メンテナンスの検索結果 996 件


クリーニング、修理解説

綿ブラウスの脇が汗により黄ばんでいました。当店は特殊しみぬきで復元しました。汗染みは酸化してしまうと、通常の洗いだけでは落ちません。お気軽に当店にご相談ください!

クリーニング、修理解説

革靴は正しいメンテナンスを最低でも半年に一度はやった方がよいです。 ひび割れてしまったら直りません お早めのメンテナンスをお勧め致します。

クリーニング、修理解説

先端部に大小の傷があり、補修し、磨きで仕上げました。日頃からメンテナンスされているお客様で、定期的に靴裏かかと(リフト)交換もされております。

クリーニング、修理解説

バーバーリーのセーターは薄くても暖かい!しかし薄さゆえ、よく糸引きが生じます。また破れも多いです。虫食いも起こりやすい。しかし直ります。 多少あとは残りますがまた愛着して頂けると思います。

クリーニング、修理解説

白いダウンブルゾンをお預り致しました。以前「クリーニング店に出しても落ちなかった」との事でした。襟・袖や全体的に汚れが目立っていましたので、ダウンクリーニングに+ひと手間加えて復元致しました。

クリーニング、修理解説

ルイヴィトンのバック30年物とは! また珍しいデザイン、タイプ、本当に貴重品ですね。かなり汚れ、キバミがひどくなってきてしまいましたが 特殊クリーニングでここまできれいになりました。また御愛用頂けると思います。

クリーニング、修理解説

ファスナーは、財布・鞄、衣類に使用されています。そして消耗品ですので、必ず壊れる部品です。今回の閉じても開いてしまうケースは、スライダー(開閉部品)の劣化です。スライダーのみの交換で直りました‼︎低料金リペアサービスをご利用ください!

クリーニング、修理解説

ワイシャツのポケットにインクが付着していました。すでに、少々生地が傷んでいましたが、「落ちるところまで」とお客様の依頼でシミ抜きを行ないました。「また、着れる」と言って頂きました。

クリーニング、修理解説

アグ(UGG)ムートンブーツに輪ジミが目立っていました。ムートン革は雨や雪の日にはできるだけ履くのは控えましょう。さらに、水や洗剤等で拭くのはお避けください!汚れやすく、水でもシミになりやすい素材です‼︎今回、革クリーニングで綺麗に仕上がりました。【画像の写りが良くありませんが、】

クリーニング、修理解説

止水タイプのファスナーが閉まらなくなってしまいました。特殊なスライダーですが取り寄せなんとかお安く直せました。。特殊なファスナーもあきらめないでご相談ください!

クリーニング、修理解説

婦人イルビゾンテ(IL BISONTE)のバッグにカビが発生していました。諦めないでください!当店の革専用水洗いクリーニングにお任せください。革の汚れ・カビを落とし、革に必要な脂分と栄養を補給して蘇らせます‼︎

クリーニング、修理解説

ダウンジャケットの袖のゴムが伸びきってしまいました。ゴムは必ずいつか劣化して効かなくなります。 しかしゴム交換すればまた着られます。 作りによっては高額になることもありますが購入金額よりはずっと安く直せます!あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

婦人靴の中敷きがボロボロに劣化してしまいました。後々、汚れが目立たない方がよいとのことで黒の中敷きに交換致しました。

クリーニング、修理解説

ダウンの縫い目が裂けてきてしまった!ダウンはなぜか修理できないと思われる方が多いのですが(ダウンの都市伝説で検索)(笑)しっかりと修理できます!直ります!あきらめないでお問い合わせ下さい。

クリーニング、修理解説

羽毛布団が破れてしまいました。似たような布を特殊な樹脂で強力に接着しました。これでまたクリーニングして使えます。

クリーニング、修理解説

ダウンコートのファスナートラブルです。スライダー取手部分が無くなっていました。このままでは使いにくいですね!当店にお任せください‼︎スライダーのみの交換でお安く直ります。

クリーニング、修理解説

ジーンズの膝の破れてしまいました。 お尻や膝は力がかかるのでどおしても先に傷んでしまいます。ジーンズはエイジングにより魅力がましますよね! そんな最中、このような破れであきらめないで下さい。ジーンズリペアでまたはけるようになります!

