事例解説

シャネルのバッグの取手根元から帯状に広がるシミや黄変。実はこのシミの出ている裏側には形崩れ防止のための型紙が入っていました。薄いコルク板の様な、硬い段ボールのような… これが湿気を含んで色が滲んだり、カビを発生させたりしていたようです。そして長期保管中にそれがシミになったと思われます。 水に漬けると裏から色が出そうだったので、表面から部分的なシミ抜き&漂白を少しずつ行いました。何度も作業を繰り返し全体的にキレイになったと思います。また使えるレベルにまでいったのではないでしょうか。作業にあたってはいろいろなリスクがありましたので、お客様に了承いただいての作業でした。おかげさまで何とかやり切ることができました。

この写真の所属カテゴリー
カビ | シミ | シミ抜き | シャネル | バッグ | 色移り | 鹿児島 | 黄変 |
X

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メールアドレス (確認用)(必須)

    題名

    メッセージ本文

    参考画像がありましたらお送りください

    ※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。


    お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
    メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。

    クリーニング、修理解説

    シャネルのバッグの取手根元から帯状に広がるシミや黄変。実はこのシミの出ている裏側には形崩れ防止のための型紙が入っていました。薄いコルク板の様な、硬い段ボールのような… これが湿気を含んで色が滲んだり、カビを発生させたりしていたようです。そして長期保管中にそれがシミになったと思われます。 水に漬けると裏から色が出そうだったので、表面から部分的なシミ抜き&漂白を少しずつ行いました。何度も作業を繰り返し全体的にキレイになったと思います。また使えるレベルにまでいったのではないでしょうか。作業にあたってはいろいろなリスクがありましたので、お客様に了承いただいての作業でした。おかげさまで何とかやり切ることができました。