磐田市の検索結果 495 件


クリーニング、修理解説

婦人靴の中敷きがボロボロに劣化してしまいました。後々、汚れが目立たない方がよいとのことで黒の中敷きに交換致しました。

クリーニング、修理解説

油性マジックがジャージに付着してしまいました。一ヶ所ずつ丁寧に染み抜きしましたが、どうしてもジャージの繊維の中に浸透してしまったインクは少しだけ残ってしまいました。マジックやボールペンなどのインクシミは、おうちでの洗濯では取れませんので、そのままシミ抜きができるクリーニング 店にお早めにご相談くださいませ。

クリーニング、修理解説

ズボンのファスナーの頭(スライダー)が固まって動かなくなってしまいました。この部品を探し、交換して直りました。今回のケースは全取り替えでなく修理で直りました。

クリーニング、修理解説

キズ、破れを素敵にリペア!オシャレなダメージジーンズですが長く履いていると穴が広がってきてしまいますよね(T_T)穴のふさぎ方にもいろいろ種類があります。お好みの場所に新たに穴を開けて素敵に加工する事もできますよ!!レッツカスタム\(^o^)/!!

クリーニング、修理解説

ジーンズは破れてもダメージジーンズとしてオシャレですね!しかし破れ過ぎたらはけない!しかしセンスよくお客様のご要望に合わせた修理ができます。ジーンズリペアはあなたのカジュアルライフを豊かにします。あきらめないでご相談ください

クリーニング、修理解説

ズボンの脇の修理は大変多い事例です。下の方は縫い込み、上の方はとも布を強力に接着する方法で直しました。目立たなく直りました!

クリーニング、修理解説

レッドウィングのブーツが色はげ、シミ、汚れてしまいました。丸洗いでしっかり汚れを落としてカラーリングだけでなく復元加工までしています。革の素地まで復元する加工です。きれいに復元しました!

クリーニング、修理解説

カシミヤのコートが大きく破れてしまいました。カケハギだと高額になってしまいます。低料金を御希望だったのでキズアナマジックというオリジナルの特殊なリペア方法で修理しました。低料金で目立たなく修理できました。

クリーニング、修理解説

年期の入ったレザージャケットはよいエイジングです。しかし色ハゲがひどくムラやシミが目立つためなんとかしてほしいとのこと。エイジングはなるべく消さず薄い補色の色かけでよい感じにメンテナンスできました。

クリーニング、修理解説

セーターの衿のところは編み目がことなる作りになっています。ここがほつれるとツルツル、どんどんほつれてきてしまいます

クリーニング、修理解説

ダウンジャケットをクリーニングに出したら裾がはぜてダウンが出てしまいペチャンコ、ボロボロになってしまいました。縫い代がほとんどない、なかにロック(縁かがり)もされてない!これは縫製上の問題です。またダウンを入れ直し、細かく細い特殊な糸で縫製して直しました。ダウン製品が破れてもあきらめないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

ニットのセーターが破れてしまいました!本格的な編み直しだと高額になってしまうので低料金のイージーリペアで直しました。

クリーニング、修理解説

スーツで最も力がかかり破れやすいのはズボンの股です。 しかし見えないところだから裏から布をあて丈夫にミシン修理すれば大丈夫です! またスーツで着られます。

クリーニング、修理解説

紳士の靴にカビがはえてしまいました。丸洗い、クリーニングしてもカビのあとは薄くなりましたが消えません。リメイクコースで色をかけて目立たなくしました!

クリーニング、修理解説

ズボンの膝の破れ修理です。カケツギではなくてミシン修理でお安く直しました。ミシン修理は基本的に目立ちますが今回はカケツギと大差ないくらいに修理できました。

クリーニング、修理解説

鞄が最初に傷むところは底と取手ですよね!合成皮革の取手は再生不可能なので丈夫な布地で作り直しました。これでずっとまたご愛用して頂けます。

クリーニング、修理解説

縫い合わせて穴を閉じ、裏から布を貼って補強します。これははあまり目立たない直し方ですが他にもいろいろな直し方がありますよ\(^o^)/ぜひ過去の記事もご覧下さい(^^)

クリーニング、修理解説

人気のムートンブーツは丸洗い、メンテナンスできれいに復活します。ブーツはワンシーズン履いたらクリーニングしてしまいましょう。あまりお金をかけられない方はせめてメンテナンスをして来シーズンも気持ちよく履けるようにしましょう。ぜひプロにお任せ下さい。

クリーニング、修理解説

毛皮のマフラーですがシルバーフォックスの頭と足をとってほしいとのご依頼です。なんだかかわいそうな気もしましたが捨てられてしまわないようにリフォームしてまた使って頂きたいとこのように直しました。これでまたずっと捨てられないで使用して下さると思います。

クリーニング、修理解説

靴の先キズと色ハゲがありはける状態ではありません。キズを修理して色をかけてきれいになりました。また気持ちよくはいて頂けると思います。

クリーニング、修理解説

ルイヴィトンのバックの取手のはぬめ革ですね。オシャレですが飴色から黒ずみに変わってくると汚く見えてしまいます。色をかけるとぬめ革の風合い、ルイヴィトンのブランドとしての価値観も失われてしまいます。当店の特殊な丸洗いでできる限り、黒ずみを除去し、メンテナンス仕上げでここまできれいになりました。ルイヴィトンのバックのクリーニングはおまかせ下さい。