会社概要

お気軽にお問い合わせください!,

X

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メールアドレス (確認用)(必須)

    題名

    メッセージ本文

    参考画像がありましたらお送りください

    ※携帯キャリアのメールアドレスから送信いただくと返信が届かない場合がございますのでご注意ください。

    お問い合わせは無料!
    ご相談大歓迎です*^o^*
    メールでのお問い合わせは24時間受付、写真も添付できます。

    会社名

    マルエイクリーニング

    アクセスマップ

    住所:東京都八王子絹ヶ丘1-22-20
    TEL:042-635-6234
    FAX:042-635-6234
    HP:https://maruei-cleaning.com/



    マルエイクリーニングお直し事例一覧

    クリーニング、修理解説

    ジーンズのリペア修理です。よくある膝の穴ですが、横糸を綺麗して縫い付けてあります。裏から布を当てて補強をしているので、修理をすればまだまだ長く使用出来ますね。ダメージもしっかりと補修すれば、お気に入りのジーンズが蘇り、傷もワンポイントのおしゃれになります。 ダメージジーンズのクリーニングも承っております。なるべく動かさず色を抜かないように、汗や蓄積した汚れや黄ばみの汚れを綺麗にいたします。(色を落とさないように洗うため、しみや汚れ落ちには限界があります。)

    クリーニング、修理解説

    patagonia(パタゴニア)のダウンジャケットの穴修理と洗いのご依頼です。 穴が開いていてはダウンが出てしまい洗えません。穴を修理してから温水で洗濯をします。 最近のダウンジャケットは、ダウンパックが生地の内側に入っていて、多少穴が開いても2重構造のためダウンが出てきませんが、10年以上前の商品にはダウンパックが無いため、小さな穴でもダウンが飛び出して来てしまいます。 ダウンを適量足して、穴という穴を全て塞いでいます。袖、前縦、裾全てにある小さな穴を同じ生地で一つ一つ修復します。 洗いにも耐えられる修理のため、古い汚れも綺麗にするためにしっかりと温水で洗い、全体の汚れや皮脂汚れなども綺麗に取り除きました。当時物の高価で大切なダウンウエアの修理をご紹介いたしました。

    クリーニング、修理解説

    アルマーニのジーンズ ファスナー修理です。 ファスナーの上の止め金が外れてしまい、片側のエレメントからスライダーが外れてしまいました。 修理をして、また使えるようになりました。 スライダー修理のみでしたら、交換よりもずっと安く直りますし、せっかくのブランドのイメージや雰囲気も変えないで済みますね。 ファスナーの、トラブルはおまかせくださいませ。

    クリーニング、修理解説

    お子様の靴を洗いました。綺麗になると、履かせてあげたくなりますね。 お子様の成長が早い時期は、すぐに使えなくなる靴になりますね。 他人に差し上げるにも表面が削れて下地が見えていると難しいですし、状態の悪いままお古用でとっておくこともままなりません。 今回は、綺麗にすればまだ履けるので、直したいという要望でした。 通常の大人のスニーカー洗いの半額の料金と、部分補色の料金をいただきました。 意外といい値段がする子供靴もありますので、手入れをして大事に使っていただければ、永年使えるようになります。 子供の成長の記録として、靴を取っておくなんて方もいらっしゃいます。 もちろん、ゴムの劣化などでボロボロになってしまうこともありますので、あまりに古い靴は劣化して洗えない場合があります。 特に、ヴィンテージのスニーカーなどは、マニアの間では底ゴム修理をするためにアメリカまで送る方もいらっしゃるようで、スニーカー愛があふれるマニアもいるようです。大事なスニーカーは、プロ洗いにお任せくださいね。

    クリーニング、修理解説

    チャイルドシートは、汚れやすいですね。倉庫などにしまっておくと、汚れが黄ばんだり、カビが生えたりすることがあります。当店では、洗いで汚れを分解し、必要であれば漂白して汚れを取り除きます。今回は、ネジで下の回転部分を外すことが出来たため、限界まで分解し、チャイルドシートのベルトまでしっかり漂白をして、汚れを取り除きました。もちろん漂白剤はしっかりと中和してすすいでいますので、赤ちゃんの柔肌にも安心して使っていただけます。綺麗になると、赤ちゃんにも安心して車でのゆったりした時間を過ごせるかな。などと考えながら洗っています。肌が敏感なお子様には、天然石鹸のみを使って洗うことも可能です。

