事例解説

バッグに中に入れたお茶のペットボトルから漏れてシミになった事例 バッグやカバン、コーヒー、お茶のシミのお気軽にご相談ください

この写真の所属カテゴリー
お茶シミ | かばん | カバン | コーヒーのシミ | バッグ |
X

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)(必須)

題名

メッセージ本文

参考画像がありましたらお送りください



※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。

お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。


クリーニング、修理解説

バッグに中に入れたお茶のペットボトルから漏れてシミになった事例 バッグやカバン、コーヒー、お茶のシミのお気軽にご相談ください

クリーニング、修理解説

革製のバッグ 仕舞っている間にカビが生えてしまいました(T_T) 梅雨時期に多いカビですが、最近では冬でも加湿したり意外にリスクが高くなっています。しかも革はそれ自体がカビの栄養となってしまうため保管はなるべく湿気のない高い位置へ通気性の良い保存袋に入れる必要があります。 今回は抗菌クリーニングでカビの除去を行いました。 これでまた使えますね♪

クリーニング、修理解説

昨日、レディースバッグにコーヒーをこぼされたと朝一番にご依頼頂きました! 衣類と同じく、革製品も汚れ・シミが付着しましたら早めにご依頼頂ければ幸いです! 補足として‼︎ シミが付いてしまったら何もせずにそのままご依頼頂くのが1番いいですが、その場の処置として「トントン」とたたいて水分で吸い取る位でと止める!決して擦ったりしないでくださいね‼︎ 今回、革クリーニング(丸洗い)でキレイに落とす事が出来ました‼︎

クリーニング、修理解説

肩掛けバッグだったワニ革バッグをハンドバッグ用に持ち手を詰めて欲しい、というご相談。 持ち手を詰めるには真ん中を切ってつなぐ方法と両端を詰める方法があります。この持ち手は両端が細くなっているデザインのため両端を同じように加工してバッグに付ける方法は高くなります。今回は真ん中を詰める方法で承りました。 黒の厚い革でしたが、つないだ部分もそれほど目立たず、お客様にも満足していただきました 。

クリーニング、修理解説

革バッグの色ハゲです。 使っていれば必ず角がスレ、色がハゲてしまいます。 そんな時は補色し膜を作る事で革の表面の保護にもなります。 出来ればこうなる前に定期的にメンテナンスする事をオススメします!

クリーニング、修理解説

バッグの内袋ですがカビてる? 実はこれカビじゃないんです! バッグの内側が合成皮革が多く使われています。この合成皮革の寿命は3年ほどと言われています。 つまりこの白いカビみたいな物は合成皮革が劣化し成分が抜けているのが原因です。 特殊な加工で復元し少しだけ寿命を延ばす事が出来ます!

クリーニング、修理解説

バッグの持ち手がボロボロに(T_T) これは合成皮革の劣化で起こる現象です! こうなると交換しかありません。 全く同じものはありませんが似た物に交換します。 当店で可能なお品、無理なお品がございますので画像を添付しご相談下さいませm(_ _)m

クリーニング、修理解説

お気に入りのカバンほど使用頻度が高いので、だんだんと擦れて色が褪せて来てしまいますね。 そうなってしまうと使われなくなっていつの間にかお蔵入り… キレイになればまだまだ使えるのにモッタイナイですね。 お任せ下さい。 リカラーで蘇ります!

クリーニング、修理解説

使わないでしまって置いたらシミが(T_T) お洋服に限らずそんな経験ありませんか? バッグは構造上じゃぶじゃぶ洗えるお品ばかりではありません。 今回は幸運にも丸洗い出来、シミも除去できました!

クリーニング、修理解説

バッグの内側がカビてしまいました(T_T)一見カビに見えますが合成皮革の劣化です。実はバッグは外側が革でも内側は合成皮革を使用する場合が多いんですよ♪今回は表面を再生出来ました!

クリーニング、修理解説

ファスナーが止まって動きません。しかも閉めたはずが開いてる。。。これスライダー、つまり取手の下の部品が壊れています。他に異常が無いのでスライダーのみ交換させて頂きました!

クリーニング、修理解説

バッグが色ハゲしちゃった様です。革では無く合成皮革でした。耐久性はありませんがハゲてしまった場所のみ色を入れ、全体的に透明な保護膜でコーティングさせて頂きました!

クリーニング、修理解説

バッグの内側に使用されていた合成皮革が経年劣化によりハガレ・ベトつきをおこしていました。クリーニングで除去し、ベトつきもほとんど残らず落とすことができました。基布がしっかりしていたので、このまま永く使えそうです(^。^)

クリーニング、修理解説

婦人イルビゾンテ(IL BISONTE)のバッグにカビが発生していました。諦めないでください!当店の革専用水洗いクリーニングにお任せください。革の汚れ・カビを落とし、革に必要な脂分と栄養を補給して蘇らせます‼︎

クリーニング、修理解説

バッグの色ハゲです。メンテナンスも何もしないでご使用の様です。でもサイズ的にちょうど良くまだまだ使いたい!多少違和感が出ますが染め直しさせて頂きました。

クリーニング、修理解説

お気に入り故に使いすぎたバッグ。どうしても擦れて色ハゲが起こります。そんな時は色補正リメイクで色ハゲのお直し出来ますよ♪

クリーニング、修理解説

お気に入りのバッグはいつも持ちたい!でも角は擦れて傷んで来ます♪早めに色ハゲを補色することでいつまでもお気に入りです!

