洗い・クリーニングの検索結果 896 件


クリーニング、修理解説

パンプスのヒールの巻き革が剥がれてしまった物を修理。靴底も擦り減っているので交換。丸洗いをして磨いたので、すっかりキレイになりました。直してお手入れすれば、お気に入りがまだまだ活躍してくれますね。

クリーニング、修理解説

革のバックが色抜けしてしまいました。色をリメイクするとまだまだ使えます。今回は、洗いとリメイクをさせていただきました。

クリーニング、修理解説

スーツの衿に虫穴があいてしまいました。衿は最も人目につくところです。 最もきれいに直る方法はやはり繊維から織り直すカケハギ(かけつぎ)がお勧めです。しかしご予算的に合わず、お安くできるイージーリフォームの接着修理で行いました。 黒の無地はカケハギでも多少は跡は残ります。接着修理はカケハギよりはもちろん目立ちますが穴はしっかりふさがり意外と目立たなくできる場合も多いです。 あきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

ブラウスにヘアカラーを付けてしまい何とかして欲しいと染み抜きのご依頼をいただきました。広範囲で苦労しましたが、確かな知識と技術を駆使してキレイになりました。

クリーニング、修理解説

スエードの紳士靴が少々色あせしていました。今回磨き(メンテナンス)コースでお手入れです。まずは全体の汚れを落として、色素回復でスエード本来の色あいに回復しました。専用のブラシでブラッシングで仕上げました!

クリーニング、修理解説

ダウン製品だけでなくジャケット、コートの裏地がさせてくることありますよね! これは中の縫製不良によるものです。 しかしもちろん直りますからあきらめないでご相談下さい。

クリーニング、修理解説

カバンの底にカビが生えています。目立たない場所ですが、カビなのでやはり気になりますよね…ピンク色の水玉のプリントがひび割れたり剥がれたりしないように気を付けて洗いました。手洗いなので、すみずみ丁寧に洗っています。「洗ってカビは落ちたように見えるけど、一度カビが生えたものなのでまた使うことに抵抗があるなぁ」と思いの方、当社ではオゾンによる消臭・抗菌加工仕上げをしていますので、洗ったあとも気持ちよくお使いいただけますよ^^ afterの写真は乾燥後の写真です。このあと最後にアイロンを使いシワをのばしてからお客様の元へお返しさせていただきました。

クリーニング、修理解説

場合によっては1日でこんなに汚れるのが男性のワイシャツ。下は当店で洗ったワイシャツ。この状態で長く置くと皮脂汚れがエリの樹脂芯地まで浸透して取れなくなります。そうなる前にクリーニングしましょう。くれぐれもお早めに!

お気軽にお問い合わせください!,剣道面塩が吹いた物,剣道,面,クリーニング,汚れ,汗,手刺し,男,紳士,北海道,足寄町,足寄,高橋クリーニング,080

剣道面 塩が吹いたもの

お店の詳細を見る

クリーニング、修理解説

「クリーニング店の詳細を見る」から
お気軽にお問い合わせ下さい*^o^*

クリーニング、修理解説

ぬいぐるみクリーニング。O次朗君を修理、リペアいたしました。(^^)v神奈川県藤沢市、いせ山クリーニング!染み抜きのエキスパート(通称、プロメンテ•タカタカ)衣類から着物.皮革バッグぬいぐるみetcトータルメインテナンス

クリーニング、修理解説

グレーのトートバッグ。キャンバスなのですが、ポケット口や、カバンのあけ口はどうしても汚れてしまう。裏側がジーパンの色移りもしていて…… クリーニング屋の本気丸洗い+成形もしっかり!!!バッチリ汚れも色移りも取れました♡♡

クリーニング、修理解説

防水スプレーをしたら白いペンキのようなシミができてしまったとのこと。 なんとか除去でき、きれいになりました。(もちろん塗装などはしておりません)あきらめないでご相談下さい。 ※防水スプレーは使用上の注意事項をよく読んで使われる事をおすすめします! ✓さらにアドバイスです。このようなもとから防水機能があるバックなどにはしない方がよいかと(^^;)

クリーニング、修理解説

こげ茶色のロングブーツ 色が剥げている箇所があるし、形も崩れて…シーズンオフに丸洗い+栄養+リメイク補色で蘇る!!!!