    クリーニング、修理解説

    冬が始まると大活躍する革ジャケットですが、どうしても襟首が汚れやすいので早く傷んでしまいます。襟の表が傷んでいますので、表裏にひっくり返す修理をしました。襟の裏側に使用する革は真ん中に縫い目が入っていますので、縫い目が表に出ます。お客様にデザインが変わってしまうことの了解をいただいてからの作業となります。修理後に、水溶性の汗などの汚れを取り除くため水洗いをしました。自然乾燥をした後は、馬油を足して長年使用して磨き上げ、カサカサになってしまった革をメンテナンスで蘇らすことが出来ました。お気に入りの革ジャンパーを、これからもずっと愛着を持って着用していただきたいと思います。

    クリーニング、修理解説

    フリースジャケットのスライダーが壊れて、ファスナーを閉じても開いたままになってしまいました。 当店のファスナー修理は、引手の移動が可能なケースがあります。 今回は、引手に革が取付けられていたので、引手を活かして新しいスライダーに取付けて修理をしました。 スライダーが自動ロック式でも、あきらめないでご相談下さい。 当店では、引手交換が出来るスライダーや、なるべく同じような色や形のスライダーを使用して、違和感のない修理を心がけています。 今回は、5サイズのコイルタイプのファスナーの引手を交換出来るケースをご紹介しました。メタルタイプも同様に可能なケースがあります。

    クリーニング、修理解説

    遠赤外線乾燥で、除菌乾燥します。 剣道着の洗いは、温水マイクロバブル洗浄します。除菌消臭しながらブラシで擦り洗い。唾液や汗の成分も分解して臭いも落とします。 剣道着も定期的に洗って、嫌な臭いを定期的に取りませんか? 色が薄くなったら、藍染めをして色を足します。(別途料金が発生します。)

    クリーニング、修理解説

    クラッシュデニムとして販売されているダメージジーンズは、少し生地が弱いこともあり、どんどん擦れたりして穴が広がってしまいます。お尻のダイアナ(大穴)は特に気になってしまいますね。綺麗にジーンズリペアしましょう。

    クリーニング、修理解説

    ジーンズの膝にある大きな穴です。ダメージジーンズはお洒落なアイテムですが、破れやすいですね。ミシン修理で穴を塞ぎます。(定番の方法によるものです)

    クリーニング、修理解説

    コートの襟が汗で変色してしまいました。汚れを落としてから、色補正で綺麗に修正をいたします。濃い色は特に目立つので、お気に入りは色かけがおすすめです。

    クリーニング、修理解説

    ふとんも毛布もプロの洗いをしませんか?害虫の多く発生する夏の時期がおすすめです。今のうちに綺麗にして暖かい秋冬を迎えましょう。天然石鹸で洗うので、お子様にも安心です。

    詳細ページリンク


    デニムの横糸リペア修理  /   patagoniaダウンウエアの穴修理と洗濯  /   アルマーニ,ジーンズのファスナー修理,スライダー交換  /   子供靴の洗いと補色  /   チャイルドシートの洗い  /   革ジャンの襟反転修理と洗い  /   引手を活かすスライダー交換  /   剣道着の除菌消臭洗い  /   クラッシュデニムの修理  /   ファスナーの引手壊れ、スライダー交換  /   ジーンズの膝 穴修理  /   コートの襟脱色 染色補正  /   ジーンズの穴 綺麗に直ります。  /   ジャンパーのファスナー修理  /   コンバース スニーカー クリーニング  /   革かばんの色が剥げてしまいました。  /   メレルのジャングルモック丸洗い  /   革バックが色褪せてしまいました。  /   バーバリーのハンチング帽を丸洗いしました。  /   ETOROのバッグ 内袋 劣化修理  /   PRADAトートバックの接着剤変色を修理  /   ジーンズの丈詰め  /   ニューバランス クリーニングと修理  /   綿布団丸洗いと遠赤外線除菌消臭乾燥でふわふわに!  /   ジーンズの股が裂けてしまいました。  /   スリムズボンポケット下のほつれを修理しました。  /   ダッフルコートの合皮が剥げ復元加工しました  /   GUCCIキーケースの汚れをリペアできれいに  /   ジーパンのひざが薄くなりミシン補強しました。  /