クリーニング、修理解説

ヌメ革バッグに食べこぼしのシミが付着していました。今回、革専用(丸洗い)クリーニングとメンテナンスで殆どキレイに仕上がりました!お気に入りのバッグを長く愛用して頂く為には、日頃のお手入れが必要不可欠です。あきらめる前に当店にお任せください‼︎

クリーニング、修理解説

バッグの状態にあったお手入れコースをご提案致します!今回は、(磨き)メンテナンスを行ないました。発泡洗浄で丁寧に除菌し、バッグの内外をキレイにします。さらに、革本来の艶も蘇らせます!

クリーニング、修理解説

革と麻地の婦人バッグのお手入れでお預かりしました。すでに、革より麻地の方に色移りしている箇所もあり、色が動く可能性あることから今回、(磨き)メンテナンスコースでお手入れしました。

クリーニング、修理解説

コーチのコーティングキャンバスに一部スエード革付きバッグをクリーニング致しました。スエード革は淡いピンク系が既に色あせてしまっていましたが、汚れを落とせるところまで行ってみました。スエード革は、革の裏側を起毛した素材ですので汚れやすく、落ちにくく、水でもシミになりやすいです。あきらめる前に、当店にお任せください‼︎

クリーニング、修理解説

革バッグは使用を続けると擦れて角の色がハゲてしまいます。ブランド品は価値が無くなってしまうのでご了承を得たお客様のみのサービスになります。

クリーニング、修理解説

バッグのファスナーからスライダーが壊れたとご来店頂いました。スライダーが完全に破損していますが、スライダーのみの交換及び取手付替で直りました。

クリーニング、修理解説

本日は、シャネルのバッグのしみ抜きを紹介します。キャンパス生地の黄ばんだ箇所をシミ抜き作業により、綺麗に修復しました。ブランドバッグのご用命はクリ-ニングの太陽舎にぜひどうぞ。

クリーニング、修理解説

全体的にかなり汚れのひどい状態でした。部分的にシミ抜きをした後、丸洗いしました。革部分も油分が抜けて乾いた状態でしたがトリートメントを施し、しっとりとした質感が戻りました!

クリーニング、修理解説

数十年は経っているアンティーククロコダイルハンドバッグ。持ち手の革が割れています。もうすぐで切れる、という状態でした。現在、クロコダイルの革は希少でたいへん高額です。同じような革をさがすのはたいへんです。お安くというご希望もありクロコダイル調の革で裏から補強し縫い直しました。

クリーニング、修理解説

本日は、プラダのバッグの裏地の破れ補修を紹介します。クリーニングの太陽舎では、靴カバンのトータルメンテナンスとして、クリーニングのみならずリペア修理まで行っています。

クリーニング、修理解説

バッグの皮革部分が擦れて剥がれていました。色を調合・補色し、キレイに仕上がりました。同じくキズも、キレイに補修出来ますので お気軽にご相談ください!

クリーニング、修理解説

本日は、ハンドバッグの持ち手のリペア修理をご紹介します。持ち手の金具を新たに付け替えし直し、ハンドバッグのリペア修理を行いました。鞄のメンテナンスもクリーニングの太陽舎のおまかせ下さい。

クリーニング、修理解説

本日は、コーチ(COACH)のバッグのクリーニングを紹介します。スエードの部分の黒ずみを染み抜きさせていただき、全体をクリーニングすることできれいにすることができました。お気に入りのブランドバッグはクリーニングの太陽舎にお任せ下さい。

クリーニング、修理解説

お気に入りの皮革バッグが長年の使用でスレが発生、出来ればまだまだ使いたいので何とかして欲しいとの事。ベッタリ塗るのではなく適度な使用感を残しつつリメイクしました。

クリーニング、修理解説

バッグを持っていたときにはいていたジーンズのインディゴ染料の色が底の角を中心に移ってしまった事例。エナメルの光沢はそのままにシミ抜きするのはたいへん高度な技術が必要です。バッグのシミや汚れが気になったらご相談ください。

クリーニング、修理解説

長年使用したオーストリッチのバッグ黄ばみが酷いけど、お気に入りなので捨てたくない!なんとか使えるようにして欲しいとのご要望、クリーニングではキレイにならないためリメイクさせて頂きました。お客様も「また使えてうれしい!」と喜んで下さいました!

クリーニング、修理解説

グッチ(GUCCI)のバッグです。パイピングや底革の補修と、全体的な皮脂汚れをすっきりと落としてほしいというご依頼でしたので、まずは丸洗いクレンジングを。乾燥後、皮革部分には弊社の得意とする「エイジング・リカラー」を施し、最後は特殊コーティング加工をかけました。

クリーニング、修理解説

コーチ(COACH)のバッグのコーナーについているレザー部分のクリーニングです。レザーとファブリック(布)のコンビは色々と厄介なことが多いのですが、今回はすんなりきれいになりました。これぐらいきれいになるとやっていて気持ちいいです(^^)