事例解説

食べこぼしがついてしまった白のセーター。しみ抜きできれいにしました!

この写真の所属カテゴリー
しみ抜き | クリーニング | シミ抜き | セーター | ニット | 染み抜き | 白進堂クリーニング | 食べこぼし | 黄ばみ、 |
X

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)(必須)

題名

メッセージ本文

このフィールドは空のままにしてください。

参考画像がありましたらお送りください



※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。

お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。


クリーニング、修理解説

セーターに開いた虫穴。 しかもかなり大きくなってしまってます。。。 でもローゲージですので低料金リペアサービスでもわからないレベルまでお直しする事が出来ますよ♪

クリーニング、修理解説

セーターの虫穴修理です。 ハイゲージは修理跡がはっきり残ってしまいますが、画像のようなローゲージは色にもよりますが低料金リペアサービスでも結構キレイに直ります!

クリーニング、修理解説

油絵の先生からお預かりしたセーターです。 普段着のまま作業するとたまにこういうことになるんですね。 心配無用です。ご自身でいじってなければ簡単に除去できます。

クリーニング、修理解説

セーターの前身頃部分にオレンジ色に退色した部分があります。範囲は狭いですが、少し目立ちますね。 なくなった色を足して元の色に戻りました。 これでまた着用できると思います。

クリーニング、修理解説

ニットセーターをきつくひっぱって腕を入れたため袖ぐりが破れ電線が入ってしまいました。傷が大きいので少しあとは残りますがまた着られるようになりました。

クリーニング、修理解説

何年前に付いたのか不明な黄ばみ・・出してみたら・・皆さんあるあるかも?ですね。かなり古いシミのようで100%とはいきませんでしたが、何とか着られるレベルには出来たと思います。

クリーニング、修理解説

袖ぐりはよく伸ばす所なのでほつれやすいです。1つほどけるとひっぱるとどんどんほどけます。ひっぱらずにお持ちください。しっかり補強してお直しします。

クリーニング、修理解説

袖口はよくすりきれます。このセーターは何度か袖口の修理をしているため劣化が激しいので違う直し方にしました。色々な直し方がありますので御相談ください。

クリーニング、修理解説

脇下は、すれるので着用していると穴が空いてしまうことがあります。でも諦めないでください。低料金で直りますよ!御相談ください

クリーニング、修理解説

セーターの虫喰い穴をお客様ご自身で直してみたけれど目立つので何とかして欲しい、とご依頼頂きました。イージーリペアですのでリーズナブル!しかもこのクオリティ!「衣類の困った」が有りましたらお気軽にご相談下さい。

クリーニング、修理解説

セーターに、毛玉が沢山出来てしまい手に負えないのでキレイにして欲しいとご依頼頂きました。毛玉は汚れと違い生地の毛足に繊維やホコリ等が絡み付いている為に洗っただけでは除去できません。毛玉が出来ないようにお召しいただくのが一番ですが、出来てしまった時はガムテープなどで引っ張って取る様な事は禁物です。どうぞお任せ下さい。

クリーニング、修理解説

ウールのセーターをご自宅で洗ったら縮んでしまったそうです。特に着丈が詰まってしまったとの事ですが元の長さがわからないので15センチ程アイロンワークで修正しました。ウール製品をご家庭でお手入れされる際は注意書きや洗濯絵表示を参考にするか迷ったり分からない事がございましたらご相談下さい。

クリーニング、修理解説

セーターに虫食い穴⁉︎ がっくりしますね。でも、捨ててしまうのはもったいない‼︎低料金で修理できる方法をご提案致します。今回は、穴かがり修理で直りました!

クリーニング、修理解説

ウールセーターネック(丸首)あたりに虫食い穴がありました。諦めないでください!当店で、お安く穴かがり修理で直りました。ちなみに虫食いの原因は、セーターに付着していた汚れ・シミと湿度です。今回もまず、クリーニングして修理しました!

クリーニング、修理解説

ニットの破れは生地を編み直して直すカケハギが一般的ですがとても高価です。当店では簡単低料金リペアサービスですので買うより安くお直しできます(^-^)v

クリーニング、修理解説

セーターの袖のほつれを直しました。編み直しをすると修理代金が高くなりますが針と普通の細い縫い糸でほつれた所をふさぐようにして縫います。かんたん低料金リペアですがこれ以上ほつれるのを予防できますし、見た目も問題ありません(^o^)

クリーニング、修理解説

セーターの衿のところは編み目がことなる作りになっています。ここがほつれるとツルツル、どんどんほつれてきてしまいます

クリーニング、修理解説

セーターについてしまった食べ物のシミは、意外と目立つのでぜひシミ抜きしてこんなにも綺麗な状態できます♪♪

クリーニング、修理解説

本日は、セーターの色移りを紹介します。ご家庭で色柄物と一緒にお洗濯してしまい色が移ってしまった事例です。クリーニングの太陽舎に、お困りの色移りの移染処理もご相談下さい。

クリーニング、修理解説

本日は、セーターの脇の黄ばみの復元加工を紹介します。脇の汗じみは、経過とともに黄ばみに変色します。汗じみが黄ばみに変色した場合は、復元加工により部分漂白と色修正を行います。お困りのシミはクリーニングの太陽舎にご相談下さい。

クリーニング、修理解説

ご依頼者は以前当店で糸かがりで直させていただいたご年配の方。長時間立って料理などをすると疲れるので、ひじをついてやっている、とのこと。それで別のところに穴が開いてしまったんですね。これからもその姿勢は変わらないと思うのでひじ当てを付けることをご提案させていただきました。あれから3年経ちますが破れていないそうです。

クリーニング、修理解説

茶色と紺色の地色に赤いバラ柄のセーター。はなびらのキワに虫食いが3カ所ありました。この穴は大きさが1.5センチあります。この穴の大きさで柄の部分のお直しは場所によっては柄がくずれてしまい目立つこともありますが、今回はぎりぎり柄のキワの部分でした。

クリーニング、修理解説

前身頃中下と裾リブ、2カ所にどちらも大きさ5ミリの虫食いがありました。「どうして目立つところばかり食べるの?」とお思いでしょう!おそらくこの場所になんらかのシミがついていたから、です。衣類を食べる虫は幼虫から孵化するためにタンパク質(この場合は毛)と同時にシミが必要なのです。タンパク質がごはん、シミがおかず、というわけです。同色の糸を使った穴かがりで直しました。極細糸を使っていますので直した跡がほとんどわかりません。

クリーニング、修理解説

太ゲージニットのセーターの袖口に長い糸引きができていました。編みがゆるいニットは糸引きがおきやすいですね。これだけ長く糸が引き出されていると完全に元通りにはなりませんが、この程度までは直せます。あきらめずにご相談ください。

クリーニング、修理解説

カシミヤセーターに、穴があいていました。大小の穴が少々ありましたが、穴かがりで補修しました。来年も愛着のセーターとして、着て頂ければ幸いです。

クリーニング、修理解説

カシミヤのセーターの袖口・胸前に食べこぼしと思われる古いしみがありました。カシミヤは髪の毛の10分の一の細さというデリケートな繊維。ですから薄くても暖かくウールと違った独特の肌触りがあります。デリケートなだけに縮みやすく風合いが変わりやすい繊維ですのでしみ抜きも慎重に行いました。