紳士 ジャケットの検索結果 38 件


クリーニング、修理解説

袖が擦りきれて捨てようか迷ったとき、袖丈を短くするだけで、もうしばらく着てみようかと思うかもしれません。

クリーニング、修理解説

パーカーのファスナーが、閉まらなくなっていましたが、部分的に交換する事で、また閉まるようになり、気持ちよく着ることができるようになりました。 ファスナー部分交換

クリーニング、修理解説

綿 ジャケット 背中の染み抜きです。 衣類の前面についたシミは付いたものを推測しやすいのですが、背面はご本人も気付かないことも多く不明なシミも多いです。今回もすでに酸化して不明なシミでした。サッパリきれいになりました。スッキリ解決します(^_^)

クリーニング、修理解説

ジャケット 袖口のボタン付けです。プロの手によるよるしっかりとした作業になります。ボタンでお洋服の印象は変わります。付け替えなどもご相談下さい。スッキリ解決します( ◠‿◠ )

クリーニング、修理解説

麻ジャケットの食べこぼしです。 前見頃の広範囲、袖にも飛んでいる状態でした。麻や綿は、染色が落ちやすい生地ですが、色落ちもなくスッキリ綺麗に着用していただける様になりました。 範囲が広くても諦めずにご相談ください。 解決します (^ ^)

クリーニング、修理解説

綿ジャケットのエリの黄変です。汗をかいたまま放置すると酸化して変色してしまいます。リンゴを切った後に変色してしまうのも酸化の一例です。エリだけでなく全体を漂白作業したので、サッパリして喜んでいただけました。うっかり変色してしまったらお気軽にご相談下さい (^_^)

クリーニング、修理解説

デニムジャケットの大穴を丈夫に直したいとのご依頼です!今回裏から同じ色合いの共布をあてノーマル仕上げでリペアしました。大切な物をお手入れする事で愛情が生まれますね‼︎

クリーニング、修理解説

ポケット口の脇の部分は思わぬ力が加わって裂けてしまうことが多い場所です。とくにポケットのふたを中に入れっぱなしの時にひっかけやすいようです。ミシン修理でお直ししました。1本、線が入りますがそれほど目立たずにお安く直すことが出来ます。

クリーニング、修理解説

エクセーヌはポリエステルでできたスェード調の生地です。生地の断面がおそろしくスェードと似ています。ですから手触りもそっくりです。ポリエステルとはいえ高度な技術で作られているため高級な生地です。そのジャンパーのポケットに入れておいた飴が溶けてこのようにシミになったとのこと。特殊な水洗いのウェットクリーニングで落としました。

クリーニング、修理解説

ツイードのジャケット。上質な素材ほど虫も大好物なんです。お気に入りだけど、穴が開いているのはオシャレじゃなくなってしまいます……。諦めないで♡目立たなく穴を隠してしまいましょう