クリーニング、修理解説

ダウンジャケットをクリーニングに出したら裾がはぜてダウンが出てしまいペチャンコ、ボロボロになってしまいました。縫い代がほとんどない、なかにロック(縁かがり)もされてない!これは縫製上の問題です。またダウンを入れ直し、細かく細い特殊な糸で縫製して直しました。ダウン製品が破れてもあきらめないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

綿素材のジャケットは汗を吸いやすく着用につれ生地がなじんで着やすくなります。しかしそのぶん汚れやすい素材です。このような素材で作られたジャケットはドライのみの洗いではあとからこのように汚れや黄ばみが出てきやすいのです。ウェット処理して全体の汗抜き・汚れ落としをしました。

クリーニング、修理解説

チューインガムがこのように生地にこびりつくようにねっとりと付いたなら家庭で取るのはムリ!ネットの情報で落とそうとしてもさらにひどくなるのがオチです。当店なら生地を傷めずきれいに落とします。

クリーニング、修理解説

自宅でジャンパーにボールペンを入れたまま洗ってインクを飛び散らかしてしまった。借り物なので何とか落としてとのこと

クリーニング、修理解説

プリーツ加工されたワンピースの裾にプリーツがつぶれてしまっ た部分がありました。特殊加工でわからなくなりました。

クリーニング、修理解説

デニムの油汚れを色がとばないように、少しずつ油性の処理で落としました。

クリーニング、修理解説

ダウンジャンバーのファスナーのスライダーが壊れてしまいました。取り替えのみでOK!ファスナー全体の交換は必要ありません。

クリーニング、修理解説

ワイシャツに付着したインクを取り除きました。付着してから半年程経過しており、何度もクリーニングされてるようでした。かなり時間がかかりましたが、なんとか目立たなくなりました。

クリーニング、修理解説

「使うかしら?」としまい込んでいたらカビてしまったフォーマルな鞄。。。 カビ取り洗い+栄養を入れ+リメイクキズかくしで、表面の細かいキズも消えました☆ たんすではもったいないですよ♡♡

クリーニング、修理解説

レザーのバックにシミができてしまいました。丸洗いしてしみぬきしてきれいになりました。どおしてもシミが動かない、とれないケースもありますがあきらめないでご相談ください。

クリーニング、修理解説

レッドウィングのブーツが色はげ、シミ、汚れてしまいました。丸洗いでしっかり汚れを落としてカラーリングだけでなく復元加工までしています。革の素地まで復元する加工です。きれいに復元しました!

クリーニング、修理解説

CHANELのワンピースにリキッドファンデーションをこぼしてしまいシミになってしまいました。更に赤い洋服と一緒に洗濯してしまったので全体的にピンクに色移りまで…。ファンデーションは染み抜きで色移りは移染処理(色移りの全体的な染み抜き)でキレイになりました。

クリーニング、修理解説

ラルフローレンの伊製ストレートチップ(黒)紳士靴です。全体的に使用感があり、カビも生えておりました。丸洗いクレンジング後、カビの封じ込め加工を施しました。乾燥後にはつま先と踵の補修をし、サフィールノアールのクレムを塗りこみ磨きあげ。最後に特殊コーティングをかけました。(※画像は分かりやすいように左右片足ずつの加工写真となります)

クリーニング、修理解説

カバンが洗えるなら…と持って来て頂いたカバンはハンティングワールド。大切なカバン。しまいっぱなしで出してみたら!?!? 表も中もびっしりカビが!!!!! 綺麗になったカバンを見て「思い出の鞄だったんです」と喜んで頂けました♡♡♡ クリーニング店の本気洗い!!!!!!!カビも汚れも落ち、革に栄養も入り、ピカピカに☆☆☆ 捨てる事ができない→タンスの肥やしではもったいない!!!!!!また使えますね♡

クリーニング、修理解説

プラダのバッグ。ファンデーション?シミが…底にも…シミがついたままではせっかくの可愛いカバンが……シミを気にしながら使うなんて…小さなストレスから解放されましょう♡ 丸洗い+栄養+シミ抜きで、新品のように生まれ変わります☆☆☆

クリーニング、修理解説

グレーのトートバッグ。これはタバコの臭いが染み付いてしまって。黄ばんでしまい、形も崩れてしまって。 これは丸洗いと、消臭を何回も繰り返し、成形。。。すると見事に臭いも取れ、形もビシっと決まりました☆☆☆カバンの手触りもさらっとし、軽くなりました☆☆☆

クリーニング、修理解説

タバコの火をダウンジャケットに落としてしまい穴が開いてしまいました。穴があるので洗えませんと他所のクリーニング店に断られてしまったそうです。当店でしたら修理で穴を塞いでこれからも着られるようにメンテナンス出来ます。

クリーニング、修理解説

鞄の裏にかびがふいた!クリーニングできますか?とのお問い合わせですが、これは合成皮革の劣化による白化現象です。合成皮革復元技術でなんとかもとに戻りました。(手遅れのケースは張り替えになります。)

クリーニング、修理解説

ルイヴィトンのバックはぬめ革を使われているものが多いですね。 ぬめ革の丸洗いは大変危険です。固くなったり艶がなくなったり、最悪なケースはひび割れを起こします。 でも汚れたり、シミになったら色をかけて隠蔽するなんてことは致しません。 ルイヴィトン様に怒られます(笑) ブランド価値がなくなるからです。 できる限り、クリーニングそしてメンテナンスで素材やデザイン性を損なわないできれいにします。シミはとりきれないケースもありますがかなりきれいになると思います。 家庭で何とかしようと思ってもぬめ革は不可能です。ダメにしないようプロにおまかせ下さい。