クリーニング、修理解説

防水スプレーをしたら白いペンキのようなシミができてしまったとのこと。 なんとか除去でき、きれいになりました。(もちろん塗装などはしておりません)あきらめないでご相談下さい。 ※防水スプレーは使用上の注意事項をよく読んで使われる事をおすすめします! ✓さらにアドバイスです。このようなもとから防水機能があるバックなどにはしない方がよいかと(^^;)

クリーニング、修理解説

薄いベージュのロングブーツが汚れと毛が削れて下地が出てしまっている。 丸洗いで汚れを落としました。発色も綺麗になり、小さなキズはだいぶ色を馴染ませましたが、下地の無くなった部分が残ってしまいました。この先はリメイク料金がかかってしまうので、今回はここまででした。

クリーニング、修理解説

カバンが洗えるなら…と持って来て頂いたカバンはハンティングワールド。大切なカバン。しまいっぱなしで出してみたら!?!? 表も中もびっしりカビが!!!!! 綺麗になったカバンを見て「思い出の鞄だったんです」と喜んで頂けました♡♡♡ クリーニング店の本気洗い!!!!!!!カビも汚れも落ち、革に栄養も入り、ピカピカに☆☆☆ 捨てる事ができない→タンスの肥やしではもったいない!!!!!!また使えますね♡

クリーニング、修理解説

婦人靴のかかと(リフト)交換とメンテナンス(磨き)でお預りしました。かかと(リフト)も消耗品です。定期的な交換が、靴の寿命をのばし長く履けます。履き心地も良くなります。

クリーニング、修理解説

カーディガンの縫い目が開いてしまい穴が開いたようになってしまったのを修理しました。当店のイージーリペアは編み直しではありませんが、リーズナブルでキレイにお直し出来ます。

クリーニング、修理解説

靴が色あせてしまいました。カラーワックスを入れて磨き、先は特殊なエナメル加工をしました。先の汚れのガードもできてお勧めです!

クリーニング、修理解説

グッチ(GUCCI)の長財布です。大変愛着があり、思い出いっぱいのお品。長年の使用により破れや糸ほつれなどもあります。とにかく皮脂汚れをすっきりとし、カラーリングが元の状態に近づけばというご依頼でしたので、特殊シミ抜きと丸洗いクレンジングを。乾燥後、弊社の得意とする「エイジング・リカラー」を施し、最後は特殊コーティング加工をかけました。

クリーニング、修理解説

靴の先キズと色ハゲがありはける状態ではありません。キズを修理して色をかけてきれいになりました。また気持ちよくはいて頂けると思います。

クリーニング、修理解説

お客様はカビが生えてしまった! とのこと。 しかしこれは裏地の合成皮革の劣化による白く粉がふいたようになる現象です。これは塩化ビニールのケースです。 ベトベトになるポリウレタンのケースは復元できず張り替えになる事が多いですが、このようなカビが生えたような白くなっている塩化ビニール製の裏地の場合は合成皮革復元加工で直るケースが多いです。合成皮革の寿命は短い(3年から10年位)といわれていますが再生できる事も多々あります。 あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

シームレスダウン、縫い目がなくて接着剤でダウンパックがとめられている。 接着剤の寿命は3年から5年で劣化が進む!これは着用しなくても劣化が進むということは買ってしまったらどんどん着用してもとをとらなければ損する事になります。夏でも(笑)半年も着用しないでただ劣化が進むのを放置するなんて! ちなみにこのシームが劣化でとれてきたら再加工は不可能。そうなったらダウンが落ちてきてとても着用できる状態ではありません! 今回のご依頼は焼き焦げ修理です。 共布をポケットからとり上から強力接着修理しました。 まだまだ寿命まで着用して頂きたいと思います。 このような短期間の寿命の衣類はアンチエコファッションと言わざるおえません。メーカーの皆様、以後ご検討の程、宜しく御願い致します。

クリーニング、修理解説

お揃いの自分の名前が入った特注半纏で一着しかないもの。腰上あたりにかぎ裂きができてしまった、買い直すのはむずかしいので直してほしい、というご依頼。できれば安く、とのことでしたので今回は接着のみの修理をいたしました。特殊な衣料用の熱接着ですのでふだんは力の掛からない場所ということもあり、これでじゅうぶん強度があります。

クリーニング、修理解説

革靴の先やかかとのキズはよくあるケースです。スーツがきまっていてもこれだけでオシャレ感は半減してしまいます。 プロにおまかせ頂ければ目立たなくきれいに直せます! 足もとからきれいに! 気持ちよく!オシャレに!靴メンテナンスはおまかせ下さい。

クリーニング、修理解説

スニーカーの黄ばみはクリーニングやしみぬきでとれる場合もあります。しかし全くびくともしない黄ばみもあります。その時はリメイク、色かけできれいに塗装できます。

クリーニング、修理解説

カシミヤのコートが大きく破れてしまいました。カケハギだと高額になってしまいます。低料金を御希望だったのでキズアナマジックというオリジナルの特殊なリペア方法で修理しました。低料金で目立たなく修理できました。

クリーニング、修理解説

綿素材長袖Tシャツの袖にスレによる穴があいてしまったとのご依頼です。表から穴かがりで直し裏からニット芯で補強しました。

クリーニング、修理解説

ダウンジャケットの破れ修理です。とも布を上から強力に張り付けます。洗ってもとれません。ダウン製品が破れてもあきらめないでくださいね!