メンテナンスの検索結果 1088 件


クリーニング、修理解説

ニットのほころび直しです。 リブの付け根のほころびってよくありますよね。 放っておくとドンドン広がってくるので、早目のお直しをお勧めします。

クリーニング、修理解説

ボタンホールがほつれてきてしまったという事例です。 ほつれた糸をカットし、新たに丈夫な糸でボタンホールを手縫いで作りました。 長年使用しているとボタンホールもほつれてきますよね。 これでまた長年使用できます。 このような事例でお困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

ネットでだいぶ小さなサイズを購入してしまいお困りだったようです。 出来るだけ大きくして欲しいと言う事で後ろを大きめにカットしてバイヤステープで包み黒のアジャスターを取り付けました。ロゴマークはくり抜いて右側に縫い付けました。 大変喜んで頂けてとても嬉しいお言葉を頂戴しました。

クリーニング、修理解説

セーターの破れ修理の事例です。 かなり大きく破れていました。多少目立っても良いということで、ご依頼を受けました。 なんとかアフター写の状態まで直すことができました。 セーターの破れや穴修理は大変多い事例です。 多少目立っても安価で直してほしいという場合には、ご相談ください。

クリーニング、修理解説

バックのファスナー引き手が取れてしまったそうです。 ファスナーのエレメントは壊れてないのでスライダーの交換で直りました。 スライダーの交換なら低料金で直ります。諦めずにご相談ください。(*^^*)

クリーニング、修理解説

格闘技で使用するミットの持ち手破損の修理です。全て取り外し、新たに持ち手を作り直しました。取り付けも太めの糸を使用し頑丈にしました。 修理後は皮革合皮メンテナンスを行い除菌、消臭も致しました。

クリーニング、修理解説

おそらくたばこによるこげ穴の事例です。 穴修理には、接着修理やかけはぎ修理など低料金から高料金まで修理方法がございますが、今回はそのいずれもできない素材です。人工皮革という素材です。  では、修理不可能かというとそうではありません。 頭を凝らしてアイデアを絞り出し、別の方法で直しました。

クリーニング、修理解説

ジーンズのリペアです。 お客様がダメージを残して修理ご希望でした。 裏に布で補強はしていますがダメージ部分の上にはミシンをかけていません。 ご希望のリペア方法に沿って修理又はリメイクさせて頂きます。

クリーニング、修理解説

パーカーの袖口がヨレヨレになってしまった…よくありますよね。 でも、お任せ下さい。 お直しの方法はいくつか有ります。 お客様と相談しながら進めていきます。 安心して、ご相談下さいね。

クリーニング、修理解説

バッグにカビみたいな汚れが?・・・実はカビや汚れではありません! 合成皮革の劣化の症状の一つです。バッグを使っても使わなくても劣化はおきますが、今回のケース当店で復元出来ました! 是非、諦めないでお問い合わせください。

クリーニング、修理解説

ファスナー全取替の事例です。 赤マルの部分が外れてしまいました。 この部分が外れたり、壊れてしまうとファスナーを全部取り替えなくてはなりません。 ファスナーを解き、新しいファスナーを同じ長さに調節して、ずれないように縫い付けました。 ファスナートラブルは、安く直るケース、全取替のケースがありますので、お困りの際には当店までご相談ください。

クリーニング、修理解説

カバンの内袋の修理事例です。 縁かがり縫い(ロック)がされていないために、beforeのような状態になってしまいました。 縫い代を十分に取って表から縫いました。 これでまた使用可能となりました。 今あるものを大切に。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

ボタンが取れてしまい、その上本体の生地まで破れてしまったという事例です。 まず、破れた本体の生地を表から縫い込んで補強し、その後ボタンを付けました。 ボタンが引っ掛かり生地まで破れてしまうことはよくある事例です。 こちらを参考にして、お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

セーターの穴修理の事例です。 細い糸で穴をかがっていき穴を塞ぎました。 この位の大きさの編み目であれば、目立たなくなると思います。 ニット製品の穴修理は大変多い事例です。 お困りの際にはご相談ください。

クリーニング、修理解説

ジャケットんお肘の部分が破れてしまっている事例です。 新しく本革のひじ当てをつけることで破れ部分を隠し、新たなデザインとなりまた着られるようになりました。 このようなことも承っておりますので、お困りの際には、ご相談ください。

クリーニング、修理解説

ひじ当て近くに穴が開いてしまった事例です。 穴自体を修理するのではなく、一回り大きい新しいひじ当てをつけることで穴を隠しました。 このような応用的な修理も承っております。 何かお困りのことがありましたらご相談ください。

クリーニング、修理解説

ニットの脇の穴修理です 脇ってほころびますよね。 そんな時でも諦めないで❗お直しできます。 ニットの穴は、大きくならないうちにお持ちください。

クリーニング、修理解説

穴の空いてしまったスラックスの修理です。 同じ生地の共布を利用しました。 修理跡は残りますがしっかり穴をふさぎ、再び着用することができます。 諦める前に一度ご相談ください。

クリーニング、修理解説

着衣の擦れにより出来た毛玉をキレイにしました。 毛玉があるとないとでは洋服の印象も大きく変わっていきます。 是非、お試しください。

クリーニング、修理解説

合成皮革のひじ当てが経年劣化によりボロボロになってしまいました。 これじゃちょっとなぁ〜…と困惑されてたので、 本革に取り替えることができますよとアドバイスしたところ、ご依頼を受けました。 合成皮革は必ず劣化しますが、本革は劣化しません。 これで、捨てずにまた長く着用できますね。これぞサスティナブルファッションだと思います。 このような事例でお困りの際はご相談ください。

クリーニング、修理解説

ニットのほつれ直しの事例です。 エリの部分のほつれでした。 手縫いで丁寧に縫い、直りました。 このようなケースでお困りの際はご相談ください。