事例解説

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザーウォレット(財布)です。黒ずみと皮脂・油が付着しており、特殊シミ抜き後、丸洗いクレンジング洗いを施しました。ヌメ革特有の光沢と脂分が落ちておりましたので、栄養を与えしっかりと磨きあげました。

この写真の所属カテゴリー
BISONTE | IL | お手入れ | お洗濯 | さいふ | みがき | イルビゾンテ | クリーニング | サイフ | シーアンドシー | シーアンドシーさこだ本店 | メンテナンス | 丸洗い | 手入れ | 汚れ | 洗い | 洗濯 | 磨き | 財布 | 鹿児島 | 鹿児島中央駅 | 鹿児島市 |
X

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)(必須)

題名

このフィールドは空のままにしてください。

メッセージ本文

参考画像がありましたらお送りください



※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。

お問い合わせは無料!ご相談大歓迎です*^o^*
メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。


クリーニング、修理解説

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザーウォレット(財布)です。黒ずみと皮脂・油が付着しており、特殊シミ抜き後、丸洗いクレンジング洗いを施しました。ヌメ革特有の光沢と脂分が落ちておりましたので、栄養を与えしっかりと磨きあげました。

クリーニング、修理解説

イルビゾンテ(IL BISONTE)のショルダーポーチ です。バッグ内に入れていた香水の瓶から中身が漏れて表に染み出してしまった事例です。ヌメ革なので入念にシミを除去し、脱色が見られる部分にも色の補修を施しました。元々かなり柔らかいレザーですので、栄養を与え柔軟性を復元してから磨きあげました。

クリーニング、修理解説

バックのファスナーが破れそうなのでどないかならないかと相談がありました。まず新しくファスナーを探しにユザワヤへ!同じ色のファスナーありません!困りました!同じサイズを購入しました。まずファスナーの色の替えです。その後スライダーも元のスライダーに交換しました。そして古いファスナーを取り外し、新しいファスナーをミシンで装着!綺麗になりました。