string(15) "合皮の劣化" 合皮の劣化のページ






クリーニング、修理解説

バーバリーブルーレーベルのダウンコートの肩の合皮が剥がれてしまいました。 劣化した合皮を剥がし、ラム革を肩とポケットに縫い付けました。 金額は合皮を剥がしたり革の縫いつけ修理となり、手間がかかるために高額になります。 お品物の値打ちと比較して、似合う金額の品物の修理ならば修理も良いと考えます。 肩の部分とポケットの部分的な合皮を革へ交換という修理範囲が比較的狭い事例のため、修理をさせていただきました。 衣類全体の合皮の劣化や、これ以上範囲の広い革への交換は出来かねます。 合皮の修理は、悩んでいる方が多いのですが、問い合わせをいただいてもお断りすることがほとんどです。 事例に近い部分的な修理のみが対象で、修理金額は高額になることをご理解いただき、ご相談くださいませ。 金額はこちらのサイトでは公平性がなくなるため書けませんので、当店のホームページの交換事例をご覧くださいませ。






クリーニング、修理解説

合成皮革の劣化の復元は一般的にはできません。しかし、いくつかの特殊な技術と方法があります。服、全体的な劣化なら不可能ですが部分ならなんとか復元できる事もあります。成功確率は60%位です。 あきらめないでご相談ください。






クリーニング、修理解説

カバンの表面が劣化で白っぽくなってきました。ただとるだけではよけいにひどい状態になります。表面層を復元してまたきれいに復活しました。











お気軽にお問い合わせください!,合皮の劣化,リメイク,バーバリー,革,婦人鞄,女,女性,婦人,鞄,東京,東京都,八王子,八王子市,マルエイクリーニング,848

バーバリー 鞄 リメイク

お店の詳細を見る

クリーニング、修理解説

「お店の詳細を見る」から
お気軽にお問い合わせ下さい*^o^*