫い、目立たなくなるように補色しました。着ていたらわからないレベルに直りました。

クリーニング、修理解説

ズボンのファスナーの取手がとれてなんとかこのような方法で対応したけど痛いから直してほしいとのこと。ファスナー全取り替えしなくでも部品(スライダー)を交換すればお安く直ります。

クリーニング、修理解説

着物のシミにまぎれて穴があいていました。カケハギでは高額になるため裏からとも布を強力にはる接着修理で直しました。

クリーニング、修理解説

紳士の靴にカビがはえてしまいました。丸洗い、クリーニングしてもカビのあとは薄くなりましたが消えません。リメイクコースで色をかけて目立たなくしました!

クリーニング、修理解説

コートの背中をが激しく破れてしまいました。あきらめなかでご相談頂きありがとうございました。 このような厚手のウールは特殊な修理技術革新あり、お安く目だなく直すことができます。 大きく激しく破れたコートでしたがほとんど目立たないように直りました。

クリーニング、修理解説

ルイヴィトンのバックはぬめ革を使われているものが多いですね。 ぬめ革の丸洗いは大変危険です。固くなったり艶がなくなったり、最悪なケースはひび割れを起こします。 でも汚れたり、シミになったら色をかけて隠蔽するなんてことは致しません。 ルイヴィトン様に怒られます(笑) ブランド価値がなくなるからです。 できる限り、クリーニングそしてメンテナンスで素材やデザイン性を損なわないできれいにします。シミはとりきれないケースもありますがかなりきれいになると思います。 家庭で何とかしようと思ってもぬめ革は不可能です。ダメにしないようプロにおまかせ下さい。

クリーニング、修理解説

ボタンはなくなったり、かけたりしたらその洋服は着られなくなります。しかし会うボタンを買ってきて縫い付けるのはかなり手間、めんどくさいですよね。当店なら似たようなボタンで糸足を布の厚み分をつけて強力になんて二度ととれなないように取り付けました。