修理の検索結果 1109 件


クリーニング、修理解説

ニットのほころび直しです。 リブの付け根のほころびってよくありますよね。 放っておくとドンドン広がってくるので、早目のお直しをお勧めします。

クリーニング、修理解説

ボタンホールがほつれてきてしまったという事例です。 ほつれた糸をカットし、新たに丈夫な糸でボタンホールを手縫いで作りました。 長年使用しているとボタンホールもほつれてきますよね。 これでまた長年使用できます。 このような事例でお困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

ジーンズ破れ修理 ダメージ感を残しつつミシンで細かくたたきました 裾については仕上げのチェーンステッチも可能です エイジングを楽しむジーンズにはミシン修理を加えいつまでも長く楽しみましょう!

クリーニング、修理解説

セーターの破れ修理の事例です。 かなり大きく破れていました。多少目立っても良いということで、ご依頼を受けました。 なんとかアフター写の状態まで直すことができました。 セーターの破れや穴修理は大変多い事例です。 多少目立っても安価で直してほしいという場合には、ご相談ください。

クリーニング、修理解説

格闘技で使用するミットの持ち手破損の修理です。全て取り外し、新たに持ち手を作り直しました。取り付けも太めの糸を使用し頑丈にしました。 修理後は皮革合皮メンテナンスを行い除菌、消臭も致しました。

クリーニング、修理解説

おそらくたばこによるこげ穴の事例です。 穴修理には、接着修理やかけはぎ修理など低料金から高料金まで修理方法がございますが、今回はそのいずれもできない素材です。人工皮革という素材です。  では、修理不可能かというとそうではありません。 頭を凝らしてアイデアを絞り出し、別の方法で直しました。

クリーニング、修理解説

サイズが合わないのを承知でオークションで購入したそうです。 通常デニム類はウエストは出せませんがウエスト下にマチを入れてサイズアップしました。 これでウエストが10cm拡がりました。

クリーニング、修理解説

プリーツスカートを5cm短くしたいとのご依頼でした。 通常のスカートの様に裾では丈上げ出来ませんのでウエストの下で5cmカットしてウエスト調整してからベルトを付けて仕上げました。 裾にデザインがあるスカートや、ウエスト周りを大きくしたい時等にはお勧めの直し方になります。

クリーニング、修理解説

お母様の着物を以前リメイクしたそうです。デザインが肩パットが入っていたので今風にパットを外し肩を片側2cm詰めました。胴回りは少しきついそうなので脇の縫い代を少し出しました。 肩幅でかなり印象が変わるので捨てるには忍びないお洋服は甦らせてみては如何でしょうか?(*^^*)

クリーニング、修理解説

ネットで購入し、サイズが合わないもののとても気に入ってしまったそうです。 何とかサイズを大きくして欲しいとのご依頼でした。 後ろをU事型に開いてバイアステープでくるみゴムを付けました。 大変喜んでいただけました。 アジャスターを付ける事も可能です。 サイズアウトでも諦めずにご相談くださいませ。(^_^)

クリーニング、修理解説

ベースのシャツに別シャツのプリントを切り取り移植しました。好みのデザインをつけることでオリジナルの一着に生まれ変わります。

クリーニング、修理解説

ジーンズのリペアです。 お客様がダメージを残して修理ご希望でした。 裏に布で補強はしていますがダメージ部分の上にはミシンをかけていません。 ご希望のリペア方法に沿って修理又はリメイクさせて頂きます。

クリーニング、修理解説

糸切れにより生地とファスナーがホツレてしまった事例です。 糸目が見えないようにするとかなり大ががりな修理になってしまうためなるべく目立たないように手掛けました。 お困り品は一度当店にご相談ください。

クリーニング、修理解説

ぬいぐるみの首もとのホツレの修理です。ほうっておくとドンドン広がってしまいます。気付いたらすぐにお直しをオススメします。

クリーニング、修理解説

パーカーの袖口がヨレヨレになってしまった…よくありますよね。 でも、お任せ下さい。 お直しの方法はいくつか有ります。 お客様と相談しながら進めていきます。 安心して、ご相談下さいね。

クリーニング、修理解説

ファスナー全取替の事例です。 赤マルの部分が外れてしまいました。 この部分が外れたり、壊れてしまうとファスナーを全部取り替えなくてはなりません。 ファスナーを解き、新しいファスナーを同じ長さに調節して、ずれないように縫い付けました。 ファスナートラブルは、安く直るケース、全取替のケースがありますので、お困りの際には当店までご相談ください。

クリーニング、修理解説

カバンの内袋の修理事例です。 縁かがり縫い(ロック)がされていないために、beforeのような状態になってしまいました。 縫い代を十分に取って表から縫いました。 これでまた使用可能となりました。 今あるものを大切に。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

ボタンが取れてしまい、その上本体の生地まで破れてしまったという事例です。 まず、破れた本体の生地を表から縫い込んで補強し、その後ボタンを付けました。 ボタンが引っ掛かり生地まで破れてしまうことはよくある事例です。 こちらを参考にして、お困りの際にはご相談ください。