クリーニングの検索結果 869 件


クリーニング、修理解説

「自分で洗い乾いたらシミになったのでなんとかなりますか?」とご依頼いただきました。  この手のキャンバス地のスニーカーは絶対と言っていいほど乾くとシミになります。 簡単に洗えると思ってもご自分で洗うのはおすすめ致しません。 シミは少し残って仕舞いましたがキレイになりました。 このように少し残る場合もあります。 キャンパス地のスニーカー、まずはご相談くださいませ。

クリーニング、修理解説

お気に入りのキャンバス地のスニーカー。 かなり汚れてしまいました。 ご覧ください、このようにキレイになりました。 キャンバス地のスニーカーはご自分洗うのは危険です。かなりハイリスクです。 絶対と言っていいほどシミになります。 私どもにおまかせくださいませ。

クリーニング、修理解説

ナイキ スニーカー。 お気に入りのスニーカーで毎日履いてたようです。ご覧のようにキレイになります! 諦めないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

紳士革靴に付着した汚れに湿度・空気・温度の環境でカビが生えやすくなります。当店の革靴クリーニングでしっかり汚れを洗い流し、失われた革に必要な脂分と栄養分を補給します。更に抗菌・消臭効果もあります。諦めないでお気軽にご相談ください!

クリーニング、修理解説

綿と化繊の混紡です。水色のセーターが胸の部分が焼けて変色しています。全体を漂白してから変色してる部分だけ色を掛け、目立たなくなりました。

クリーニング、修理解説

無骨なデザインで人気のカナダグースダウン。着用時に生地が擦れるポケット口や袖口、前立てなどがスレで白っぽく(白化)なることがあります。まずは 白化を進行させない専用洗剤を使用しウェットクリーニング。 乾燥後、部分的な色かけ→全体的なツヤ出し加工を行います。

クリーニング、修理解説

シームレスダウンの本家、デサントの水沢ダウンです。ダウンパックの仕切りに糸を使用せず、ウレタン樹脂で圧着させています。保温性に優れるなど高機能な製品ですが、ウレタン樹脂の経年劣化は避けられません。脇の下にある排水用のファスナーを開けることで、洗浄・脱水時の圧がシームレス部分の破損にならないよう軽減する機能となっています。

クリーニング、修理解説

白系のダウンはどうしてもすり汚れが目立ってしまいます。袖口内側は皮脂、外側はホコリや油汚れ。1点1点、専用の洗剤でブラッシングして前処理を行います。白いダウンがまっさらに蘇ります。

クリーニング、修理解説

ぬいぐるみのクリーニング及びしみ抜きの事例です。 まずは、クリーニングで落ちるだけの汚れを落とし、それでも残った汚れ、シミをしみ抜きしてきれいになりました。 正しい順序で、しっかり手間をかければ、このようなケースでもきれいになります。 このようなケースでお困りの際には、ご相談ください。

クリーニング、修理解説

ジャケットの裏地ほころび修理です よくある裏地の破れです 修理の方法にも色々有ります ご相談しながら修理していきます 先ずはご相談ください

クリーニング、修理解説

皮革製品のバックの内ポケットのほころび修理です バックを慎重に裏返してからの修理です 皮革製品の修理もお任せください

クリーニング、修理解説

カビだらけのレッドウィングのブーツ、丸洗いしましたが カビの根っこが組織の奥に入り込み シミになりとれませんでした。 色をかけエイジング感を残しつつ 目立たなく 隠蔽しました、このような方法もあります。 諦めないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

ナイキ スウェード スニーカー 丸洗いです。 淡いピンクでかわいい色です。 スウェードは汚れが浸透しやすく、ご自分で洗うのは大変です。 革も硬くなったりする事もあります。 このようなスウェードのスニーカーもキレイになります! 諦めずにご相談くださいませ。

クリーニング、修理解説

EMU ムートンブーツ 丸洗い。 こちらのブーツのように濃色(黒、紺、茶等)は、だんだん色褪せてきます。 おまかせください。 写真のように新品まではいきませんが、お預かり時よりは黒く仕上げる事ができます。 諦めないでご相談くださいませ。

クリーニング、修理解説

スピングルムーブ スニーカー 丸洗い。 こちらのスニーカー、カンガルーの革を使用されております。 カンガルー革に限らず革のスニーカーも丸洗いできます! 丸洗いで汗も抜けてサッパリします。 革のスニーカーを購入して、ご自分で洗うのはちょっと…と躊躇されてる方、お気軽に相談くださいませ。お役に立てると思います。

クリーニング、修理解説

ナイキ エアフォース1。 白のスニーカーは汚れがすごく目立ちやすいですね。 おまかせください! ご覧のようにキレイになります。 だんだん汚れてきて「これじゃ履けない…」となる前にクリーニングをおすすめ致します。

クリーニング、修理解説

デュベティカダウンの染み抜きのご依頼です。軽量で着心地の良い反面、表生地が薄くデリケートな為、取り扱いに注意が必要です。部分染み抜き後、必要以上に羽根の油分を落とさないよう専用洗剤でウェットクリーニングを行ないます。仕上げにタンブラー乾燥でボリュームも復活。デュベティカは変色のリスクがあり、カバーを外し風通しの良い状態での保管をオススメします。

クリーニング、修理解説

紺の綿のズボンです。汗と洗濯で色褪せています。紺色に染め直しました。少し赤みが出ていますが、色褪せは目立たなくなりました。