事例解説

婦人のジャケットに黄ばみがあります。しみぬき処理いたしました。

この写真の所属カテゴリー
しみぬき | シミ | ジャケット | 上着 | 婦人 | 焼津で | 藤枝市 | 静岡県 | 黄ばみ |

お名前 (必須)

このフィールドは空のままにしてください。

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)(必須)

題名

メッセージ本文

参考画像がありましたらお送りください



※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。

お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。


クリーニング、修理解説

シャネル(CHANEL)のジャケット 黄ばみの修正のご紹介です。京技術修染会認定の修復師の在籍しているお店。シミ抜きプロ集団 愛知洗い人加盟店のクリ-ニングの太陽舎本店。名古屋市を中心に11店舗展開しています。

クリーニング、修理解説

当店の得意とするミリタリージャケットのファスナーリペアです。今回は配送( 宅配 ) でご遠方からのご依頼ですm(_ _)m ファスナーを閉めても下から開いてしまう症状です((((;゚Д゚))))))) しかしファスナー本体に異常がないのでスライダーの交換で直りました。スライダーもワイヤーの引手で革の持ち手をサービス致しました。いい感じですね〜( ´ ▽ ` )ノ

クリーニング、修理解説

制服ジャケットがすり切れてしまいました。制服って新調すると結構高額になってしまいます。エリを作り直すのもかなり高額になります。あと少し着たいのでふさぐだけということでお直しをご依頼下さいました。かなり修理跡が目立ちますが破れは塞がっています。

クリーニング、修理解説

デニムジャケットの大穴を丈夫に直したいとのご依頼です!今回裏から同じ色合いの共布をあてノーマル仕上げでリペアしました。大切な物をお手入れする事で愛情が生まれますね‼︎

クリーニング、修理解説

合成皮革の製品の寿命は3年から5年といわれています。しかし部分だけなら合成皮革復元技術があります。元通りとはいきませんが復元できます。全体的なら不可能です。またキレイに、違和感なく、元通りとのご希望には対応できません。それでもよいのでなんとかならないですか?と、いう方にはお受けしている裏メニューです。あきらめるまえにご相談ください。

クリーニング、修理解説

上着のポケットが引っ張られ大きく破れてしまいました。裏からギリギリで縫い込み地直しして強力接着で固定しています。線が入った仕上がりになりますが意外と目立たないで直りました。

クリーニング、修理解説

ダウンジャケットが破れてしまいました。特殊な樹脂で強力にとも布を接着しました。これでクリーニングもできます。ちなみに市販の接着シートやボンドではクリーニングでとれてしまいます。クリーニング中にとれたら本当に大変な事になりますからお気をつけ下さい。

クリーニング、修理解説

ジャケットの肘にすり切れ穴が開いてしまいました。愛着のある物なのでカケハギで直して欲しいとのご要望でしたが、穴の周りも擦れて弱っているので料金が高額になる上に出来上がりもよろしくないとカケハギ職人さんからの念押しが…。とても残念そうなお客様に当店のイージーリペアをオススメしました。多少の跡が残りましたが、また着れると喜んで頂けました♪

クリーニング、修理解説

鮮やかなブルーの婦人ジャケットです。色合い的に着る機会が少なくなってしまったので、着回しが効くように黒に染め替えしました。深い黒でとても良い感じに染め上がりました♪

クリーニング、修理解説

タバコの火をダウンジャケットに落としてしまい穴が開いてしまいました。穴があるので洗えませんと他所のクリーニング店に断られてしまったそうです。当店でしたら修理で穴を塞いでこれからも着られるようにメンテナンス出来ます。

クリーニング、修理解説

ミリタリー好きにはたまらないフライトジャケットのファスナートラブルです。普通ならファスナー取り替えで高額になりますが、今回はファスナー本体に異常がなかったので、スライダー交換でリーズナブルに直りました。お気に入りの持ち手も元通りサービスで付け替え作業致しました( ´ ▽ ` )ノ

クリーニング、修理解説

婦人ウールジャケットの襟に虫食い穴が数ヶ所ありました。襟などがどうして虫食いに⁉︎原因は皮脂・汗などが付着したまま収納すると虫食いの被害にあう可能性が高まります。その為にも早めに適切なクリーニングをしましょう!虫食いも諦めないでください!特殊な細い糸での穴かがり修理で目立たなく直りました‼︎

クリーニング、修理解説

年期の入ったレザージャケットはよいエイジングです。しかし色ハゲがひどくムラやシミが目立つためなんとかしてほしいとのこと。エイジングはなるべく消さず薄い補色の色かけでよい感じにメンテナンスできました。

クリーニング、修理解説

レザージャケットが破れてしまいました。特殊な細い糸で特殊な縫い方で縫い、目立たなくなるように補色しました。着ていたらわからないレベルに直りました。

クリーニング、修理解説

袖口は特に汚れやすいので、綺麗になると気持ちが良いですね♪♪うっかりつけてしまったシミなどは是非クリーニングしてみてください‼︎

クリーニング、修理解説

不意な激しい動きなどで洋服がほつれちゃったりしたらYシャツなどは自分でなおせても、ジャケットのまでは難しい...そこは任せてください!ほつれる前のように綺麗になおします!出来上がりの品も完璧です!

クリーニング、修理解説

ウール素材のジャケットの襟に黄変の染み(汗、皮脂よごれ、経年劣化による)がついてしまったものをクリーニング、染み抜きしました。

クリーニング、修理解説

本日は、ジャケットの裏地の破れ補修を紹介します。クリーニングの太陽舎では、クリーニングのみならず衣類のトータルファッションケア専門店として、衣類のリフォームで承っております。

クリーニング、修理解説

麻のジャケットが黄ばみでいました。通常の洗いで落ちきれない汚れが、残っていると酸化して黄ばんでしまいます。当店は、まずはドライクリーニングで油性の汚れ取り除いて、その後漂白を利用して部分シミ抜き及び全体漂白で復元加工しました。

クリーニング、修理解説

襟の黄ばみは着用の繰り返しにより、よく起こりうる現象です。 汗など、皮脂の汚れが付着して放置してしまうと、シミが変色して黄ばんでしまいます。 こうなってしまうと通常のクリーニングや、しみ抜き処理を施しても綺麗にならない事がほとんどです。 そこで、特殊しみ抜き処理を施しました。

クリーニング、修理解説

婦人ジャケットに虫食いによる穴があいてしまっていました。当店では穴かがりで糸目が表に出ない方法でキレイ仕上がりました。厚手のウール(毛)から虫食いの被害にあわないためには、定期的にクリーニングで汚れを取り除く事です。当店は、クリーニング・修理でお客様の大切な衣類を守ります。